推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Club Hotel Cantamar by the Beach

保存
シェアする
Manzana F Lote 1 Puerto Comercial de Pichilingue, ラ パス メキシコ
eDreams
Booking.com
Agoda.com
料金は提携サイトから提示されたもので、1泊あたりの宿泊料金を反映しています。また、提携サイトが了承している税金やサービス料を含みます。 詳細については、提携サイトを参照してください。
旅行者の写真 (137)
プール & ビーチ (23)
客室 & スイート (12)
プランの掲載順は、スポンサー料に基づきます。 客室タイプは異なる場合があります。

詳細

16位:ラ パスのホテル42軒中
立地
清潔感
サービス
価格

ラ パスでファミリー向けリゾートをお探しの場合はをおすすめします。

Club Hotel Cantamarの客室には冷暖房完備、および簡易キッチンをご用意し、快適にお過ごしになれます。また、無料wi-fiもご利用になれます。

プール、および朝食ありで充実した時間をお過ごしください。Club Hotel Cantamarへお車でお越しの場合は、無料駐車場をご利用になれます。

周辺でおすすめのお店をお探しの場合はrestaurante Playa Pichilingue (0.6 km)、またはLa Luna Bruja (0.7 km)を要チェック。Club Hotel Cantamarの徒歩圏内にあります。

ラ パスにはBiblioteca de Historia de las Californiasのような人気美術館もあり、Club Hotel Cantamarからのアクセスも便利。

