推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 9:00 - 17:00
保存
口コミのハイライト
零戦のみ撮影可能

以前知覧に行った折に零戦が展示されているのに違和感を感じた。やはり疾風であろうか。今回鹿児島に行く機会があって、同じく陸軍の南さつま市万世特攻祈念館へ行こうかと思ったら改装中であった。 これも何かの導... 続きを読む

2020年11月15日に投稿しました
Departure809482
モバイル経由
久しぶりに来ましたがコロナで

ここは無料です。 色んな戦闘機や救助のヘリなど展示してあります 戦争の遺品なども展示してあり若い特攻隊が散って行った手紙なども展示してあります。 戦争の悲しみが改めて感じる所でもあります。 コロナで1... 続きを読む

2020年11月4日に投稿しました
HarumiI22
,
大阪府
モバイル経由
124 件すべての口コミを読む
  
口コミ (124)
レビューを絞り込む
124件
評価
69
41
13
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
評価
69
41
13
1
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 124 件中 16
2020年11月15日に投稿しました モバイル経由

以前知覧に行った折に零戦が展示されているのに違和感を感じた。やはり疾風であろうか。今回鹿児島に行く機会があって、同じく陸軍の南さつま市万世特攻祈念館へ行こうかと思ったら改装中であった。
これも何かの導きかと、今回は気になっていた海軍を訪ねることにした。

鹿屋908柱、串良363柱、宮崎385柱の海軍特攻隊員慰霊が各地でまつられている。JR宮崎空港駅を出たばかりの宮崎空港のフェンスが途切れたところにあるのが宮崎特攻基地慰霊碑であった。

ここは自衛隊基地の一角にあって、知覧と同じように遺影や遺書も展示されている。全体が慰霊碑のようなものなので、撮影は零戦のみ許されている。

訪問時期:2020年11月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年11月4日に投稿しました モバイル経由

ここは無料です。
色んな戦闘機や救助のヘリなど展示してあります
戦争の遺品なども展示してあり若い特攻隊が散って行った手紙なども展示してあります。
戦争の悲しみが改めて感じる所でもあります。
コロナで1日4回30分の休憩があるのでお気をつけください。展示品やガラスケースなども触れる事ができなぬなってます。

訪問時期:2020年11月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年4月23日に投稿しました モバイル経由

鹿屋に来たなら、ここは外してはいけません。なんとなく知ってる神風特攻隊の凄まじい歴史を、また戦争の深い歴史を伝えるとても有意義な資料館でした。

訪問時期:2019年12月
3  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年3月21日に投稿しました

父親が以前から興味があるとのことで家族で行きました。外には色んなタイプの飛行機が展示されており、館内では戦争に関する展示と現在の海上自衛隊の活動や機械の展示が見られます。戦争に関する展示の所では、戦争経験者である祖母が、こういう格好をしていた、そうだった、ああだった、と父親と話しているのを聞いて、戦争の記憶は辛いけれども後世にしっかり残していかなければいけないなと思いました。零戦の展示は凄い迫力で、コックピットの中も見ることが出来ます。特攻隊の展示では見るのが辛くなり涙が出てきたのでしっかり見ることが出来なかったのですが、改めてこんな事を二度と起こさないようにしなければいけないと考えさせられます。

訪問時期:2020年1月
2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年3月5日に投稿しました

鹿屋に行ったら、必ず訪問したいのが、この資料館です。特攻は、負の歴史ではありますが、だからこそ、その事実をしっかりと受け止めなければならないと思います。

訪問時期:2020年2月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る