推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

国宝に出会い――成都への日帰り旅行

東京23区, 東京都
レベル の貢献メンバー
4 件の投稿
国宝に出会い――成都への日帰り旅行

国宝に出会い――成都への日帰り旅行

パンダ、三星堆――中国での輝かしい国宝で、世間での最も濃厚な生気が満ちてい、あす。神聖な期待を持って、一人で旅に出ます。

成都北郊斧頭山にあるパンダ繁殖研究基地は今日の初めての目的地であり、午前8時に市街地から車で10キロメートル走ってこの竹が茂った桃源郷に到着しました。全体の基地はシミュレーションして造園し、敷地面積が五百六十余ムーで、パンダ及び様々な希少野生動物が生息し繁殖する生態環境を作ってあります。

私が一番最初に見たジャイアントパンダが部屋に閉じ込められていたのですので、小さい鉄扉から見えて、とても可愛く、ただし身の上の白い部分はもう黄色か灰色かになりそうで、その後やっと分かったが、ほとんど全てのパンダはそうです。前に進み続けて、レッサーパンダ別荘で何匹かのレッサーパンダを見ました。レッサーパンダの別名がアカパンダで、パンダとちっとも似ていなく、体の全体は淡褐色で、黒と白にはっきりと分かれたのではありません。

その後ジャイアントパンダ別訴に来て、ほとんどは寝っていたが、何頭かの動いていたのは全ての観光客を笑わせて、一頭のは木に登って、その間枝に歩いたがその枝が細くて柔らかく、多くの観光客は安全が心配して、皆さんが心をこもって「気をつけて、危ない」とこのジャイアントパンダに教えて、聞き取れたかどうかが知らなく、わざと演じて皆に見せたかもしれないが、揺れていた枝で、いくつかの姿勢を変換して、ゆっくりと二つの木の幹の枝へ登って、それから姿勢を調整して寝始め、囲まれた見物人を相手にしなかったです。突然、観光客が叫んた声を耳に入って、私は方角に沿って見て、あ、2頭のジャイアントパンダが喧嘩をしていて、たぶんそのパンダが木製棚のベットに寝るのをこのパンダが許せなかったかもしれない、それで地盤争いをし始め、誰も弱みを見せたがりなく、長く喧嘩をして、交互に地に倒れられたりして、登って喧嘩し続き、動作が鈍くて無邪気なのがとても可愛い。引き続き前に進んで、2頭のジャイアントパンダが竹を食べていて、そのうちの1頭のジャイアントパンダがたくさんの竹を独占して、もう1頭が遠くの所で小さいのを食べるしかないが、このやつは頭がよくて、兄貴が楽しく食べているのを狙って、こっそりと兄貴の後ろに歩いて、竹を持ち、食べ方が熟達しているようで、竹の葉ではなく、竹の幹、特に幹の下の半分が好きです。まず口で竹の皮を引き裂いて落として、歯ざわりのよいように食べて、なんと楽な生活だろう。

最後白鳥の湖のほうへ行って、何匹かの白鳥を見て、普通のガチョウよりやや大きくて、もっと威勢がいいようで、白いのがいるだけでなく、また黒いのがいており、黒いのがもっときれいに見えます。水の中の金魚は全部肥えていて、毎日餌を食べさせる観光客が多すぎるからかもしれない。その後も同じようで見た金魚は、小さいのもいなく、痩せるのもいません。毎日そんなに多く食べるのは嬉しいか嬉しくないかわかりません。

11:20頃に歴史文化名城の広漢に行きました。

成都平原広漢馬牧河の南岸に、三つのぱっとしない土の山があり、土の山の下に、驚くべきな秘密を埋めている――古い文明な国が、ここに数千年もの寝っていました。発掘された後、全世界を驚かしました。それは古蜀文明の発祥地――三星堆です。

