豊島区 観光

豊島区観光ランキング

豊島区 観光

豊島区を満喫するツアーやアクティビティを予約。

人気のある豊島区の観光スポット

1




旅行者の口コミ

  • Shigeki M
    所沢市, 埼玉県6,694件の投稿
    ネットで予約してから行きました。
    水族館はサンシャインシティのワールドインポートマート屋上にあるのですが、サンシャインの入口から結構歩きました。

    予約した時間になると入場でき、都会のビルにあるとは思えないほど、大きな水槽に魚たちが泳いでいます。

    魚の種類も多く、個人的にはまんぼうに感動しました。

    水槽ゾーンから外に出るとアシカやペンギンなどが観察でき、ビルに囲まれた周辺の景色とのギャップが印象的でした。

    電車で行ける水族館として、子供と良い思い出になりました。
    投稿日:2022年5月5日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • たぬきおやじ
    東京23区, 東京都67,198件の投稿
    2021年11月6日~14日《第29回すがも中山道菊まつり(添付 写真参照)》が開催されています(11月8日訪問)。場所は3ケ所[眞性寺][高岩寺][大正大学・さざえ堂広場]になっており この内[眞性寺][高岩寺]を訪問しましたが [眞性寺]境内はそれなりの菊花が展示され 見応えがありましたが [高岩寺]では それなりの菊花の展示を見つけること出来ませんでした。 又 【巣鴨地蔵通り商店街】の各店舗の入口に《小菊》の鉢を置き 商店街の雰囲気を チョッピリですが盛り上げています(添付 写真参照)。
    投稿日:2021年11月8日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • mak
    豊島区, 東京都557件の投稿
    名門私立大学の面影が随所に感じられるキャンパスです.クリスマス時期のツリー装飾もとても感動的でした.コロナ禍でキャンパス内には入れませんが,学生様は随分戻ってきた印象です.どんどんキャンパスライフを楽しんでもらいたいですね.
    投稿日:2022年6月12日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • v35p_trip
    札幌市, 北海道13,882件の投稿
    こちらは、JR目白駅より徒歩6分くらいの閑静な住宅街にあります。
    入園は無料で、程よい広さの庭園で、中央には池があり、その周りをぐるっと散歩道があり、四季折々の景色・滝などを楽しみながら散策できます。
    池の畔には、数寄屋造りの茶室「赤鳥庵」がありました。
    この日は結婚式の撮影にカップが訪れていました。
    投稿日:2021年11月27日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • ゆみみち
    東京3,300件の投稿
    売場が少し変わり、たくさんの種類の全国のお菓子がありました。
    よく他のデパートでも、見かけるお菓子以外にも、これがあった!と買いたいものもありました。価格が安くて一個から、購入できるものもあり、会計は、20人以上並んでいました。かわいく並べられているのも、たまりません。期間限定品も、あるようで、書いてありました。アンパンなどもあったり。もう少し、空いている日に又行きたいです。
    投稿日:2022年9月16日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • k_matsu132
    釧路市, 北海道15,426件の投稿
     川越観光の後に、かなり久しぶりに池袋の周辺を散策しました。サンシャイン60は、1978年開業なんです。年齢がわかってしまいますが、当時私は学生で、池袋にある大学に通っていた友人宅に一週間余り転がり込んでいました。あの当時のサンシャイン60は、日本一の高層ビルとして脚光を浴びていました。1990年に東京都庁ができるまで、なんと12年もの間日本一の高さを誇っていたんです。
     その後も訪れたことがありましたが、今回は、20年ぶり?30年ぶり?のサンシャインシティでした。多くの匲トランやショップなどがキラキラしていて、60階の展望室からの景色も眺めました。
    投稿日:2021年3月22日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • k_matsu132
    釧路市, 北海道15,426件の投稿
     サンシャイン60展望台に上ったのは、20年ぶり?30年ぶり?ではないかと思います。
     サンシャイン60の開業は1978年。私が学生で、池袋の大学に通っていた友人の家に一週間余り転がり込んでいたころです。その当時もこの展望台に上り、また子供がまだ小さい頃にも上った記憶があります。
     当時は日本一の高層ビルだったんです。そのころにはなかった新宿の高層ビル群やスカイツリーなども見られましたが、この日は好天に恵まれて富士山まできれいに見えましたよ。
