推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
チェックイン— / — / —
チェックアウト— / — / —
宿泊人数1部屋大人2名子供0名
旅行者の写真 (35)
客室 & スイート (8)
食事 (1)

詳細

4位:新宮市のホテル9軒中
立地
清潔感
サービス
価格
詳細情報
ホテルのスタイル
ビジネス
施設情報
無料駐車場
無料のWi-Fi/インターネット接続
レストラン
自転車の利用可
会議室
荷物預かり
全館禁煙
ランドリーサービス
Wi-Fi
インターネット
さらに表示
部屋の特徴
エアコン
ハウスキーピング
ルームサービス
アイロン
冷蔵庫
38件口コミ
0件Q&A
6件客室のヒント
評価
  • 1
  • 9
  • 24
  • 4
  • 0
投稿時期
旅行者のタイプ
言語
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
+1
新宮をはじめとする紀伊半島南東部の地域は、地図の上では大したことがないように見えますが、JR特急に乗っても、名古屋から3時間30分、大阪(新大阪)からは4時間10~20分 東京からは新幹線「のぞみ」を使って名古屋でわずか7分の乗り継ぎでも5時間30分を要します。(実際問題、新幹線が遅れたら困るので私なら名古屋で30分ほどの小休止の時間を作ります。6時間かかることになります。今の特急は車内販売もありません。乗車駅で予め弁当・飲物などの調達しておかないと乗車してから困ることになります。この時間を確保する必要もあります。) 一般的には時間短縮に有効な飛行機も、南紀白浜空港へ90Km離れ、東京からは白浜駅へのバス そこから「特急くろしお」に乗っても6時間かかります。 交通が不便そうにみえる北海道の道東地域の都市や山陰地方の都市も空路が整備されており、5時間を超えるような街はあまりないと思います。東北地方も対東京については新幹線の整備もあり都市間の移動が速くなりました。 (はるか遠くの沖縄本島 那覇空港を降りてから陸路移動しなければならない名護市でも5時間はかからないと思います。) それぐらい東京から時間距離が遠い、新宮や勝浦。なかなか足が向かない地域でした。 約40年前に、勝浦港に東京と高知を結ぶフェリー「さんふらわあ」が勝浦に寄港していた時にフェリーで一度だけ訪れたことがあります。(フェリー航路は2001年に廃止) 名古屋から大阪まで鉄道利用でこの地域を訪ねる機会をつくりました。 途中どこで泊まろうかと思案しつつ、JR東海とJR西日本の境界駅である新宮に泊まることにしました。 名古屋方面のJR東海路線は非電化で、ディーゼル特急「南紀」、大阪方面のJR西日本路線は、電化されて電車特急「くろしお」が走っています。 翌朝は新宮始発の特急「くろしお」で大阪に向かうので駅に近いところを検討していました。 新宮に13時30分到着、予約していたレンタカーを借りて熊野那智大社や太地をめぐってきました。 駅すぐ近くなので、レンタカー返却後歩いて迷わずホテルに到着。 ホテルのエントランスは屋根があるので雨天時車での到着でも濡れずに入館できるのが良いと思います。 フロントで受付の後、機械で清算する方式でした。 (この機械が、私がリピート利用している「静岡ホテル時之栖」と同じもので発行されるクレジットカードのレシートも同じ様式でした。同じホテル用のシステムを使っているのでしょうね。) 部屋は、昭和の高度成長期に全国に多数つくられたビジネスホテルの雰囲気ですが、きちんと整備維持されていると思います。 悪い評価を他の方がなぜするのかよくわかりません。お若い方なのでしょうか。 21世紀に入って急に増えた宿泊特化型ホテルチェーンの画一的な設備仕様に慣れ切った方の評価なのでしょうね。 例えとして正しいかどうか? 個人経営の食堂が、どこのお店に言っても同じ味。サービスがマニュアルによって保たれているチェーンのファミレスより劣る。というようなものではないでしょうか? 昭和の時代から、いわゆる商人宿や工事旅館に至るまで泊まった経験がある私にとっては快適な空間であると感じます。 トイレも温水洗浄便座がついていました。 風呂が見たことがないぐらい狭いと書いている方を見受けられますが私が泊まった部屋はそんなことは感じませんでした。(ごく標準的だと思いました。) 私は、炭酸入浴剤(バブ)をいつも持って行きますが、ゆっくりお風呂には入れました。 新宮はバスの発着もありこの地域の観光の拠点にできる場所だと思います。 ホテルに向かう途中で、東京方面へのバスがあることに気が付きました。 かつて 国鉄時代は、ブルートレイン「寝台特急 紀伊」(1984年廃止)が通った、新宮、勝浦 フェリー「さんふらわあ」の高知航路(2001年廃止)が寄港した勝浦 その代替ともいえる夜行の交通機関なのでしょうね。(私は夜行高速バスは苦手なので敬遠しますがお若い方なら便利な交通機関であるかもしれません。) 駅に一番近い快適なホテルだと思います。 8時37分発の「特急くろしお」に乗るのに、指定席を取ってあるので、20分前のチェックアウトでラクラク間に合いました。
続きを読む
新宮駅の近く、東側にあるホテルです。駅前に飲食店少し歩くとコンビニもあり便利です。ホテルとしては一般的なビジネスホテルという感じで、やや年期は入っていますがきちんと手入れされており綺麗でした。
続きを読む
ビジネスホテルです。 テレビあり冷蔵庫、ユニットバス、ドライヤー、浴衣あり、無料Wi-Fiあり。 充分です。 四村神社、神座神社を回って疲れたところをのんびり過ごせました。
続きを読む
新宮駅と地続きのホテルで、くろしおが間近に見えた。ビジネスホテル風だが、ロビーが広くバンケットもやるようだ。レストランもあった。明るいグリーン系を用いた部屋も使い易かった。
続きを読む
チエックインは機械です。エレベータは1基しかないように見えますが入口付近にもう1基あります。部屋は2階でエレベータから降りると会議室みたいなところへ出るので通り抜けて部屋へ行きます。レンタルパソコンは1000円。
続きを読む
価格帯
$52 - $84 (スタンダード ルームの平均価格に基づきます)
所在地
日本近畿地方和歌山県新宮市
客室数
80
施設のオーナー登録

この施設を所有または管理していますか?オーナーとして登録されると、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新など、活用の幅がぐんと広がります。登録は無料です。

オーナーとして登録する