のスタッフ一同、ご到着をお待ちしております。

続きを読む
フル ビュー
施設情報
無料駐車場
無料インターネット
プール
バー/ラウンジ
ビーチ
カヌー
お子様向けTVチャンネル
キッズプール
Wi-Fi
屋外プール
レストラン
朝食あり
無料のインスタントコーヒー
屋外ダイニングエリア
自動販売機
ダイビング
釣り
お子様用の椅子あり
ペット同伴(犬などのペットに対応)
空港への無料送迎
空港送迎
シャトルバスサービス
タクシーサービス
24時間対応セキュリティ
荷物預かり
全館禁煙
屋外家具
ピクニックエリア
ビーチチェア
日傘
救急セット
ランドリーサービス
さらに表示
部屋の特徴
遮光カーテン
防音ルーム
エアコン
ハウスキーピング
プライベートバルコニー
コーヒー/紅茶メーカー
ケーブル/衛星テレビ
ウォークインシャワー
電話機
ペットボトルの水
専用バスルーム
液晶テレビ
無料のバスアメニティ
ヘアドライヤー
さらに表示
客室タイプ
オーシャンビュー
禁煙ルーム
スイート
ファミリールーム
詳細情報
ホテルクラス
ホテルのスタイル
オーシャンビュー
ベイビュー
対応言語
英語、スペイン語
209件口コミ1件Q&A0件客室のヒント
評価
  • 77
  • 54
  • 20
  • 24
  • 34
投稿時期
旅行者のタイプ
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
hrdtaさんが口コミを投稿しました(2015年5月)
ニャウンウー, ミャンマー投稿1評価2
個人特定を防ぐため利用日はダミーです。 被害者が少しでも減ればという思いで 思い付いた順思い出した順に書きます。 ダイブクルーズ(リブアボード)で利用。 最悪の一言。 はっきり言って良い部分なんて見つけ出す方が苦労します。 ここはクラブカンタマール(Club Cantamar Hotel)といってホテル併設のサービスです。 ダイビングはバハダイビングサービス(Baja Diving & Service)という別名で商売しています。 メキシコのラパスでダイビングツアーを提供している旅行代理店は少なからず ここのサービスを使っているのではないでしょうか。  ( ホテルサービスについて ) 街から遠く砂漠のような山岳地帯のような周りに海と砂と岩以外何も無い場所に立地。 犯罪に遭遇しても絶対誰も気付いてくれないような場所。 必然的に買い物等で街まで行くには車が必要で、それ自体は都会の喧騒もなく非日常的で良い環境なのですが、 街まで行きたい時にいつでも提供してくれると約束されたはずの無料シャトルを実際に希望すると、 実際には乗用車をスタッフが運転するという内容でそのスタッフが面倒だと言えば運転してもらえません。 希望人数がもうちょっと増えたら運んでやる、今忙しい、スタッフが街に用事無い、スタッフが休憩中、さっき出発したばかりとか あれこれ言い訳されて何時間も待たされてクレームが強くなるとようやく出してもらえます。 最終的にはそんなに行きたいならタクシーでも呼べと言われる始末。 そんなタクシーも乗客が日本人なら相場の数倍以上請求(日本のタクシーより高い)してくるため交渉するはめになります。 やっと80%オフ位まで値切っても相場より高かったりしますし。 在籍日本人スタッフによると出入りのタクシーとも付き合いがあるので大した金額じゃないしそれくらいケチらないでほしい、 これ内緒なんですけど日本人は言い値を払ってくれると言ってあるし、 なんてふざけたこと言います。 もちろんリスクマネジメントの観点からも費用ばかりが判断基準にならないことは百も承知ですが、 出入りのタクシーを使っても大して安全性が向上するわけではありませんので、 他人の車に乗らないと移動も出来ないこの場所自体がそもそもハイリスクであるということです。 ホテルではツアー会社提供の食事バウチャー付きなのに期限切れとか知らないとかあれこれ言い訳して無しにされ、 少量の一品料理の値段を伏せたうえで10~20USドル位すると口頭説明されて更にチップを請求されます。 また食事は食堂で摂ることになるのですが営業時間は短く少しずれると何も提供してくれません。 仕方なく街に出て食事するためシャトルを希望しても先述のようなやりとりをするはめになります。 荷物を運ぶボーイすらまともに動かず、クレームを入れてやっとモタモタ行動します。 ホテルの部屋代はツアー代に込みのはずなのに色々な名目で追加請求されしまい強めのクレームでやっと無料になります。 ダイビングの他にシーカヤックやホエールウォッチングやシャークウォッチングやトローリング等のサービス提供もありますが、 当日飛び入り参加もOKと謳っておきながら希望すると面倒がられ満員だの休みだのサービス閉鎖しただので拒否。 最終的に仕事が増えるからやめてほしいと本音を言われる始末。 いくら立派な経営方針を掲げてもローカルスタッフがこれなんでどうしようもないです。 どうしてもここのサービスを使いたいのであれば、ホテルは街で確保することを推奨します。 デイトリップの場合は面倒で時間も浪費しますがダイビングの度に送迎を利用する方が良いです。 クルーズの場合はそれが終わればそもそも滞在の必要性がありません。 街から近いダイビングサービスは他にありますし、ここのサービス以外でも海で遊べるスポットがたくさんあります。  ( 日本人ガイドについて ) 日本人ガイド在籍と言いつつワーキングホリデー崩れの中途半端な英語屋日本人が在籍しているだけです。 数年程度ワーホリへ行くも現地アルバイトに明け暮れてろくに勉強せずそのまま帰国してしまい、 大学どころか高校もろくに行ってないため日本で社会適合出来ずに、その後バックパッカーと称して発展途上国ばかり徘徊して、 趣味で始めたスキューバダイビングで日銭を稼ぐことになってしまった自称国際人達です。 