推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Tank Fish and Chippery

エリア:
Lygon Street
シーフード, オーストラリア料理
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
行き方を確認
149 Lygon Street, Melbourne, Victoria, Australia
名称と住所 (現地の言語)
9020-4342
サイト
もっと見る
写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティーに寄せられた 54 件の口コミ

旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語
  • その他
絞り込み: 日本語
レベル の貢献メンバー
19件の口コミ
レストランについての 3 件の口コミ
common_n_restaurant_reviews_1bd8 14人が「役に立った」と評価
4 / 5 2016/05/21に投稿しました モバイル経由

フィッシュアンドチップスを食べたいと思い、トリップアドバイザーで探して行きました。トリップアドバイザーで割と評価が高かったので混んでいるのではないかと心配して行ったのですが予約なしですぐに席に着くことができました。 お店には日本語が話せるとてもフレンドリーな女性がいましたので何の問題もなく食事を楽しむことができました。 ロケーションは私が宿泊したマリオット... その他 

役に立ちましたか?
ありがとう、rui276
メルボルン, オーストラリア
レベル の貢献メンバー
4件の口コミ
レストランについての 4 件の口コミ
5 / 5 2015/12/13に投稿しました

NZを含む合計5年以上オセアニアに住みFish&Chipsを食べてきたが、ここは過去のNZのWorkworthの片田舎の孤高一軒以来の驚くべき一店だった。カールトンの街中ではっきり言って期待はさしてしていなかったが、魚の揚がり状態(AUS/NZの魚のみ使用のこだわり)とチップスのカリカリ度合いと、そこまではごく月並みだが、独自ブレンドのハーブ・スパイス・ソル... その他 

役に立ちましたか?
ありがとう、コアラチャンボ

Tank Fish and Chipperyを見た人は、こんなところも見ています

ビクトリア州メルボルン
ビクトリア州メルボルン
 
ビクトリア州メルボルン
ビクトリア州メルボルン
 
ビクトリア州メルボルン
ビクトリア州メルボルン
 

Tank Fish and Chipperyに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を追加する

これは貴施設のトリップアドバイザー掲載ページですか?

この施設を所有または管理していますか? 貴施設を無料でご登録いただくと、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新などが可能になり、活用の幅がぐんと広がります。

貴施設を登録する
掲載内容を修正する

レストランの詳細

評価
  • 食事
    4.5 / 5
    サービス
    4 / 5
  • 価格
    4 / 5
    雰囲気
    4 / 5
料理のタイプ
シーフード, オーストラリア料理
食事
ランチ, ディナー
レストランの特長
テイクアウト, 座席
おすすめ
お子様連れ, 安い食事
所在地および連絡先情報
  • 住所: 149 Lygon Street, Melbourne, Victoria, Australia
  • 場所: 南太平洋  >  オーストラリア  >  ビクトリア州  >  メルボルン>  > Lygon Street
  • エリア: Lygon Street
  • 電話番号: 9020-4342

Q & A

不明点がある場合は、 Tank Fish and Chippery のスタッフおよび過去の訪問者に尋ねてみましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • グルテンを含まないお食事オプションはありますか?
  • ドレス コードはありますか?
  • 屋外のテラスに犬を連れていくことは可能ですか?

Lygon Streetでの宿泊

周辺地域のプロフィール
Lygon Street
ブロックから切り出された本物のパルメザン チーズを、パスタの上でお洒落に削り落として供される料理を堪能したいなら、目指すのはライゴン ストリート。このエリアは、ごく最近まで、マフィアに似たグループの悪名高き「カールトン クルー」の根城でした。1 日の始まりに地元のエスプレッソをたしなんでいた彼らはもういませんが、エスプレッソ文化は、このリトル イタリーに強く根付いています。誰もが楽しめるこのエリア。本場イタリアの流儀で提供される、パリッとした白いテーブルクロス、キャンドル、そしてピザには、隠し味に愛情も少々。ジェラートのフレーバーはよりどりみどりで、きっと迷ってしまうはず。広々とした歩道、大きな日除け、そしてずらりと並んだ満席のテーブル。屋外で楽しむ「アルフレスコ スタイル」の食事は、ヨーロッパを思わせます。食事をしなくても、人間観察をしながら散策するだけで満喫できる。そんなところも、イタリア流。