奈良市のハネムーン向けアクティビティ

奈良市, 奈良県で人気!ハネムーンにぴったりな観光スポット

奈良市のハネムーンでイチ押しのアクティビティ

目的別
6件:旅行者に人気
  • 口コミ、評価、写真、人気などのトリップアドバイザー・データに基づきランキングされた観光スポット。

旅行者の口コミ

  • TK_NGTT
    横浜市, 神奈川県3,978件の投稿
    東大寺と言えば、大仏。奈良のシンボルです。像高14.7メートルの巨大な仏像で国宝に指定されている。
    毎年、大晦日から元旦に正面唐破風下の観相窓が開かれ、大仏尊像のお顔を外から拝しながら新年を迎えることができる。

    奈良県奈良市雑司町にある華厳宗大本山の寺院。金光明四天王護国之寺ともいい、奈良時代(8世紀)に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺である。「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏を本尊とし、開山(初代別当)は良弁である。奈良時代には中心堂宇の大仏殿(金堂)のほか、東西2つの七重塔(推定高さ約70メートル以上)を含む大伽藍が整備されたが、中世以降、2度の兵火で多くの建物を焼失した。現存する大仏は、度々修復を受けており、台座(蓮華座)などの一部に当初の部分を残すのみであり、また現存する大仏殿は江戸時代中期(1709年)に規模を縮小して再建されたものである。「大仏さん」の寺として、古代から現代に至るまで広い信仰を集め、日本の文化に多大な影響を与えてきた寺院であり、聖武天皇が当時の日本の60余か国に建立させた国分寺の中心をなす「総国分寺」と位置付けされた。東大寺は1998年12月に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。
    大仏殿は創建から2度にわたって焼失、鎌倉と江戸時代に再建された。江戸期には柱とする材が調達できず、芯となる槻を檜板で囲い、鉄釘と銅輪で締めて柱とした。そのため、創建時に11間(86m)あったが7間(57m)となった。現在でも世界最大級の木造建築であるが、往時の壮大さがうかがえる。平成24年に大仏殿内、廻廊、霊名所、授与所の照明装置を全てLED化。消費電力は8分の1、熱や紫外線も殆んど出なくなりました。聖武天皇は、政変や反乱などが相次ぐ当時の社会不安を、仏法の力によって解消しようと(鎮護国家思想)、全国に国分寺の創建を推進する一方、大仏造立を発願。 東大寺の本尊として世界最大の金銅仏、盧遮那仏の造営が始まり、天平勝宝4年(752年)に開眼法会が盛大に行われました。 毘盧遮那(ビルシャナ)=サンスクリット語のヴァイローチャナの音訳で、太陽・光明の意、華厳経の教主です。 平安時代の密教で宇宙の根本仏とされる大日如来は、ビルシャナ仏から展開した仏です。
    投稿日:2023年10月5日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • Serjio An
    ホーチミン, ベトナム4,231件の投稿
    公園内に東大寺、春日大社、興福寺、国立博物館などなど、見どころ満載のエリアですが、やはりなんと言っても鹿でしょう。
    鹿せんべい10枚200円を一瞬で奪われて無くさないよう、寄ってくる鹿をいなして、散策しながら一枚一枚を少し小さく割って小出しにあげると結構楽しめますよ。
    投稿日:2022年11月26日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • TK_NGTT
    横浜市, 神奈川県3,978件の投稿
    回廊にたくさん銅製の灯籠がかけられています。当初は金メッキで、金色ですが、時間が経つと、銅の青緑色に変色していくそうです。
    奈良県奈良市春日野町にある神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。旧称は「春日神社」、神紋は「下がり藤」。
    全国に約1,000社ある春日神社の総本社である。ユネスコの世界遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録されている。