    投稿日:2021年3月22日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • junjun
    東京23区, 東京都2,160件の投稿
    豊島区区雑司が谷の「鬼子母神」についての情報を発信していきます。今回、「鬼子母神」を訪れたのは2022年10月3日です。レトロな都電荒川線「さくらトラム」に「町屋駅前」から乗車し、「鬼子母神前駅」までのんびりとした時間を楽しみながら「鬼子母神」へ向かいました。「鬼子母神前駅」で下車し、踏切を渡ると「鬼子母神」の大鳥居が目の前に見えてきます。広がる参道のケヤキ並木の石畳の参道を直進し、突き当りを左に曲がると目の前が「鬼子母神」です。階段を上ると入口付近にある門柱に「ざくろ」のデザインが刻まれていました。そして、入口の右側には、「百度石」があり、その裏面には和歌が一首刻まれていました。さらに石畳を進むと左右に迫力ある「仁王像」が「鬼子母神」を守っています。この二像は丈と幅が同寸といわれる珍しいものです。そして左側には、赤い鳥居がたくさんありました。鳥居はL字型になっています。奥に進むと「武芳稲荷大明神」があります。そして「武芳稲荷大明神」の鳥居を出ると右側に樹齢約700年と言われる大公孫樹が、天高くそびえ立っています。なんと「大公孫樹」の高さは約33m、幹の周囲は約11m、樹齢700年という神木で、この雄株の「大公孫樹」は「東京都指定天然記念物」に指定されています。下から見上げると首を結構後ろに反らせなければ全体を見ることができません。本当にその姿は、樹齢約700年そのものです。次に、「手水舎」です。「手水鉢」には、やはり「ざくろ」が刻まれています。現在は、コロナの影響で利用することができません。その少し先に「大黒堂」があります。今回の旅の楽しみの一つに「鬼子母神」の名物である「大黒堂」の「おせん団子」を食べることにありました。残念ながら店はやっていませんでした。平日は、縁日以外やってないみたいです。店の隣にかわいらしいミミズクのベンチがありました。きっとここで食べる「おせん団子」は、美味しいだろうなあと想像してみました。「大黒堂」の反対側に「法不動堂」があります。「法不動堂」には、金剛不動尊が祀られています。そして、その先には、色々な石碑がありました。
    さて、「本殿」へ向かいます。「本殿」は、広島藩2代藩主である浅野光晟の正室、満姫(自昌院)の寄進によって寛文4年(1664)に建立されました。「鬼子母神」は古くから児女を護る善神として信仰され、子宝や安産を祈念されてきました。お参りを済ませ次は、「妙見宮」です。「本殿」の背面にあります。行く途中には、「鬼子母神像」があります。天明8年(1788年)建立の「妙見宮」は、異なる年代の造形を組み合わせた複合的な建築として価値が高いものです。そして、最後は、江戸時代から店を構える名物の駄菓子屋「上川口屋」があります。ここの「飴」は江戸時代の名物のひとつだったそうです。天明元年(1781年)創業で、駄菓子屋としては都内最古です。色々な懐かしい駄菓子が売っていました。子供の頃は街角には必ずあった駄菓子が昔の体裁を備えここにあります。次は、「雑司ケ谷霊園」に向かいます。「鬼子母神」のアクセスと見どころは下に箇条書きにしてありますので参考にしてください。
    投稿日:2022年10月15日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • hal
    品川区, 東京都1,240件の投稿
    無料の絵画展などもたまに開催されている。一階のミュージアムショップもやい。上の階にいくエレベーターがなにげに高くて怖い。
    投稿日:2022年8月20日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • SHIGERU M
    764件の投稿
    住宅街の中にちょっと変わった建物が目につきます。自由学園明日館は1921年(大正10)、羽仁もと子、吉一夫妻が創立した自由学園の校舎としてアメリカが生んだ巨匠フランク・ロイド・ライトの設計により建設されました。 各建物の外観は軒高を抑え、水平線を強調する。こうしたスタイルはライトの設計した住宅建築に共通するもので、プレーリー・ハウス(草原住宅)と呼ばれている。京都の平等院鳳凰堂に影響を受けたデザインです。 設計者のライトは”空間の魔術師”と呼ばれているらしいです。 各教室や食堂などはどこも斬新なデザインであふれていますね。
    投稿日:2022年5月30日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • 3104Arata
    東京23区, 東京都9,669件の投稿
    ・巣鴨駅から「巣鴨地蔵通り商店街」を歩いて進むと、突然右手に現れる「高岩寺(とげぬき地蔵尊)」さん。
    ・いわずと知れた「とげぬき地蔵尊」さん。正式には「高岩寺(こうがんじ)」と呼び、御本尊は秘仏のため拝見はできませんが、そのお御影(おみかげ)に祈願するようですね。