日本人スタッフ自身が根無し草であるということに加えて競合相手が少ないことも遠因なんでしょうが、 スペイン語圏において中途半端な英語しか出来ないガイドという時点で存在価値が大きく低下します。 ここのガイドは海のプロフェッショナルを自称しているにも関わらず少し苦情をいれただけで、 「この程度の環境で文句言ったらバックパッカー出来ませんよ、日本人はこれだからダメ、世界を学んだ方が良い」と素っ頓狂な言い訳をされます。 バックパッカーの話なんてしてないし、計画性も教養も無い人が何を主張しても説得力が無いと反論すると癇癪起こされました。 ダイビングのガイドなんてどこも似たようなものでしょうが、メキシコ・ラパスでガイド経験のあるインストラクターは殊更注意に値すると言及出来る一例です。  ( 食材について ) 日本語まで用意してある公式ホームページ上で「海では何も殺さない」と 明記していますがスタッフがクルーズ中に釣りをしたりモリで突いたりして魚類や甲殻類を捕獲。 それが何と食卓に並びます。 珍妙な姿だけどこれって食べられるの?と聞いても、 食べたこと無いからわからないけど大丈夫だと思うよ、 なんておもしろい答えが返ってきます。 バハカリフォルニアは全体的に固有種が多く研究途上の生物が数多く生息しています。 探し回れば学術関係者でなくても新種を発見出来るようなフロンティアです。 確率はとても低いとは思いますが毒性や病原菌や寄生虫等のリスクはあまり考えてないようです。 捕獲量が多すぎたり食べ残した場合は海に廃棄します。 海に帰ると考えればエコロジーですが、その直後にエントリーすることもあり その死骸の周りに多数の生物が集まり生態系の縮図を目撃出来て少し興奮します。 種は不明ですがサメも単体で来て捕食に夢中になったことも事実です。 エキジット後に、「とてもラッキーな気分になったけどダイバーへのアタック確率が上がるんじゃないか」 とダイブマスターに質問したら「じゃお前が絶食してダイビングもしなければ良い」と嫌悪感と悪意をむき出しにされました。 彼らにとって生物捕獲は食料調達と娯楽とサービス提供で一石二鳥どころか三鳥でありその行為を否定された気がして機嫌を損ねたわけです。 ダイビングをしない夜に廃棄したりそもそも食料をちゃんと積むことでほぼ解決することなのにそれすらやらないということは、 顧客の安全性や満足度よりスタッフによる娯楽と経費削減のプライオリティが勝っているということです。 ちなみにその時日本人ガイドはニヤニヤ傍観していただけです。  ( クルーズについて ) ラパスへダイビングする方はアシカが第一目的という方もいらっしゃると思います。 このアシカのコロニーへ近づくのは制限があるようで、 それが法的強制力があるものなのか業者間の協定レベルのガイドラインなのか不明ですが、 クルーズの場合でも全日程通じてアシカに接近出来るダイブは数回程度と多くありません。 コロニーに近づけばアシカはそこにいるので絶対遭遇出来ますが、フレンドリーではない固体もいるので皆さん楽しめるかどうかは別の話です。 また私が行ったときはクジラやイルカやマンタその他大群を何度も見ましたが、 これら大物全てに遭遇出来ない残念なクルーズの方が圧倒的に多く皆さんはラッキーと言われました。 それはそれで嬉しいのですが誇大広告を自供したようなものではないのかと申し上げたら、 期待を裏切らず逆切れされました。 食事時間以外には食料や飲料は催促しなければ用意してもらえず、やっと出してもらっても仕事させやがって的な露骨な嫌悪感を示されます。 ダイビング回数も一日2~5度なんて事前説明がありましたが全て2~3回で4回以上は一度もありませんでした。 潮が速いとか風が強いとかコンプレッサー故障とか、元々悪い透明度が更に悪化して10フィートも無いとか色々言われてそれが全日程続きました。 それでも一日2回以上のダイブはこなしているため責任など生じないと悪びれる様子もありません。 パラオやモルジブ等と同じ感覚でいるとそのギャップに苦しむことになります。  ( チップについて ) ダイブクルーズ中のチップは大体一日2~5USドルが相場のようですが、 日本人旅行客はほぼ間違い無く一日10USドル以上請求されます。 ここでも日本人スタッフが、本当はその金額以上が相場だけど交渉して安くしてあげた、と言って一緒に請求してきます。 ロスカボスやラパスは世界的な保養地で相場は高いと言って聞きません。 日本人スタッフの取り分もあるからその下心も理解出来るのですが露骨過ぎて不憫になります。 そのチップはチップボックスへ最終日に匿名で入れることになるのですが、 その場に居合わせたスタッフが直後に開封して金額をチェックするのでほとんど意味無いです。 チップが少ないとこれまた露骨に悪態をつかれ、メキシコペソで支払おうとするとUSドルが良いと文句まで言われます。 ただし最終日下船直前の全額徴収なのでチップゼロでも食事に汚物を混入されてしまう恐れがありません。 不満があり強靭なメンタルも兼ね備えているならチップ拒否も一興です。 ちなみにホテルサービスのチップは別勘定で別途用意する必要があります。  ( 他ダイバーについて ) 日本からやってきた某宗教の信者が多かったです。 あの独特の仲間意識を協調性と称して接してくる、ねっちょり連帯感を全日程通して味わう破目になりました。 私の場合は偶然にも知人を介してその存在を知りましたが、例え知らなくても常識的な感性を以ってすればその違和感を感じとれます。 スキューバダイビング業界全体において宗教関係者が多い印象ですが、ここのサービスではいつものことなのか、それとも今回だけ特別だったのかはわかりません。  ( 総論 ) 思い付いた順に書き連ねたため煩雑になりましたがそれでも識別タグ付きのアシカが好きなら魅惑のメキシコ・ラパスへどうぞ ちなみに日本人ガイドから、クチコミサイトは巡回しているからどこに悪評をアップしてもすぐわかる、と言われました。 顧客を装って良い評判を書き込んだり悪評に反論すれば世間知らずな日本人ホリデーダイバーはすぐ信じ込むということでした。 旅行中やレジャー中は高揚して正常な判断が出来なくなる可能性が高まり、 加えて逃げ場の無い船上で自身の置かれている状況が如何に無防備なのかという事を旅行前に是非ご再考下さい。 投稿しておいてなんですが、何を信用するかは自分次第です。