    主祭神の武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。境内は古代から神域とされていた御蓋山一帯に広がり、原始林に守られるかのように鮮やかな朱塗りの社殿が鎮座。奈良時代の初め、平城京鎮護のために茨城県鹿島の武甕槌命を御蓋山の山頂に祀ったのが起こりとされています。神護景雲2年(768年)、称徳天皇の勅命により現在の場所に社殿を造営し、千葉県香取から経津主命、大阪府枚岡から天児屋根命、比売神をあわせて祀りました。平安時代になると皇族や貴族の春日詣も盛んになり、20年ごとの式年造替の確立に伴い、本殿以下各社殿は現在のような規模になりました。
    また中世以降になると武家や庶民にも信仰が広まり、全国各地に3,000社を超える分社が造られるまでになりました。境内には「万燈籠」で知られるさまざまな形の釣燈籠、石燈籠があり、それらの多くは庶民の寄進によるものだということからも、庶民信仰の深さを伺い知ることができます。毎年2月節分の日と8月14・15日にすべての燈籠に火を入れる「万燈籠」の神事が行なわれる。第1番納札社 若宮神社の御本殿・内院初公開。御祭神は天押雲根命で、正しい知恵をお授けくださる神様です。
     「砂ずりの藤」は慶賀門を入った所の棚造りの藤で、5月初旬頃に花房が1m以上にも延び、砂にすれるということからこの呼名があります。ノダフジの変種といわれます。摂関近衛家からの献木と伝えられ、『春日権現験記』にも書かれている古い藤であり、 樹齢700年以上といわれます。また、境内の萬葉植物園には、『藤の園』があり、20品種/約200本の藤が植栽されており、たいへん豪華に開花します。
    投稿日:2023年10月5日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • TK_NGTT
    横浜市, 神奈川県3,978件の投稿
    奈良の市街地を一望できる、素晴らしい景色です。
    二月堂の名は、このお堂で修二会が旧暦の2月に行なわれることから起こっている。良弁僧正の高弟実忠の草創と伝えるが、寛文7年(1667)の修二会中に堂内から出火、焼失し、現在の建物はその2年後に再建された。創建当初の建物は小規模のものであったらしく、時代を経るにつれ、修二会の行法に合わせて増築されたようである。音響効果といい、内陣・外陣・礼堂などの間取りといい、行法を行なうのにまことにふさわしい建物になっている。
    二月堂の法要は毎月18日に厳修されます。4月から10月までは午前8時より、11月から3月までは午前8時半より、約2時間です。 この法要は二月堂西の局より聴聞することができます。 但し、堂内のスペースの関係で、希望者が多ければ入れない場合もございますのでご了承ください。
    投稿日:2023年10月5日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • ねこバンバン
    3件の投稿
    素晴らしい庭園です。最初、入園料がちょっと高いかなと思いましたが、中を散策して納得。充分に払う価値あり、大満足でした。天気の良い日は写真映えしますし、雨の日でもしっとり落ち着いた雰囲気が味わえそう。意外に知られていないのか、奈良じゅうに観光客が溢れていた日でも入園者少なく、ゆっくり観賞できました。時間に余裕のある方、主な見所は既に見尽くした方、静かに奈良を楽しみたい方におすすめです。
    投稿日:2022年11月21日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。
  • riftuka c
    3件の投稿
    思いがけずこの美しい庭園に立ち寄りました。ほぼ隣にある依水園へ行く途中に吉城園の入り口を発見しました。身分証明書をお持ちの外国人は無料で入場できます。庭園は3つのエリアに分かれており、それぞれ少しずつテーマが異なります。花があまりなくても、それでも美しく、穏やかで、それほど混雑していません。スタッフはとても親切で、私は一人で敷地内を楽しむことができました。東大寺の景色はなく、「隣の庭園」だけが見えました。この庭園は、予算が限られていて、静かにリラックスできる場所を探している場合に最適です (高価な隣の訪問を諦めて、単に寺院の景色を見逃すこともできます)。
    投稿日:2023年9月19日
    この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。