推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

パンヨーロッパ・ピクニック

口コミ24件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。

パンヨーロッパ・ピクニック

口コミ24件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
24件口コミ0Q&A
評価
  • 11
  • 9
  • 4
  • 0
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
Maxなすのさんが口コミを投稿しました(2019年4月)
日本投稿62評価10
バス便もなく、海外でのタクシーを極力避けたいのでレンタル自転車で向かいましたが、遠いので素直にタクシーを利用すべきです。 鉄条網のあとや当時の写真が残されています。 歴史的な場所の割には見学者は皆無でした。
続きを読む
訪問時期:2019年4月
1人の役に立った
役に立った
シェアする
Pihenさんが口コミを投稿しました(2017年1月)
東京23区, 東京都投稿79評価72
1989年にこの場所で開かれた汎ヨーロッパピクニックがきっかけになり、旧東側諸国の共産主義体制が崩壊した、という現代史の舞台です。 ショプロンの市街の北のはずれにあり、この場所へ向かう道はぎりぎりすれ違える程度の道しかありませんが、意外と交通量はあります(当然、メインロードに比べると閑散としてはいます。地元の人には抜け道的な位置づけで使われているのかもしれません)。 現地には当時の様子を記した案内板や記念碑などが点在しており、今もピクニックをするにはよさそうな場所です。ただ、便所や給水施設のようなものはありません(車で行っても駐車するスペースに困ることはまずないと思います)。 国境を越えた向こう側にも当然道は続いていますが、難民問題の影響で。せっかく廃止された国境検問が往時とは逆の側で行われている(なので、国境越えをする場合はパスポート必携です)、というところに少し皮肉な現状を感じます。 少し町の方へ引き返し、さらに進むとフェルテーラーコシの町の先にバルフという温泉地がありますので、気候の良い時期に、車よりもサイクリングでくるのがよいと思います。
続きを読む
訪問時期:2017年1月
2人の役に立った
役に立った
シェアする
はっちゃん0234さんが口コミを投稿しました(2016年10月)
豊島区, 東京都投稿3,906評価332
+1
ツアー旅行に出る前月の9月、NHK「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅ーハンガリー編」で、この場所こそがベルリンの壁崩壊序章の歴史的事実の地であることを知り、ものすごくビックリしました。それまでハンガリーと言えば、周辺諸国から攻撃され、いじめられっ放しの受け身の国と思っていたのに、ついにハンガリー主導の能動的行動があったのです、それも世界に誇れるものです。 1989・8・19の出来事です。 ハンガリーとオーストリアの国境でバーベキューパーティーを行い、(20世紀初頭までは同じ国家だった両国が)食べ物を交換しあうことで、欧州の東西を分断するフェンスが地理・歴史を無視している事実を世界に示そうという、初めは冗談からスタートし、それがあれよあれよと言う間に現実のものとなり、結果西ドイツへの亡命を求める600人以上の東ドイツ市民が国境を越えるまでに発展した事件です。 この3か月後、ベルリンの壁が崩壊したのです。 20年後、ドイツのメルケル首相がここを訪れたという写真が掲示されています。 現地は、公園となっており、記念碑、平和の鐘、国境を越えたモニュメントが沢山の記事掲載の掲示板とともに訪れる人々を待っています。
続きを読む
訪問時期:2016年10月
役に立った
シェアする
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
Credocさんが口コミを投稿しました(2016年8月)
Budapest, Hungary投稿140評価82
この時間自転車になっていました。 非常によく場所東と西の間第1989 を渡るについて記述されています。 素敵なピクニックエリア、最近車が多くあり、オーストリア改装された境界を制御のため待たされたが。 でも、ここをお見逃しなく、歴史に興味があり、鉄のカーテンを持ってきてくれましたすればしないでください。
続きを読む
訪問時期:2016年8月
Language Weaver
役に立った
シェアする
TravelbugVietnamさんが口コミを投稿しました(2016年6月)
Vietnam投稿1,650評価538
19 1989 年 8 月にイーストドイツ市民の何百人もの人、オーストリア・ハンガリー帝国時代国境を抜けて、静かなデモでてきました。 このイベントは尽くしてくれました鉄のカーテンの滝まで、ドイツに再会してくれました。 現在はパンヨーロッパピクニック記念公園は、ベルリンの壁のセクションが含まれての像が埋め込まれておりとなっている。 またドイツ語、ハンガリー語、英語のテキストの重要な機会の写真が飾られている。 たくさんの東ドイツ人安全のために脱北者たちをお探しになった方に何度かの名残をとどめる左側に残り 1 つ警備員ている塔です。 ホテル内に避難所を大雁塔では、人気のピクニック地上である。 ここアイゼンスタットと錆へ専用日帰り旅行の一部としてオーストリアのを見ました。
続きを読む
訪問時期:2016年5月
Language Weaver
役に立った
シェアする
パンヨーロッパ・ピクニックに関するよくある質問