太龍寺 持仏堂天井画

太龍寺 持仏堂天井画 (阿南市)

太龍寺 持仏堂天井画
5
名所・有名スポット • 神社/寺院/教会など

5.0
1件の口コミ
とても良い
1
良い
0
普通
0
悪い
0
とても悪い
0

DoubleO7
佐倉市, 千葉県4,434件の投稿
四国21番札所・龍天井
2019年5月 • 一人
四国遍路3泊4日旅の二日目は20番鶴林寺を参拝の後、21番太龍寺を参拝しました。鶴林寺から急な遍路道を1時間かけて那賀川まで下り水井橋を渡り太龍寺への遍路道を1時間半強上り仁王門に到着しました。仁王門を入り400m程の上り坂の参道を進むと六角経堂、護摩堂のある境内に出ます。護摩堂の先に龍天井の表示があります。降剣場の扁額のかかる持仏堂(本坊)を堂外から大廊下の天井を仰ぎ見る形で龍の天井画を見ることができます。高知県安芸市出身の竹村松嶺による大きな龍の絵で2か所に描かれており左手の龍はかなり褪色していますが右手の絵は迫力ある龍がはっきりと見えます。見応えがあります。持仏堂の左にある納経所で降剣場の意味を伺うと弘法大師が舎心嶽で修行の際、宝剣が天上から降下した場所であると説明して下さいました。お堂のある境内のツツジが満開で見事でした。
投稿日:2019年5月27日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。
情報に不足や誤りがある場合
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
太龍寺 持仏堂天井画に関するよくある質問

太龍寺 持仏堂天井画周辺のホテル: 太龍寺 持仏堂天井画周辺のホテルをすべて表示

太龍寺 持仏堂天井画周辺のレストラン: 太龍寺 持仏堂天井画周辺のレストランをすべて表示