推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
保存
口コミのハイライト
庭も綺麗

 呉服商で財をなした岡部家のもてなすためのスペースのようです。織物会館の後ろにあります。広々とした部屋にはいろいろな説明書きが置いてありました。  ボランティアのかたの説明が聞けるとより理解が深まるよ... 続きを読む

2019年6月10日に投稿しました
tanu_ahilu
,
日本
モバイル経由
明治の素晴らしい建築

江戸期から続く呉服商だった二代目岡部久四郎が、全盛期の明治中期に贅を凝らして迎賓館的に建てた別荘だそうです。すべての部屋(2階に至るまで)に本床間が配置されています。生活感皆無の施設で、約千坪の敷地を... 続きを読む

2019年5月1日に投稿しました
ikkin592619
,
常陸太田市, 茨城県
4 件すべての口コミを読む
  
口コミ (4)
レビューを絞り込む
4件
評価
0
4
0
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
評価
0
4
0
0
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
2019年6月10日に投稿しました モバイル経由

 呉服商で財をなした岡部家のもてなすためのスペースのようです。織物会館の後ろにあります。広々とした部屋にはいろいろな説明書きが置いてありました。
 ボランティアのかたの説明が聞けるとより理解が深まるようです。

訪問時期:2019年6月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年5月1日に投稿しました

江戸期から続く呉服商だった二代目岡部久四郎が、全盛期の明治中期に贅を凝らして迎賓館的に建てた別荘だそうです。すべての部屋(2階に至るまで)に本床間が配置されています。生活感皆無の施設で、約千坪の敷地を地元産の磯山石(今は採掘されていない)で取り囲み、周りに池泉回遊式の庭園が広がる開口部全面ガラス窓の建物は圧巻です。安価な海外産木綿におされ岡部呉服店は倒産したとのことですが建物は、金鈴壮という高級料亭でしばらく存続したそうです。

訪問時期:2019年5月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年11月20日に投稿しました

真岡駅から徒歩15分、北真岡駅からは徒歩10分。入館無料。ボランティアの方が解説をしてくれる。

この建物は、明治時代に岡部呉服店の二代目が別荘として建てたもの。豪商と言っていいのであろう、室内には貴重・高級な木材が多用されており、襖には金箔が貼られた上に襖絵が描かれている。廊下の梁には長い杉の丸太が使用されており、その梁と天井板には柿渋が塗られて現在も赤味が残っている。2階には板張りの舞台があり、そこから畳敷きの3つの間が続いている。
東日本大震災後に耐震性を高めるための格子状の柱が室内に追加されているが、建物自体は大きな被害を受けなかったようで、当時のゆがみのある窓ガラスも残っている。

訪問時期:2018年11月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。