推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

“最低の対応です。”
ヴァージン オーストラリアの口コミ


口コミを投稿:2017/11/24 モバイル経由

パースからダーウィン行きのエコノミーのチケットを購入したのですが、5日ほど前に、理由もよくわからないまま、一方的に欠航にされました。翌日の夜発、翌朝着になら振り替えられると言われたのですが、予定の2日後着など到底受け入れられるわけもなく、断ったところ、キャンセルになるからお金はいっさい返金出来ないと言われました。他の便への振り替えなどいっさい対応してくれず、最低の対応です。ほとんど詐欺と同じではないかとおもいます。この会社は何か遇ったてもなにもしてくれないので注意が必要です。

    • 顧客サービス (例: 態度、気遣い、サポート力)
    • コスト パフォーマンス
1  役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
口コミを書く
口コミ (5,776)
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語

口コミ 5,776 件中 37

口コミを投稿:2017/09/13 モバイル経由

この会社はLCCという括りらしいのですが、ブリスベンからパースへのビジネスクラスのフライトはLCCではなくむしろFull Service Carrierとなんら変わりないものでした。
ビジネスクラス専用のチェックインカウンターもあるし、専用のセキュリティーレーンもあります。もちろんラウンジもあるし、優先搭乗もあります。普通ビジネスクラスに搭乗する時にあるものは全部あったし、そのレベルも低くありません。全く満足です。
ラウンジは「大自然と広い空」というオーストラリアのイメージは全く感じない(笑)スタイリッシュな作りで、バリスタはオシャレです。(笑)本家Virginの艶っぽい感じを周到していてパープルな感じ。
搭乗機材はB737-800。約6時間のフライトにしては小さいですが、カンタスも同じ機材だったし、国内線だとこのくらいの大きさでちょうどいいのかもしれません。
シートピッチは欧米の国内線ビジネスクラスにありがちな38インチで横2列。可もなく不可もなくと言った感じです。日本発の近距離国際線でも同じようなレイアウトなので仕方ないのかも。ただ6時間飛んでいるとなると東京からベトナムくらいの距離なんだし、もうちょっと快適な造りにしてくれても良かったのになぁ、とも思います。
食事はランチ時。3コースメニューです。
サラダかスープ、パスタかタイカレー、チーズプレートかパンナコッタの中からひとつづつ選びます。この機材のビジネスクラスは8席しかないのですが、メインとデザート共に希望ものがなく、「残り物」になりました。味は良かったので文句は全くありませんが、おそらくカツカツの数しか積んでいないのがLCCと呼ばれる所以かも。ただ乗務員に対応がとてもよく不満みたいなものは全くありません。とりあえず美味しいものを食べられてお腹が膨らめば文句は出ないのです。
食事と頂くオーストラリアワインも食後のバリスタコーヒーも美味しかったし。
機内エンターテイメントは最近流行りの自分のデバイス(=iPhoneとかiPad )とかを使って機内のWi-Fiにアクセスするシステムでした。これは人によって評価が分かれる所ですが、全く不便とか不快ではありませんでした。飛行機はその重さによって着陸料を払うそうなので、各座席からテレビモニターを取り除き、機体を軽くし、それが着陸料の軽減に繋がり、それがさらに航空券に値段に反映してくれるなら大歓迎だと個人的には思います。ビジネスクラスの旅客には無料でこのデバイスを貸してくれます。機内Wi-Fiに繋いで飛行機が今どこを飛んでいるか、までわかっちゃうのはすごいな、と感心したりして。
今回自分はビジネスクラスに乗りましたが、最初からそう決めていたわけではなく、「6時間も乗るんだから値段によっては考えてもいいかな」ぐらいに思っていました。搭乗予定日一か月くらい前に見た時にはAUD999で、即決はできなくてそのまま放置してました。予定日1週間前に見たら、AUD2000になっていて、もうこれはお話にならないのでエコノミーの航空券を買い、別料金(AUD50強)を払って機体前方にあるEconomy Xという席にしました。(この段階での料金は税金など様々なものを入れて全部で約AUD380)
航空券が発券されると同時に「ビジネスクラスに空きがあったらこれを追加料金を払ってアップグレードしませんか?的なメッセージが来ます。そのサイトを入ってみて、いくら追加すればいいんだろう?と思って見てみたところ、その時にはAUD499でした。確かにAUD2000と比べるたら格安ではあるもののなかなか微妙な金額です。その時にはスルーしました。搭乗日の2日前からWebでチェックインができるのですが、その時再度確認したらAUD400+税金まで下がっていました。そこで購入を決めたわけです。もし値段によってはビジネスクラスを考えている方がいらっしゃったらまずエコノミーを買い、後から追加料金でビジネスクラスへアップグレードというのもありかも知れません。