    ・約400年前に江戸湯島に開かれ、その後、明治24年に区画整備を理由に、こちらの巣鴨に移転されたそうです。
    ・「とげぬき」地蔵の由来を知らなかったので調べてみました。簡単にだけ共有を。
     ∟夢の僧から授かった木のふしのような不思議な地蔵菩薩の御影が、出産後の重い病の夫人を治し、しかもその後は無病に。その後、誤って針を飲み込んでしまい手の施しようのない女性に御影を飲ませたところ、体の中から、御影に針が刺さって出てきた。そんな霊験記があるそうです。
    ・そんなことから延命地蔵菩薩の「とげぬき地蔵」さまとして、地域の方々だけでなく、全国各地の方が訪問にくるほどに大切にされているのですね。

    ・まずは、「常香炉」(線香をお供えし煙を体の悪いところにあてると治るといわれる)の煙を浴びさせていただき、本堂の階段を上ります。
    ・歴史ある建物ですが、とても綺麗。常にお掃除をされて、綺麗さを保たれていることが伺えます。

    ・手を合わせ、家族や親族の無事を祈りました。
    ・祈り終えて、階段を降りると、なんだか清々しい気持ちになれました。なんでしょうね、言葉では言えませんが、最近訪れた他のお寺や神社では感じなかった清々しさをすごく感じました。相性とかあるんですかね。
    ・その気持ちが途切れないままに、「巣鴨地蔵通り商店街」をぶらりと楽しませていただきました。ありがとうございました。

    #お寺 #高岩寺 #とげぬき地蔵尊 #巣鴨 #有名なお寺 #延命地蔵尊 #観光 #スポット #常香炉 #巣鴨お寺 #巣鴨観光 #巣鴨スポット #歴史
    #Temple #Koganji #TogenukiJizoson #Sugamo #FamousTemple #LifeExtensionJizoson #Sightseeing #Spot #Jyokoro #SugamoTemple #SugamoTourism #SugamoSpot #HistorySpot
    投稿日:2022年5月25日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • たぬきおやじ
    東京23区, 東京都67,198件の投稿
    《屋上庭園》巡りの1件として訪問しました。 《屋上庭園》として 《アルバ4階》に《サンシャイン広場》と名付けられた庭園があり SEGESによる《都市のオアシス》表示(添付 写真参照)もありましたが 特別印象に残る景観ではありませんでした。 一方 アルバ1~4階への階段は《サンシャインビレッジ》と名付けられた陶器で作った《おとぎの村(夫々は小さいのですが 6つのエリアで構成 添付 写真参照)》が印象に残りました。日没前と日没後 2回訪問しましたが どちらの景観を気に入るかは 個人の趣向に依存するかも知れません。
    投稿日:2022年9月4日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • japanese doremi
    中央区, 東京都13,336件の投稿
    池袋駅とサンシャイン60を結ぶ、賑やかな「サンシャイン60通り」ですね。
    一つ一つの店を見ると、面白そうな、マニア的な店もあり、結構ごちゃごちゃ感もありますが、全体的に、飲食店、ゲーム、アニメなど若者向けなイメージの強い通りかな。
    投稿日:2021年2月22日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • さいさいさい
    大阪市, 大阪府3,160件の投稿
    年配の方が多いせいか、お店もきれいながらも昔ながらのもので懐かしい感じがしました。また、浅草のようにいろいろ入り混じった感覚もなかったです。
    投稿日:2019年10月6日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • junjun
    東京23区, 東京都2,160件の投稿
    台東区の「雑司ケ谷旧宣教師館」についての情報を発信していきます。今回、「雑司ケ谷旧宣教師館」を訪れたのは2022年10月3日です。
    「鬼子母神」、「雑司ケ谷霊園」に寄った帰りに立ち寄りました。都電荒川線「さくらトラム」に「鬼子母神前駅」で乗り、次の「都電雑司ケ谷駅」で下車します。「雑司ケ谷旧宣教師館」は、「三ノ輪橋」に向かって右方向にあります。「雑司ケ谷霊園」の裏手にあります。「都電雑司ケ谷駅」で都電を下りると目の前が「雑司ケ谷霊園」です。「雑司ケ谷霊園」の入口の所に「豊島区立南池袋斎場」の案内板がありますので、それに従い直進します。途中に交番(目白警察署雑司ケ谷交番)があり最初の角に花屋(秋元)があります。そこを右折し直進します。二差路があるのでそれを左方向に進みます。しばらく進むと「いちょう通り」に交差するので、そこを右折し直進します。「雑司ケ谷霊園」を出た所に右側に「雑司ケ谷保育園」があります。その細い道を直進し、二つ目の角を左折します。50mほど直進すると右手に「雑司ケ谷キリスト教会」、その次に「雑司ケ谷旧宣教師館」があります。
    「雑司ケ谷旧宣教師館」は、東京都豊島区雑司が谷1丁目にあり、豊島区内に現存する最古の近代木造洋風建築です。明治40年(1907年)にアメリカ人宣教師の「マッケーレブ」が自らの居宅として建てたものです。「マッケーレブ」は、昭和16年(1941年)に帰国するまでの34年間この家で生活をし、宣教師活動、幼児教育や慈善活動を行っていました。平成11年(1999年)に「旧マッケーレブ邸」として東京都の有形文化財に指定されています。
    「雑司ケ谷旧宣教師館」の門を入ると東京都の有形文化財に指定された建物が凛と構えています。庭もきれいに手入れされています。すがすがしい気持ちになります。入るとすぐ左手に「少女」のブロンズ像がありました。河野新により造られたそうです。まず、最初に庭園を見るため建物の周りを一周することに決めました。植物で装飾されたアーケードの手前に「海のゆりかご」という大理石でできたオブジェがありました。アーケードを潜り少し進むときれいに整備された花壇と花を眺めながら家族でも楽しく過ごすことのできるように大きなテーブルとイスも置いてありました。コンパクトな庭園ですが、住宅地の真ん中にあるのにもかかわらず、静寂な雰囲気があたりを覆っています。先に庭園を見たのは正解でした。建物全体の素晴らしい外観をみることができたからです。
    いよいよ玄関から入館です。「雑司ケ谷旧宣教師館」は、テラス状の開放的な玄関ポーチ、大きなガラス窓と下見板張りにペンキ塗りの外観です。意匠的には19 世紀以降にアメリカで用いられたカーペンターゴシック様式で、素朴な装飾が特徴と言えます。玄関の右手を見ると「ベイウィンドウ」がありました。玄関わきの張り出し窓で、1階部分は斜めに、2階部分は直角に変化をつけています。すりっぱに履き替えて入館です。1階は食堂・居間・教会事務室に、2階は寝室に使用されていました。3室の中心に共用の暖炉を配置した合理的な造りです。一番興味を感じたのは、何の変哲もありませんが2階の寝室あった海を渡ったというベッドです。アメリカでも日本でも「マッケーレブ」はこのベッドの上で、宣教師活動、幼児教育や慈善活動等に思いを巡らせていたのでしょうね。行った当時は、平日で雨が降ったせいか私しか見学者はいなく、ゆっくりと思う存分見ることができました。見どころ等は下に箇条書きそして写真で投稿にしてありますので参考までにご覧ください。

