推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 9:00 - 17:00
保存
口コミのハイライト
旧敦賀港駅舎を模しています。

シベリア鉄道経由でヨーロッパ諸国と繋がる欧亜国際連絡列車の発着駅として賑わった時代の敦賀港駅駅舎を再現しています。㎜あた、賀の鉄道に関する歴史を物語る各種資料類が展示されていますので、鉄道ファンは全体... 続きを読む

2020年8月25日に投稿しました
Journey803228
,
一宮市, 愛知県
旧敦賀港駅舎

明治時代、東京発敦賀経由ウラジオストクからシベリア鉄道で欧州に行けた時の場所です。現在は敦賀からはフェリーで北海道へ行けるみたいです。当時の敦賀は相当栄えていたのでしょう。

2020年2月29日に投稿しました
Travel816084380
,
富山県
60 件すべての口コミを読む
  
口コミ (60)
レビューを絞り込む
60件
評価
9
37
13
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
評価
9
37
13
1
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 60 件中 16
2020年8月25日に投稿しました

シベリア鉄道経由でヨーロッパ諸国と繋がる欧亜国際連絡列車の発着駅として賑わった時代の敦賀港駅駅舎を再現しています。㎜あた、賀の鉄道に関する歴史を物語る各種資料類が展示されていますので、鉄道ファンは全体広場から立ち寄って下さい。

訪問時期:2020年8月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年7月2日に投稿しました

6月19日に敦賀市と長浜市と南越前町の3市町にまたがる旧北陸線が日本遺産に認定されました。「海を越えた鉄道~世界につながる 鉄路のキセキ~」というものです。明治45年に欧亜国際連絡線が開通したことから、このストーリーが組み立てられたのでしょう。この欧亜国際連絡線の詳しいことは敦賀鉄道資料館の展示を見て分かりました。すばらしい歴史があるんですね。

訪問時期:2020年7月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年2月29日に投稿しました

明治時代、東京発敦賀経由ウラジオストクからシベリア鉄道で欧州に行けた時の場所です。現在は敦賀からはフェリーで北海道へ行けるみたいです。当時の敦賀は相当栄えていたのでしょう。

訪問時期:2020年2月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年2月12日に投稿しました

福井県敦賀市の敦賀港にあった駅舎跡。
かつてここはシベリア鉄道経由でヨーロッパ諸国と繋がる「欧亜国際連絡列車」の発着駅として使われていた場所で、日本初の鉄道となる4路線の一つとして日本海側で最初に鉄道が走った場所でもあります。

1899年(明治32年)に開港場に指定され、新橋(東京)から金ケ崎(敦賀)間を直通列車が走り、敦賀港から連絡船でロシア帝国のウラジオストクとの間に定期船が開かれ、そこからシベリア鉄道でヨーロッパのパリに向かったわけですね。

現在ここは敦賀の鉄道・敦賀港に関する資料館になっていて館内は見学自由でした。

訪問時期:2019年10月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年1月21日に投稿しました

今は関西方面から特急列車や新快速で直通している敦賀ですが、国鉄時代は鉄道の難所を越えてやっと敦賀まで通じていた頃を知っています。当時の色々な資料が展示されてして、とても興味がある資料館でした。旧敦賀港駅の駅舎の資料館もとてもレトロな感じでとても懐かしい気持ちで見学してきました。

訪問時期:2019年12月
3  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る