西成(西安から成都まで)旅客輸送専用路線が12月6日に開通

中国初の秦嶺山脈を通り抜ける旅客輸送専用路線である西(安)成(都)高速鉄道(西安-成都)が12月6日に開通する。これにより、わずか3時間半で西安から成都まで行くことができる。陝西省内の西成旅客輸送専用路線に西安北駅、阿房宮駅、戸県東駅、新場街駅、佛坪駅、洋県西駅、城固北駅、新集駅、寧強南駅、漢中駅を設置している。

西安と成都を結ぶ西成高速鉄道がまもなく開通 移動がさらに便利に西安と成都を結ぶ、営業速度時速250キロの西成高速鉄道が開通し、中国中部を東西に貫く山脈?秦嶺山脈を越える中国初の高速鉄道となった。この高速鉄道は北から南に移動する際に、関中平原、秦嶺山脈、漢中平原、巴山山脈を通り、四川盆地へと入っていく路線で、年内の開通を予定している。この高速鉄道の開通により、これまで13時間半かかっていた成都から西安までの移動時間が最短で3時間にまで短縮される。また、成都から北京の移動時間も、これまでの最短だった14時間半から7時間にまで短縮される。この高速鉄道は西安、漢中、広元、成都などの古都や多くの観光スポットを結んでいる。

注目の西成高速鉄道は12月6日に開通し。西成高速鉄道が開通した後に、初期成都から西安4時7分、年末調整で最も速い3時間27分。運賃と楽しい時も同時に発表、成都から西安の一番早いを8時45分、遅くとも午後6時26分、1等席運賃397元、2等席263元。

http://www.sctabi.com