    01_【一口メモ】
    ⑴ 所在地 〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷1-25-5 電話:03-3985-4081
    ⑵ 開館時間:9:00~16:30
    ⑶ 休館日:月曜日及び第3日曜日、年末年始、国民の祝日の翌日
    02_【アクセス】
    東京メトロ東池袋駅4番出口から徒歩8分650m、雑司が谷駅1出口から徒歩9分700m、護国寺駅4番出口から徒歩10分700m

    03_【「雑司ケ谷旧宣教師館」のみどころ】
    ⑴ 「マントルピース」
    1階居間の「マントルピース」には、両側にアールヌーボー風のタイルを施し、ケヤキ材の前飾がタイルの間についています。
    ⑵ 「天井」
    2階の「天井」には格子に割竹が使われ、「マッケーレブ」の竹への興味がうかがわれます
    ⑶ 「ベイウィンドウ」
    「ベイウィンドウ」は玄関わきにある張り出し窓のことです。1階部分は斜めに、2階部分は直角に変化をつけています。
    ⑷ 「建物の意匠」
    「建物の意匠」としては、玄関ポーチの「方杖」など、アメリカのカーペンターゴシック様式の特徴が随所にみられます。ちなみに、「方杖」とは、柱と横架材の取り合い部分に斜めに入れられる部材のことです。投稿した写真にも撮ってあります。「方杖」を取り付けた部分が地震や風圧などによって変形するのを防ぐ働きがあります。
    ⑸ 「階段」
    「階段」は、玄関を入った左手と庭園側の二箇所あります。重厚感あふれ、飴色に輝く階段で荘厳さを感じます。
    ⑹ 「食堂」
    「食堂」は、テーブルとイス四脚があり、その左側には年代物のピアノがありました。テーブルにはトウモロコシやトマトなどの生野菜をのせたカゴが置いてありました。
    ⑺ 「教会事務所」
    「教会事務所」は、現在は児童図書コーナーになっています 。当時はこの部屋で機関誌 『道しるべ』が編集されていたそうです。
    ⑻ 「マッケーレブ愛用の“ベッド”」
    マッケーレブ愛用の“ベッド”」は、書斎(2F)として使っていた部屋にあります。
    投稿日:2022年10月15日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
豊島区に関するよくある質問




トリップアドバイザーのユーザーが選ぶ、豊島区で人気の家族向け観光スポット: 豊島区のすべての家族向け観光スポットをチェック