推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
質素な佇まいながら凛とした気が

2月12日に参拝 大和小泉駅から駅前のタクシー利用して2メーター 帰りは歩いて駅まで約20分 トリップアドバイザーの評価がいいので急遽行きたくなりました 豊臣秀吉の旗本だった片桐且元の甥、片桐石見守... 続きを読む

2021年2月12日に投稿しました
ossan0620
,
豊中市, 大阪府
モバイル経由
庭を眺めながら一服

バスツアーで訪れ、住職のお話を聞きながら、お抹茶とおかしをいただきました。お茶の作法など、形にこだわりことなく、ゆったりとご自分のよいように楽しんでくださいとおっしゃっていました。先代の住職もいらっし... 続きを読む

2020年1月14日に投稿しました
HirokoS236
33 件すべての口コミを読む
  
口コミ (33)
レビューを絞り込む
33件
評価
21
9
3
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
評価
21
9
3
0
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 33 件中 16
2021年2月12日に投稿しました モバイル経由

2月12日に参拝
大和小泉駅から駅前のタクシー利用して2メーター
帰りは歩いて駅まで約20分
トリップアドバイザーの評価がいいので急遽行きたくなりました

豊臣秀吉の旗本だった片桐且元の甥、片桐石見守貞昌が設計監督した臨済宗寺院
貞昌は茶の湯の名人だった
2箇所ある茶室等が重要文化財登録
全体が史跡に登録されている

拝観料1000円と高い気がするけど、お抹茶と干菓子を庭に面した方丈でいただける
京都とは違った渋味のある気に満ちた寺でした。

訪問時期:2021年2月
35  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年1月14日に投稿しました

バスツアーで訪れ、住職のお話を聞きながら、お抹茶とおかしをいただきました。お茶の作法など、形にこだわりことなく、ゆったりとご自分のよいように楽しんでくださいとおっしゃっていました。先代の住職もいらっしゃって、あれこれ説明してくださったり、お話ししてくださったり。お庭に降りて好きなように散策もさせていただきました。よい体験をしました。

訪問時期:2019年11月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年1月14日に投稿しました

こちらは 大和三名園(他の2ケ所;竹林院、当麻寺中之坊庭園)の一ケ所になっており 庭園の美しさで有名ですが 1月1~3日限定で 本堂天井の《墨絵の龍》を鑑賞出来、《鳴き龍》を体感出来ることをご存知でしょうか。 又 1月1~3日に参拝すると 良いこととして 通常は本堂内に入れませんが 1月1~3日限定で 本堂内に入れますので 《釈迦如来》坐像の顔が鮮明に鑑賞出来、 その顔立ちの良さにほれぼれします(添付 写真参照、通常は 本堂 外からの鑑賞なので 顔立ちが良くわからないのではないでしょうか)。 更に 本堂内の釘隠しのデザインも 現代風で見逃させませんし、 禅寺によくある《魚板》も 本堂・左手にありますが 非常に珍しいデザインとなっておりますので 見逃さないことお薦めします(添付 写真参照)。なお こちらの拝観料;抹茶付1000円となっているのは(抹茶を楽しむ 書院は 茶室と同じく 国指定重要文化財になっています) 単に庭園を目で味わうだけではないとのことでした(興味あれば こちらを訪問し 説明をお聞きすると納得されると思います)。 とにかく こちらには《庭園》の美しさ以外の魅力、一例として 手水鉢など 繁々見ていると 思わぬ美に触れることが出来ますので 境内を2巡されることをお薦めします。  

訪問時期:2020年1月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年6月20日に投稿しました モバイル経由

昼少し前に訪問。他の来館者はなく、我々だけの参拝。庭園を眺めて抹茶を頂いた。静寂の中、大変素晴らしい時間だった。ランチとして素麺も頂いたがこちらも大変美味しかった。帰る頃に団体客が入って来たので、タイミングによっては印象が変わるだろうと思う。

訪問時期:2018年11月
2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年3月18日に投稿しました

 3月の中旬といえど気温が10度以下の日に団体で訪れた。お抹茶付きの拝観料が1000円、そば定食(にゅうめんとおかず5点ほど)が1000円で、土曜日ということもあるのか、拝観だけの団体が2つ、食事つきの団体が1つ、我々以外にいた。とても盛況である。
 まず、食事をする場合は和室にストーブが入っているのでなんとか温まれるが、その後の抹茶は庭園を見乍らなので風がふきすさぶなか、和尚様のお話を聞きつついただくという趣向なので寒さが身に染みる。できれば後で食事できるようにしたい。
 庭は確かに趣があり、石がない庭で興味深い。茶室・本殿も古く、創立当初のオリジナルがすべて残っている。また、写真撮影が可能である。和尚様はお願いすればどんどんお話しくださる。
 大和郡山では一番の観光場所といえるかもしれない。できれば季節のいい時に訪れることをお勧めする。

訪問時期:2019年3月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る