推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

French Food Art - 営業終了

閉鎖 / 閉店 – 間違いを報告する
エリア:
Lygon Street
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
行き方を確認
122 Lygon | Carlton, Melbourne, Victoria, Australia
名称と住所 (現地の言語)
+61 3 9663 1119
詳細

French Food Artを見た人は、こんなところも見ています

ビクトリア州メルボルン
ビクトリア州メルボルン
ビクトリア州メルボルン
ビクトリア州メルボルン

メルボルンのレストランをさらに表示

メルボルンの 3,684 件のレストランの中で 1 位
料理ジャンル: イタリアン
地図 | 旅行者の写真 (62)
メルボルンの 3,684 件のレストランの中で 2 位
料理ジャンル: イタリアン, 地中海風
地図 | 旅行者の写真 (225)
メルボルンの 3,684 件のレストランの中で 3 位
価格: $11
料理ジャンル: アジア料理, タイ料理, ベトナム料理
地図 | 旅行者の写真 (452)
メルボルンの 3,684 件のレストランの中で 4 位
料理ジャンル: 中近東料理, アルメニア料理, 東欧料理
地図 | 旅行者の写真 (174)
メルボルンの 3,684 件のレストランの中で 5 位
料理ジャンル: バー, オーストラリア料理
地図 | 旅行者の写真 (145)
メルボルンの 3,684 件のレストランの中で 6 位
料理ジャンル: イタリアン
地図 | 旅行者の写真 (164)
メルボルンの 3,684 件のレストランの中で 7 位
価格: $15 - $50
料理ジャンル: アジア料理, タイ料理
地図 | 旅行者の写真 (84)
メルボルンの 3,684 件のレストランの中で 8 位
価格: $23 - $47
料理ジャンル: 地中海風, トルコ料理, 中近東料理, ペルシャ料理
地図 | 旅行者の写真 (244)
メルボルンの 3,684 件のレストランの中で 9 位
価格: $38 - $141
料理ジャンル: オーストラリア料理, グルテンを含まない食事, コンテンポラリー
地図 | 旅行者の写真 (199)
メルボルンの 3,684 件のレストランの中で 10 位
料理ジャンル: カフェ・喫茶店, オーストラリア料理
地図 | 旅行者の写真 (686)
掲載内容を修正する

レストランの詳細

料理のタイプ
フレンチ
営業時間
日曜日
午後 5:00 - 午前 11:30
月曜日
午後 5:00 - 午後 11:30
水曜日
午後 5:00 - 午後 11:30
木曜日
午後 5:00 - 午後 11:30
金曜日
午後 5:00 - 午後 11:30
土曜日
午後 5:00 - 午後 11:30
所在地および連絡先情報
  • 住所: 122 Lygon | Carlton, Melbourne, Victoria, Australia
  • 場所: 南太平洋  >  オーストラリア  >  ビクトリア州  >  メルボルン>  > Lygon Street
  • エリア: Lygon Street
  • 電話番号: +61 3 9663 1119

Lygon Streetでの宿泊

周辺地域のプロフィール
Lygon Street
ブロックから切り出された本物のパルメザン チーズを、パスタの上でお洒落に削り落として供される料理を堪能したいなら、目指すのはライゴン ストリート。このエリアは、ごく最近まで、マフィアに似たグループの悪名高き「カールトン クルー」の根城でした。1 日の始まりに地元のエスプレッソをたしなんでいた彼らはもういませんが、エスプレッソ文化は、このリトル イタリーに強く根付いています。誰もが楽しめるこのエリア。本場イタリアの流儀で提供される、パリッとした白いテーブルクロス、キャンドル、そしてピザには、隠し味に愛情も少々。ジェラートのフレーバーはよりどりみどりで、きっと迷ってしまうはず。広々とした歩道、大きな日除け、そしてずらりと並んだ満席のテーブル。屋外で楽しむ「アルフレスコ スタイル」の食事は、ヨーロッパを思わせます。食事をしなくても、人間観察をしながら散策するだけで満喫できる。そんなところも、イタリア流。