推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
保存
口コミのハイライト
朝倉は朝闇が転じたものです

斉明天皇が亡くなられた地と言われています。 斉明天皇の息子が中大兄皇子、後の天智天皇です 亡くなられた斉明天皇の為に建立されたのが太宰府市の観世音寺と言われています。 この地は、太宰府と同じように東に... 続きを読む

2019年11月6日に投稿しました
Stay807606
,
筑紫野市, 福岡県
モバイル経由
朝倉の名称のもとになったと言われている場所です。

東側に山があり、朝が暗い場所に朝闇神社があります。 その名前が変化して「あさくら」になったと言われている場所です。 歴史を感じさせるすごくいい雰囲気の場所です。

2018年7月10日に投稿しました
Stay807606
,
筑紫野市, 福岡県
4 件すべての口コミを読む
  
口コミ (4)
レビューを絞り込む
4件
評価
3
1
0
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
評価
3
1
0
0
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
2019年11月6日に投稿しました モバイル経由

斉明天皇が亡くなられた地と言われています。
斉明天皇の息子が中大兄皇子、後の天智天皇です
亡くなられた斉明天皇の為に建立されたのが太宰府市の観世音寺と言われています。
この地は、太宰府と同じように東に山があり、もしかすると、風水的に同じなのかもしれません。
地元の古老のお話では、朝闇(ちょうあん)神社は、東に山があり、朝暗いことから名付けられたそうで、これが転じて朝が暗い、朝暗い、朝倉になったそうです。
朝倉の始まりの場所ですね。
原鶴温泉の方に少し行くと、恵蘇神社や山田堰があります。恵蘇神社の上には、斉明天皇のご遺体を仮に埋葬したという場所もあります。
古今和歌集の朝倉や木の丸殿に我おれば 名乗りをしつつ行くは誰がこぞ の歌が読まれた場所と言われています。
観世音寺に息子と参拝した作家の夢野久作は、息子に痩せた大黒様を見せて、この姿が本来の天皇の姿だ、民の安寧を願い苦悩されている。
木の丸(粗末な御所)に住まわれて、民の子が挨拶できる場所におられたのが本来の天皇だと説明しています。

訪問時期:2019年10月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年7月31日に投稿しました

かなり歴史を感じられる場所です
にぎやかというよりひっそりという感じでしょうか
独特な空気が流れている感じがしました。

訪問時期:2018年4月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年7月10日に投稿しました

東側に山があり、朝が暗い場所に朝闇神社があります。
その名前が変化して「あさくら」になったと言われている場所です。
歴史を感じさせるすごくいい雰囲気の場所です。

訪問時期:2018年7月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。