続きを読む
利用時期: 2014年8月
立地
サービス
寝心地
旅行のタイプ: 友人との旅行
1人の役に立った
役に立った
シェアする
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
Karen Sさんが口コミを投稿しました(2020年2月)
グレート ネック, ニューヨーク州投稿66評価4
ホテルの本当の「飛び込み」-巨大な商業カーフェリー、貨物船、主要港のスポーツ船からのディーゼルガスに囲まれています!多くの場合、未舗装の危険な道路がまだ建設中であるため、町からさらに40分惨めになりました。 3フロアは、壊れたクローゼット/キャビネットに2本のワイヤーハンガーが置かれた、哀れでむき出しの退屈な部屋まで歩きます。トイレとペーパーホルダーの両方がひび割れ、破損し、壁に貼り付けられました。シャワーは近づきませんでした。朝食も最高のテックスメックス運賃で平凡だった。マネージャーはほとんど助けにはなりませんでした-不機嫌で、私たちがその場所にとても不満だったことにresしました 町への無料シャトルが許可されるまで1時間待つこともできます。 !絶対に行ってはいけません!
続きを読む
利用時期: 2020年2月旅行のタイプ: 友人との旅行
Google
役に立った
シェアする
Sil359さんが口コミを投稿しました(2019年11月)
ニューヨーク シティ, ニューヨーク州投稿20評価27
クラブカンタマールは、スキューバダイビングホテルであると公言していますが、それを見ると、それほど良いホテルではありません。一緒に旅行するダイブグループと一緒に、クラブカンタマールに2回滞在しました。最初の旅行では、グループのほぼ全員が「モンテズマの復ven」という厄介なケースを受け取りました。必要な予防措置を講じなければ、水はあなたを得るでしょう。これは単なるクラブカンタマールの問題ではなく、ラパスの問題だと思いますが、そこに行く前にこのちょっとした話を知るために多額のお金を払っていたでしょう。 CCの部屋は「ビーチで退屈」で、下に向かっています。彼らはアメニティを提供していない、コーヒーメーカーを受け入れます。ホテル自体は、工業エリアの真ん中にあり、徒歩でアクセスすることはできません:店舗、レストランなど。完全に機能するレストランと、場合によっては小さな店舗を提供していれば問題ありませんが、 。彼らは、主要な食事と自動販売機を作る食品施設を提供します。つまり、メニューを選んで営業時間外に何かを注文したい場合、またはミニ冷蔵庫のない部屋で冷たい飲み物を飲みたい場合は、少なくとも私の場合は不運です。  アシカと一緒にダイビングしたい場合、ラパスには他にもたくさんのダイビングホテルがあります。町内または町から徒歩圏内にあるホテルを選択することを強くお勧めします。しかし、「モンテズマの復ven」について私が言ったことを真剣に思い出すでしょう。 」
続きを読む
利用時期: 2019年11月
Google
1人の役に立った
役に立った
シェアする
559clydemさんが口コミを投稿しました(2019年6月)
サン シティ, カリフォルニア投稿2評価1
私たちのうち9人、4部屋は6月に5日間滞在しました。部屋は準備ができていて、Arthuroは良い英語を話し、とても役に立ちました。マンションは巨大だったし、あなたが必要とするすべてを持っていた、メイドサービスは優秀だった!私たちは釣りとダイビング旅行をしました。エリカは私たちの魚を用意し、パティオで毎晩私たちに完全な食事を提供しました! !私はそんなに新鮮な魚やトルティーヤを食べることはありません!ホテルはビーチや町へのシャトルサービスを提供した。はいホテルは少し古くなっていますが、釣り、ダイビング、そして家族で楽しむのに最適な場所です。来年もまた使用する予定です。
続きを読む
利用時期: 2019年6月
Google
1人の役に立った
役に立った
シェアする
Xavierさんが口コミを投稿しました(2018年12月)
投稿1評価2
一生の経験、オフィスからボートの運転手までのチーム全体は非常に素晴らしく親切であり、彼らの仕事を愛していて、全体の雰囲気を際立たせました。ガイドホルヘとドライバーアルマンドはとても親切で親切でした。 私たちは、鯨サメの隣に何度も泳ぐようになった。彼らは非常に注意深く、これらの穏やかな生き物を敬っていて、私たちがこれ以上取ることができなくなるまで、彼らと一緒にいることを確かめました。この持続可能な出会いを可能にし美しいものにするチーム全員とレンジャーズに感謝します。
続きを読む
利用時期: 2018年12月旅行のタイプ: カップルでの旅行
Google
2人の役に立った
役に立った
シェアする
前へ
1234569
価格帯
$63 - $94 (スタンダード ルームの平均価格に基づきます)
通称:
cantamar hotel la paz, cantamar resort la paz
所在地
メキシコバハ カリフォルニアバハ カリフォルニア スル州ラ パス
客室数
41
オーナー未登録