三星堆へ来た人が少なくなく、静寂に包まれている庭の至るところに木犀の花の香りが漂っており、この博物館は当初掘り出したこの地で建てられたので、かなり広いです。

博物館の核心部分は総合館とブロンズ館で、この二つの館には解説があり、精華の展示品も全てこの二つの館にあります。チケット売り場に全体三星堆遺跡の地形模型があり、入ってからまずよく見て、ここをだいたい了解しください。総合館の入ったばかりのところに遺跡の全体図があります。博物館はただ遺跡の北東の隅に偏っており、全体の遺跡は当年の古蜀国の首都で、周りの古城壁は既に確認され、特に東、南、西の三面は、突き固めた土層ははっきりと見えます。

ここの国宝を話しましょう。特に三星堆にある陶、玉、ブロンズはすべて宝で、いわゆる国宝は代表性のあるものに過ぎないです。ここに盗まれたことがありません。1929年に燕という家族が春耕する時何気なく玉の工芸品をひと山発見して、三星堆に宝があることはこれから伝わられていました。82,84年の二回の重大発見は全世界を驚かし、数千件の文物は古蜀の存在と成果を証明しました。初めて見たのはこのブロンズの樹で、盗墓筆記(墓盗掘ノート)の忠実ファンとして、中の秦嶺ブロンズ樹の霊感はここから得るかもしれません。総合館の大トリの役割を果たすのは三本の完全なブロンズの樹で、真ん中のは世界で一番古くて、一番高い神樹で、高さ3.84メートル、合わせて9本の分枝があり、各分枝に神鳥が立っており、鳥は太陽の化身として、中原神話の中の後羿九つの太陽の射落という神話に一致しています。木の幹に龍が1頭あり、龍の頭を伏せて、龍の体に鋭利な刃が生えており、とても奇特な設計構想です。

世界で一番古い金杖も同様に三星堆にあり、長さ1.42メートル、直径2.3センチ、もちろん全体は金ではなく、3000余年前はこんなに贅沢ではありません。この金杖は槌で叩かれておいた金箔で木杖を包んで、木杖はとっくに炭化して、一端に人、魚、鳥等模様が刻まれています。当年の皇帝がこの金色に輝いた金杖を持って、なんと権威があるだろう。

ブロンズの仮面は三星堆のイメージ代表者で、解説者はその場でこの文物を形容している時しか「世界級」をという言葉を使わなく、また三星堆の鎮館の宝、ないし中国の鎮国の宝でもあり、世界でのブロンズの像の王と呼ばれる東方巨人——ブロンズの大立人像です。全体の高さ2.62メートル、人像の高さ1.72メート、総重量180キロメートルで、世界に現存しているブロンズの人像の中で一番完全で、一番大きいブロンズの人像です。サイズの他、この立っている人像の最も大きい謎はその手に握っている造型です。出土した時は空だったので、この人像の手の中にものを持ったかどうかは誰も知りません。

終わり:仕事に追われ、ぜいたくで享楽的な娯楽は都市人の生活全体を構成し、時間を割って旅に出て、万年が経過したジャイアントパンダを見て、その無邪気で原始の清潔さを感じて、そして負担を下ろして、千年前の豊かな文化を了解して、心は徐々に開いて、生気に満ちる文明の間に栄養を得ました。

1. Re: 国宝に出会い――成都への日帰り旅行

-:- トリップアドバイザーのスタッフより -:-

こちらのトピックはしばらくの間投稿が無かったため、新規投稿の受け付けを終了しました。よろしければ、現在受け付け中の他トピックに参加していただくか新しいトピックを作成していただきますようお願いいたします。

「旅の掲示板」の利用規約はこちらをご覧ください : http://www.tripadvisor.jp/pages/forums_posting_guidelines.html

利用規約に抵触する投稿は削除します。トリップアドバイザーは、任意の理由でいつでも、どの投稿でも削除する権利を有しています。

削除した日: 2017/11/05午前 12:16