    • 座席の快適さ
    • 顧客サービス (例: 態度、気遣い、サポート力)
    • 足元スペース
    • 機内のエンターテインメント (WiFi、テレビ、映画)
    • コスト パフォーマンス
役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
口コミを投稿:2017/07/22

ANAへの乗り継ぎでオーストラリア国内線を利用しました。
ブリスベンでのチェックイン、荷物預けはスムーズでスタッフの対応も親切でした。
カウンターでいただくシドニーでの国際線乗り継ぎ案内書には一度荷物をピックアップするように記載がありますが、ANAへの乗り継ぎの際はピックアップ不要なので、専用の乗り継ぎゲートへ向かうように説明がありました。
機材はB737-800でエコノミーのシートピッチは少し狭め、ドリンク等のサービスはなし。基本的にはLCCに分類されるエアラインなので機内サービスは標準的でしょうか。
シドニーでは説明のあったとおり、乗り継ぎ専用の46ゲートへ向かいました。ゲートには案内スタッフがいましたが、他に乗客と思しき人がいなくて少し不安に。でもしばらくすると専用のバスが来て国際線ターミナルへ。

ANAからの通しのチケットだったのでこの部分の金額がどのくらいかわかりませんが、LCCとしてはサービスは良い方なのではないでしょうか。

あとはANAのマイル加算が出来、上級会員へのラウンジ利用が可能となれば言うことはないのですが。まあ、この辺はANAさんの努力なのでしょうが。

    • 座席の快適さ
    • 顧客サービス (例: 態度、気遣い、サポート力)
    • 清潔感
    • お食事
    • 足元スペース
    • 機内のエンターテインメント (WiFi、テレビ、映画)
    • コスト パフォーマンス
    • チェックインおよび搭乗 (例: ゲートでの効率やサービス)
1  役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
口コミを投稿:2017/05/16

ホバートからシドニーへの便で利用。シドニー乗継時間が2時間半だったが、同機はオンタイムで運行。預入荷物の受渡しも早く、安心して利用できた。2時間弱のフライト中、ノンアルコール飲料とスナックのサービスは料金込。利用しなかったが音楽のサービスもある。

    • 座席の快適さ
    • 顧客サービス (例: 態度、気遣い、サポート力)
    • 清潔感
    • 足元スペース
    • 機内のエンターテインメント (WiFi、テレビ、映画)
    • コスト パフォーマンス
    • チェックインおよび搭乗 (例: ゲートでの効率やサービス)
役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
口コミを投稿:2017/05/10 モバイル経由

ケアンズからブリスベンに移動する際、カンタス、Jet Starに適当な運賃の便がなく、そこでヴァージンを選びました。座席のピッチもLCCほど狭いという感覚はなく、飲み物とお菓子がサービス。勿論、荷物の制限などはうるさかったものの、これはフルサービスキャリアでも同様。CAもニコニコしていたし、豪州国内線の移動ならまた選ぶかと思いました。

    • 座席の快適さ
    • 顧客サービス (例: 態度、気遣い、サポート力)
    • 足元スペース
    • 機内のエンターテインメント (WiFi、テレビ、映画)
    • コスト パフォーマンス
役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。