推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

阿蘇望橋

口コミ6件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。

阿蘇望橋

口コミ6件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
フル ビュー
所在地
問い合わせ
〒869-2806 熊本県 阿蘇市 波野大字波野1067-10
このエリアをチェック
火山の恵みと阿蘇の文化を探るサイクリング・アクティビティ
文化ツアー

火山の恵みと阿蘇の文化を探るサイクリング・アクティビティ

【活火山のカルデラをeBikeで探検!】<br>大自然だけでなく阿蘇の人々ともふれあうことができる、阿蘇を満喫するガイド付きサイクリングツアーです。<br><br>●ポイント●<br>・平野部を一望できる丘を登り、山々を眺めながら「火山」のお話に耳を傾けます。<br>・田園風景の中をサイクリングして自家製のお野菜ランチを食べます。美味しさの秘密はおいしい「お水」。<br>・もち焼き体験ではお餅を風船のように膨らませるのがポイントです!<br>・路地裏を通りお寺へ移動します。茶室でお茶をいただき、大迫力の鐘突き体験をして日本の「文化」を感じましょう。<br>・神社や商店街を散策すると、火山と共に暮らす人々の暮らしも知ることができます。<br><br>●連絡事項・注意事項●<br>・運動できる服装でお越しください。 パンツ、スニーカー、リュックサックがオススメです。 幅の広いズボン、サンダルは不可です。<br>・オプションで、座禅体験、写経体験が可能です(別料金)。ご希望の場合、お問合せください。<br>・お申し込みの際、滞在場所情報(ホテル名・所在地)、食品アレルギー、宗教上食べられないものの有無をお知らせください。
¥26,250(大人1名あたり)
6件口コミ0Q&A
評価
  • 0
  • 3
  • 3
  • 0
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
たぷたぷ7gogoさんが口コミを投稿しました(2019年10月)
阿蘇市, 熊本県投稿36評価4
木造の屋根付き橋ということでとても珍しい。が、周辺に特別な観光名所があるわけではないので、やや寂しい感じがする。大型車も多く通る道路なので、記念撮影などには気を付けた方が良い。
続きを読む
訪問時期:2019年8月
役に立った
シェアする
machu1028さんが口コミを投稿しました(2017年9月)
熊本市, 熊本県投稿786評価165
なんでこんなところに、こんな立派な橋が必要なのだろうか、というのが第一印象です。 木の橋で、屋根までついて、めずらしいので、工夫すれば、すばらしい写真が撮れるかもしれません。
続きを読む
訪問時期:2017年5月
役に立った
シェアする
裕幸 坂さんが口コミを投稿しました(2017年6月)
投稿1,652評価560
 日本で唯一らしい屋根のある橋ということで立ち寄りました。  立ち寄る前までは、橋の上にちょこんと屋根が乗っかっている程度の橋を想像していたら、意外にもとても頑丈な構造になっており驚きました。一応、説明板はありますが、専門用語が多く読み飛ばしてしまいました。  橋の周囲は民家も何もなく、本当に殺風景な場所です。橋の手前には広場があるので、駐車場として利用しました。    国道57号線の道の駅「波野」から竹田市方面に向かって最初の交差点(信号機あり)を右折して、ひたすら走ること5分ぐらいの場所にあります。  それにしても「阿蘇望橋」という橋の名称は、センスがあっていいですね。
続きを読む
訪問時期:2016年7月
役に立った
シェアする
さんが口コミを投稿しました(2016年9月)
千葉市, 千葉県投稿304評価168
屋根もあり木造の橋として素晴らしいですが、交通量もあり、車を置いてからゆっくり見れる雰囲気ではなく、ゆっくり車から見るのがいいかと思います ダンプが来た時には、車から降りなくてよかったと感じました。
続きを読む
訪問時期:2016年9月
役に立った
シェアする
miyama1643さんが口コミを投稿しました(2016年8月)
投稿8,007評価633
+1
日本一の木造屋根付きの公道橋。橋長は、木造車道トラス橋としては現在国内最長となっています。  橋の基本構造はトラス構造ですが、特に強度を要する下弦材等には鋼材を使用し、上弦材・斜材・床板には集成材を使用しています。  屋根は、木材の劣化を防ぎ耐久性を高めるためのもので、屋根をつけることにより、少なくとも2倍以上の耐久性が期待できるという。  場所は、阿蘇市といっても、阿蘇外輪山の東、波野。 国道57号の道の駅 波野 の東300mの笹倉信号から南に、5分。  橋長:41.6m, 支間:39.9m, 幅員:7m 公道の木造橋に屋根です。 西には、阿蘇5岳 根子岳を見ることができます。  
続きを読む
訪問時期:2016年7月
役に立った
シェアする
阿蘇望橋に関するよくある質問