推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
保存状態の良い住居跡

いろいろな遺跡跡がある中でも柱や外壁の状態も含めて全体的な保存状態は一番良い状態のように感じました。

2018年6月28日に投稿しました
Navigator806984
テーレポスの救済の家

2016年8月に行ってきました。 「テーレポスの救済の家」はエルコラーノの遺跡内にあります。 ここは、朱色に塗られたコリント式の円柱が並んでいます。壁も朱色で塗られ、とても鮮やかです。案内表示は№7で... 続きを読む

2016年12月9日に投稿しました
hide2004
,
東京都
33 件すべての口コミを読む
41
すべての写真 (41 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い55%
  • 良い42%
  • 普通3%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
12°
12
11°
1
11°
2
お問い合わせ
Ercolano, Italy
掲載内容を修正する
レビューを絞り込む
5件
旅行者の評価
2
3
0
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
2
3
0
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
2018年6月28日に投稿しました

いろいろな遺跡跡がある中でも柱や外壁の状態も含めて全体的な保存状態は一番良い状態のように感じました。

訪問日:2018年4月
役に立った
2016年12月9日に投稿しました

2016年8月に行ってきました。 「テーレポスの救済の家」はエルコラーノの遺跡内にあります。 ここは、朱色に塗られたコリント式の円柱が並んでいます。壁も朱色で塗られ、とても鮮やかです。案内表示は№7です。

訪問日:2016年8月
役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2016年5月15日に投稿しました

telephus の救済のハウスヘルクラネウムで最大の家の 1 つである。 whose 像は、ピアッツァで郊外のお風呂の目の前に立っているホテルマーカスのぎす balbus に所有されていたと考えられている。 しかし、不運にも一部だけが公共のまでオープンしている。 ほとんどハンマーで鍛造列の間の列柱廊梁てぶらさがっていて telephus と大理石の oscillas 、ディスクの神話からシーンで大理石のレリーフが用意され、アトリウムに有名な 's 。

訪問日:2016年4月
2016年4月25日に投稿しました

ヘルクラネウム遺跡もう 1 つの古代の町にあるドムスです ... また、中庭で、先にお迎えにうかがいに雨水 pluvius ここにディスプレイにはオリジナルのローマ時代の芸術品がたくさん

訪問日:2015年8月
2016年4月3日に投稿しました

客室には他の建築物など、充実したているわけではないが原物の grandure 、まだ柱、アートワークが明らかにもあり、プライベート・ガーデンされているものにもアクセスできるようになっている。 私もいくつかあると信じ dignotory によって所有されてました。

訪問日:2015年6月
口コミをさらに見る
Q & A
Casa del Rilievo di Telefoのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン