推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
最新の口コミ。 最安値。ホテルを予約するには最適なサイト。
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
周辺地域
周辺地域
行き方を確認
1 Kadayanallur Street, Singapore 069184, Singapore
名称と住所 (現地の言語)
+65 9790 2826
本日
午前 8:00 - 午後 10:00
営業中
時間帯をすべて表示
営業時間:
日 - 土 午前 8:00 - 午後 10:00
詳細
写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティに寄せられた
2,260 件の口コミ

旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語
  • その他
絞り込み: 日本語

マックスウェル フードセンターを見た人は、こんなところも見ています

シンガポールシンガポール
シンガポールシンガポール
 
シンガポールシンガポール
 

マックスウェル フードセンターに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を追加する

これは貴施設のトリップアドバイザー掲載ページですか?

この施設を所有または管理していますか? 貴施設を無料でご登録いただくと、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新などが可能になり、活用の幅がぐんと広がります。

貴施設を登録する
掲載内容を修正する

レストランの詳細

評価
  • 食事
    バブル評価 5 段階中 4.5
    サービス
    バブル評価 5 段階中 3.5
  • 価格
    バブル評価 5 段階中 4.5
    雰囲気
    バブル評価 5 段階中 3.5
料理のジャンル
中国料理, インド料理, ファストフード, アジア料理, インドネシア料理, 台湾料理, シンガポール料理, マレーシア料理, ベジタリアン料理あり, ヴィーガン料理あり, グルテンを含まない食事
食事の内容
ブランチ, 朝食, ランチ, ディナー, 深夜
レストランの特長
テイクアウト, テラス席, 座席, 車椅子対応, アルコールメニューあり
おすすめ
お子様, 大人数グループ, 安い食事, お子様連れ, 郷土料理
営業時間
日曜日
午前 8:00 - 午後 10:00
月曜日
午前 8:00 - 午後 10:00
火曜日
午前 8:00 - 午後 10:00
水曜日
午前 8:00 - 午後 10:00
木曜日
午前 8:00 - 午後 10:00
金曜日
午前 8:00 - 午後 10:00
土曜日
午前 8:00 - 午後 10:00
所在地および連絡先情報
  • 住所: 1 Kadayanallur Street, Singapore 069184, Singapore
  • 場所: アジア  >  シンガポール  >  シンガポール>  > チャイナタウン
  • エリア: チャイナタウン
  • 電話番号: +65 9790 2826

Q & A

以下は、以前の訪問者が尋ねた内容で、マックスウェル フードセンターの代表者および他の訪問者からの回答もあります。
8 件の質問
質問する
不明点がある場合は、 マックスウェル フードセンター のスタッフおよび過去の訪問者に尋ねてみましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • グルテンを含まないお食事オプションはありますか?
  • ドレス コードはありますか?
  • 屋外のテラスに犬を連れていくことは可能ですか?

チャイナタウンでの宿泊

周辺地域のプロフィール
チャイナタウン
色とりどりの街並み、魅惑的な香り、ときおり耳に入るびっくりするような音。チャイナタウンでは、典型的な組み合わせです。もっとも、この地区に特有なのは、宗教と文化が混在していること。ヒンズー教の寺院、イスラム教のモスク、中国仏教の寺院が、隣り合うように建っています。この異文化の調和は、チャイナタウンから外へ出て、クラブ ストリートやダクストン ヒルといったナイトライフを楽しむ地区に思い切って足を踏み入れても変わることはありません。賑やかな通りを彩るモダンなバーやレストランでは、さまざまな文化的背景を持つシンガポールの住民と触れ合えるはず。チャイナタウンやその近くで午後を過ごせば、文化から刺激を受け、お腹も満たされ、両手はお土産でいっぱいになっていることでしょう。日が暮れたら、カクテルを片手に 1 日の疲れを癒すのはいかが?現地の人も遊びに繰り出してくるはず。
この周辺地域をチェックする