ルドヴィージ / ヴィア ヴェネトの名所 & 観光スポット

ルドヴィージ / ヴィア ヴェネト (ローマ) の観光スポット トップ 10

ルドヴィージ / ヴィア ヴェネトにある景観

  • 旅行者に人気
    口コミ、評価、写真、人気などのトリップアドバイザー・データに基づきランキングされた観光スポット。
  • 旅行者によるランキング
    トリップアドバイザーで評価の高い観光スポット(旅行者による評価)。
名所・有名スポット
旅行者の評価
近隣エリア
目的別
29件:旅行者に人気

旅行者の口コミ

  • Odyssey65626251128
    80件の投稿
    ローマは大くて有名な教会があるなかで、外から見ると町の教会的な感じだったので、立ち寄らせていただいたのですが、はいってびっくりでした。
    天井画を見るといまにも飛び出してきそうな立体感のある美しい絵画に感動しました。おもわず椅子に座って少しのあいだ見続けていました。
    投稿日:2020年2月20日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • あらかん
    日本259件の投稿
    高級ホテルや政府機関がならぶエレガントな通りです。外にテーブルと椅子を置いたカフェも素敵です。バルベリーニ広場にはトリトーネの噴水と蜂の噴水があります。ここからは坂道をだいぶ登る道でした。並木もきれいです。
    投稿日:2018年1月12日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • CHESHIRE_CAT
    233件の投稿
    バルベリーニ広場から木立のある通りを進んだ右側に教会があります。
    階段を上ったところが入口です。
    始めは博物館で教会僧の衣服や装飾品、絵画等が飾られています。
    バルベリーニ宮殿にもあるカラバッチョのSan Francesco in meditazione(瞑想する聖フランチェスコ)がここでも展示されています。バルベリーニ宮殿で購入した絵葉書と比べてしまいました。(真贋の程は私にはわかりませんが、この教会ではカラバッチョ作として展示されていました。)
    その後に納骨所があります。通路の右側に頭蓋骨を中心として作られている納骨所が並んでいます。不気味さはなくむしろ芸術的で綺麗な感じがしました。
    何とも表現が難しいですが「メメント・モリ」と言う言葉が脳裏に浮かびました。
    一見の価値はあると思います。
    投稿日:2019年8月1日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • Mitch2001
    千葉3,582件の投稿
    バルベリーニ広場からほど近い骸骨寺として知られる教会の地下にある、カプチン会の記念墓地です。人骨で飾られた装飾の数々はゾッとするところがありますが、これだけ多いとりっぱな芸術品と化して見えます。
    投稿日:2020年2月7日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • kenken1010
    川崎市, 神奈川県7,846件の投稿
    バルベリーニ広場から続くヴェネト通りの入口のすぐ右手にあるのが蜂の噴水で小さな噴水です。三匹の蜂が水を舐めているように並んでいて、蜂のすぐ下から細い糸のような水が出て下の水盤に注いでいます。

    ベルニーニが造った噴水としてバルベリーニ広場のトリトーネの噴水と並んで昔から有名ですが、トリトーネの噴水はそのまま現在に至っているものの、この蜂の噴水はベルニーニが造ったときの原形をとどめていません。もともとバルベリーニ広場とシスティーナ通りの角にあったのが、1865年ごろにその街角から取り外され長いあいだ市当局の倉庫に置かれていて、1915年になって現在のヴェネト通りの入口に再建されました。

    チェーザレ・ドノーフリオの著作「ローマの水道と噴水」のなかで蜂の噴水の変遷が仔細に記述されています。それは更に蜂の噴水のデザインが変わってしまったことについても言及されています。1665年に描かれたというクリュイルという人物のペン画にある蜂の噴水と200年後に日曜画家フランツの描いたその蜂の噴水がずいぶんとそのデザインが違ってしまっているから。ふたりの画家がありのままに描いた他の作品の画風から信ずるに足るものとして、ベルニーニ作の原形は失われてしまったと言えるでしょう。それを補強するものとして、ベルニーニはルーニ産の大理石を使用したと言われているのが今のものは一般的なトラバーチンであること、ペン画に描かれた鉢の噴水の二枚貝の開いたデザインが同じベルニーニ作の同じ広場のトリトーネの噴水のデザインと見事に呼応して調和されているが今はそれがないことによっても。
    投稿日:2018年12月23日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • Mitch2001
    千葉3,582件の投稿
    ボルゲーゼ公園への東側の入口の門で、ヴェネト通り、イタリア通りという大通りが目の前で交差します。延々と続く城壁の一部をアーチ型にくり抜いている形をしていて、かつてローマへの入口の一つだったことが想像できます。門をくぐって少し行くと、それまでの喧騒とはうって変わり緑の多い静かな空間が目の前に広がってきます。
    投稿日:2018年11月3日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。