この施設を所有または管理していますか?オーナーとして登録されると、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新など、活用の幅がぐんと広がります。登録は無料です。

オーナーとして登録する
Club Hotel Cantamar by the Beachに関するよくある質問
Club Hotel Cantamar by the Beachに近い人気観光スポットを教えてください。
周辺の観光スポットには、Balandra Beach(4.8km)、Perlas del Cortez(0.1km)、Beach Club El Tecolote(6.5km)があります。
Club Hotel Cantamar by the Beachの設備やサービスを教えてください。
人気の設備やサービスには、プール、レストラン・飲食店、ラウンジがあります。
Club Hotel Cantamar by the Beachの客室の設備やサービスを教えてください。
人気の設備やサービスには、冷暖房完備、薄型テレビ、遮光カーテンがあります。
Club Hotel Cantamar by the Beachではどのような料理やドリンクを提供していますか。
宿泊客は、滞在中にレストラン・飲食店、ラウンジ、朝食を楽しめます。
Club Hotel Cantamar by the Beachに駐車場はありますか。
はい、宿泊客は無料駐車場を利用できます。
Club Hotel Cantamar by the Beachに近いレストランをいくつか教えてください。
アクセスが便利なレストランには、Azul Marino、Odayaka Sushi Bar、Club de Playa at Costa Baja Resortがあります。
Club Hotel Cantamar by the Beachにフィットネスジムはありますか。
はい、宿泊客は滞在中にプールを利用できます。
Club Hotel Cantamar by the Beachに空港シャトルバスのサービスはありますか。
はい、Club Hotel Cantamar by the Beachは宿泊客に空港シャトルバスサービスを提供しています。 詳しくは、事前にお電話で確認することをおすすめします。
Club Hotel Cantamar by the Beachはペット同伴で宿泊できますか。
はい、通常ペット同伴は可能ですが、事前にお電話で確認することをおすすめします。
Club Hotel Cantamar by the Beachのスタッフは何語に対応していますか。
スタッフは、英語やスペイン語などの複数の言語に対応します。
Club Hotel Cantamar by the Beachは眺めが良いですか。
はい、宿泊客は通常オーシャンビューを楽しめます。