ヨーロッパへのフライト

格安航空券

お得な航空券を検索&比較

往復片道周遊
行き
6/8(土)
帰り
6/15(土)
人数
1, エコノミー

ワシントン DC発ヨーロッパ行きのフライト

ロンドン
検索
イスタンブール
検索
パリ
検索
モスクワ
検索
マドリード
検索
ローマ
検索

ヨーロッパで訪れたい場所

ロンドン
トレンド発信地のショアディッチから、パンクな雰囲気のカムデンや洗練されたポートベッロ・ロードまで、さまざまな文化が集結する街、ロンドン。 賑やかな街並みを歩けば、きっと毎日違う発見があるはず。 王室や史跡を探索したり、憧れの観光スポットを制覇したり、ミシュランの星付き高級レストランで食事をしたりしませんか?伝統的なパブで美味しいビールを味わったり、曲がりくねった石畳の道を探検したりするのもいいですね。無限の可能性を秘めるロンドンを満喫しましょう。
イスタンブール
何世紀にもわたって重要な地位を占めてきたこの都市には、数多くの文化が影響を与えてきました。 今でもイスタンブールの各マハッレ(地区)では、その名残を肌で感じることができます。 神聖な場所であるスルタンアフメット地区から、19世紀ヨーロッパの優雅さを感じるベイオール地区や、高級ファッションの街であるニシャンタシュ地区、活気あふれるカフェ文化が魅力のカドゥキョイ地区、サッカー好きが集まるベシクタシュ地区まで。イスタンブールを訪れる人々が、ここは1つの都市というよりは、たくさんの都市が集まっているようだと話すのも頷けます。
パリ
セーヌ川沿いを散策したり、街のシンボル、エッフェル塔や凱旋門を見物して楽しんだ後に、道端のカフェでチョコレート パンをかじる。レジャーと活気が織り交ざったパリらしさを堪能してください。高級料理を味わうことも、ルーブル美術館をじっくり見学するのもお忘れなく。 ノートルダム大聖堂で霊験あらたかな経験をしたり、モントレイユの蚤の市で掘り出し物を見つけたり、ラスパイルのビオマルシェで色とりどりの有機食材を求めたら、1 日の締めくくりにはムーラン ルージュの際どいショーでお楽しみください。
モスクワ
ロシアの政治、科学、歴史、建築そして経済の中心であるモスクワは、両極端なものが同時に存在する都市です。 人口 1000 万人のこの都市には、古代と現代が平行して存在しています。 豪華な装飾が施された駅を見つけたらそこから地下鉄に乗って、赤の広場やクレムリン、聖ワシリー寺院、またレーニン廟や KGB 博物館など、偉大でありながら恐ろしいモスクワの過去のシンボルを見に行きましょう。その後は気分を変えて、市内でショッピングしたり、人間観察をしにプーシキン広場まで行ってみてはいかがでしょうか。
マドリード
マドリッドの建物の多くは城のような作りなので、おとぎ話の世界に足を踏み入れたような気分になるかもしれません。 白亜の尖塔とネオゴシック様式の設計を取り入れた市庁舎も、息を呑むような美しさです。 建築物を見て回るには、まず手始めに、市の中心部にあるプエルタ デル ソルの大きなクマの銅像から出発です。 夢のような王宮を見た後は、レティロ公園の美しい自然を満喫し、街中に点在する美術館を訪ねてみてください。 また、1 日の締めくくりには、リオハ ワインを片手にパエーリャをつつくのがお勧め。
ローマ
ローマは一日にしてならずと言いますが、一日で観光するのも不可能です。 ピザや青空市場、そして圧倒的な数の史跡が寄せ集められており、街全体がまるで野外の大きな美術館のような雰囲気を持っています。 トレビの泉にコインを投げ、コロシアムやパンテオンに度肝を抜かれた後は、カンポ ディ フィオーリやヴィア ヴェネトでショッピングを楽しみ、カプチーノで一休み。 作り立てのパスタや、ジューシーなフライド アーティチョーク、柔らかいオックステール シチューは、これまで味わったことのないほどの素晴らしい食事となるでしょう。
アテネ
かつては、交通量の多さや空気の悪さ、悪趣味な建築物で知られていたアテネですが、2004 年夏に開催されたオリンピックにより生まれ変わりました。 今では、美しく整備された公園や通り、超近代的な地下鉄、新しい高速道路、アクセスの便利な空港が設けられ、英語表記のある看板が案内してくれます。 近隣諸島に行くための、単なるストップオーバー地点で終わらせるにはもったいないほどに洗練されたアテネには、西洋の歴史が窺えるオリュンピアのゼウス神殿、国立考古学博物館といった見所があります。
ウィーン
ウイーンでは、コーヒーハウスはただのたまり場ではありません。立派な施設です。 菓子パンを片手に新聞を読みながら強いエスプレッソをすする。ウイーンでの文化的な時間の過ごし方として、ユネスコのお墨付きです。 ザッハトルテで腹ごしらえしたら、伝統的な美しいウイーン分離派の芸術や、王宮や国立歌劇場、シュタインホーフ教会、そして幾何学模様が美しい美術史美術館などのモダンな建築物を見て回りましょう。