推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
初めてのシュノーケリングにピッタリの場所

波が穏やかで浅瀬が続くので初めてシュノーケリングに挑戦する人にはピッタリの場所です。 時を忘れて魚と戯れることができます。 水中カメラを忘れずに。

2015年9月8日に投稿しました
isekisan
,
tokyo
まったりできる、南の島のイメージ通り

ポンペイからの日帰りダイビングでランチ時に上陸しました。白い砂浜とソーダ色の海、そしてヤシの木と南の島のイメージそのものでした。海の水もとても透明度がよく、浅いところでも所々に小さなサンゴがあり、熱帯... 続きを読む

2015年7月28日に投稿しました
kabahippo
,
富山
17 件すべての口コミを読む
20
すべての写真 (20 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い89%
  • 良い11%
  • 普通0%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
29°
25°
3
29°
25°
4
29°
25°
5
お問い合わせ
Kolonia, Pohnpei, Federated States of Micronesia
掲載内容を修正する
レビューを絞り込む
7件
旅行者の評価
6
1
0
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
6
1
0
0
0
口コミ中のキーワードを検索
絞り込み日本語
一覧を更新中...
2015年9月8日に投稿しました

波が穏やかで浅瀬が続くので初めてシュノーケリングに挑戦する人にはピッタリの場所です。 時を忘れて魚と戯れることができます。 水中カメラを忘れずに。

訪問時期:2015年6月
役に立った
2015年7月28日に投稿しました

ポンペイからの日帰りダイビングでランチ時に上陸しました。白い砂浜とソーダ色の海、そしてヤシの木と南の島のイメージそのものでした。海の水もとても透明度がよく、浅いところでも所々に小さなサンゴがあり、熱帯魚も見られます。 今回上陸したところは、ランチ休憩のためだけなので、小...さらに表示

訪問時期:2015年5月
1  役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2017年6月14日に投稿しました モバイル経由

数多くの島 " ポンペイ州 " を訪れます。 ですが、蟻環礁 " 最高のホテルの 1 つとなっている。 できるだけたくさんの島を訪れてみてください、蟻環礁 " は必見であるをご覧ください。 アロエキハダは、サーフクラブでは、で会いに行きます。

訪問時期:2017年6月
2016年2月25日に投稿しました モバイル経由

荒海シュノーケリング価値あり、澄み切った水の中でました。 私たちは、環礁に旅行するのはほんの 5 でした。 残りはサメなど、約 100 フィートまでスキューバダイビング。 私たちは Reef の着信潮に行きました。 魅惑的な。

訪問時期:2015年3月
2015年10月26日に投稿しました

何度か殺虫環礁 " カップルを訪問したことのです .. 疲れていて最高に位置する数マイルの所にはポンペイ州 " リーフの外にすることにしました。 言葉ではありませんこの環礁 " 握る風景と美しさでは言い表すことができます。

訪問時期:2015年10月
2015年8月29日に投稿しました

泊まった " ここには何度かダイビング、ことができればチャンスを楽しみ、ダイビングをしてください。 とても素晴らしかったです。

訪問時期:2014年9月
2015年6月9日に投稿しました

あなたのそれらのためにに近海ミクロネシアの方法は、専門ガイドを手配して行くにはする機会をお見逃しなく全を約束してくれるに十分な殺虫環礁に楽しむ自給自足型。 ホテルには出てますしたい kolonia には、いくつかアウトフィッターズが定期的に小旅行していたに殺虫剤をお楽しみください。ポンペイ州 " サーフクラブお勧めします。 環礁には 12 マイルの距離にあり、大体、ですが、価値はあります。 1 つはありませんがここで今まであります。はまるで無人島にも近いとても恥じない感じです。 、ダイビング、シュノーケルです。壮観な最高のホテルとなっている私が今まで見て、ハワイとことん、フィジー、オーストラリア、 " コスライ。 ラグーンには、入り江は水面下から 60 名以上フィートの下が続いている珊瑚の垂直クリフがあります。 干潮おすすめのように、現在のは、壁に沿ってヤードの何百人もの人に乗車。 からはボートで迎えています。その後は、昼食を食べ、周辺を歩いて、ビーチや、その後リバースの体験は、発信潮の繰り返し。 ハード、ソフトサンゴの、多彩なな、ミル貝、アネモネ " と魚の様々な素晴らしいです。 甲斐、自己負担する価値があります。

訪問時期:2014年10月
口コミをさらに見る
Q & A
Ant Atollのスタッフや以前の訪問者に聞いてみましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン