推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
周辺地域
周辺地域
行き方を確認
30 Merchant Road, #2-30-31 | Riverside Point, Singapore, Singapore
6565330166
サイト
掲載内容を修正する
お客様がお食事に行く時間の目安として、CFJ Seafood Classicの営業時間を追加してください。
+ 営業時間を追加
ダイニングオプション: ディナー, 座席, ウェイター / ウェイトレス

トリップアドバイザー 口コミ投稿者のおすすめ

19 件の口コミをすべて表示する
訪問者の評価
  • 4
    とても良い
  • 5
    良い
  • 4
    普通
  • 3
    悪い
  • 3
    とても悪い
評価
  • 食事
    3.5 / 5
    サービス
    3.5 / 5
  • 価格
    2.5 / 5
    雰囲気
    3.5 / 5
巨大なチリクラブが食べられるレストラン!

クラークキーでチリクラブ(ノコギリガザミというカニのチリソース風味)と言えばJUMBOですが、その2階にあるレストランがCFJです。リバーサイドでエアコンの効いた室内で快適に食べられます。JUMBOにもよく行きますが、CFJのカニはデカイ! 肝心の味付けもJUMBOに劣らず素晴らしい。少々高いですが、おいしくいただきました!カニ料理以外もあります。

4 / 52015/11/21に投稿しました
DIVERIKE
,
グルガーオン, インド
写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティーに寄せられた 19 件の口コミ

日付 | 評価
  • 英語から
  • 日本語から
  • どれでも
  • 最近の投稿を日本語から
日本語から
グルガーオン, インド
レベル の貢献メンバー
160件の口コミ
レストランについての 49 件の口コミ
common_n_restaurant_reviews_1bd8 13人が「役に立った」と評価
4 / 5 2015/11/21に投稿しました

クラークキーでチリクラブ(ノコギリガザミというカニのチリソース風味)と言えばJUMBOですが、その2階にあるレストランがCFJです。リバーサイドでエアコンの効いた室内で快適に食べられます。JUMBOにもよく行きますが、CFJのカニはデカイ! 肝心の味付けもJUMBOに劣らず素晴らしい。少々高いですが、おいしくいただきました!カニ料理以外もあります。

役に立ちましたか?
ありがとう、DIVERIKE

CFJ Seafood Classicを見た人は、こんなところも見ています

 

CFJ Seafood Classicに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA Arrow
口コミを書く 写真・動画を追加する

これは貴施設のトリップアドバイザー掲載ページですか?

この施設を所有または管理していますか? 貴施設を無料でご登録いただくと、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新などが可能になり、活用の幅がぐんと広がります。

貴施設を登録する
掲載内容を修正する

レストランの詳細

所在地および連絡先情報

  • 住所: 30 Merchant Road, #2-30-31 | Riverside Point, Singapore, Singapore
  • 場所: アジア  >  シンガポール  >  シンガポール>  > The Quays
  • エリア: The Quays
  • 電話番号: 6565330166

価格および料理

  • 食事: 中華, アジア料理, シーフード

概要

Q & A

不明点がある場合は、 CFJ Seafood Classic のスタッフおよび過去の訪問者に尋ねてみましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • グルテンを含まないお食事オプションはありますか?
  • ドレス コードはありますか?
  • 屋外のテラスに犬を連れていくことは可能ですか?

The Quaysでの宿泊

周辺地域のプロフィール
The Quays
マリーナ ベイからシンガポール川に沿って歩くと、それぞれに雰囲気のまったく異なる 3 つのキー (埠頭) が続きます。ボート キーの特徴は史跡と活気に満ちるリバーフロント。クラーク キーはパーティを楽しむ大勢の人で賑わいます。一方、ロバートソン キーはのんびり散策するのに最適。週末のロバートソン キーとマーティン ロードの川岸は、ジョギングする人、犬を散歩させる人、ブランチを取りながらコーヒーを味わう人、ハンバーガーやビールを楽しむ人たちでいっぱいに。ここでは、シンガポール在住の外国人の生活を垣間見ることができます。お目当てがなんであれ、3 つのキーなら昼夜を問わず、楽しい時間を過ごせること請け合いです。
この周辺地域をチェックする