推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 9:00 - 17:00
保存する
口コミのハイライト
お庭が綺麗

仏像を見に行ったのですがお庭がきれいで、よく手入れされていました。紅葉シーズンだったら最高だと思います。

口コミを投稿:5 日前
Curiosity826302
,
大阪市, 大阪府
秘仏吉祥天女像特別開扉や国宝・九体阿弥陀如来像

奈良駅からの奈良交通の定期観光バスで近くの岩船寺とあわせて訪れました。 駐車場から草木に囲まれた細い参道をしばらく歩くと浄瑠璃寺に着きます。 本堂にある国宝・九体阿弥陀如来像。阿弥陀如来が九体並ぶさ... 続きを読む

2018年9月6日に投稿しました
tabi-ningen
,
川崎市, 神奈川県
95 件すべての口コミを読む
  
レビューを絞り込む
95件
旅行者の評価
58
34
1
1
1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
58
34
1
1
1
旅行者の口コミを見る:
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 95 件中 2025
口コミを投稿:2017年9月28日

京都と奈良の県境、最寄駅からでもアクセスは悪い・・・
でも絶対に見るべきお寺さん。まずは三重塔(国宝)を拝観してからです。
本堂はやや上から見下ろす形でも、また降りて池越しに見ても美しいです。
特別名勝に指定されているお庭は本当に綺麗!これぞ文字通り浄土式庭園です。
本堂に安置されている9体の阿弥陀様はそれぞれ表情が違い、圧巻の一言!
三重塔に安置されている薬師如来や本堂に安置されている吉祥天女など秘仏も多く
特別公開時以外拝見できないのは残念ですが・・・それを引いても必見のお寺さん。
ちなみに9体仏が揃っているのは2017年いっぱい、修復のため数年は揃わなくなるそうなので拝観はお早めに!

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年8月29日

九体阿弥陀如来をお参りし、小さいながら美しいお庭、その向こうにある三重塔。市内からは離れているので、交通の便は悪いですが、それだけに静かな雰囲気で落ち着けるところ。仏像を見るだけで1時間以上は軽く過ぎてしまいます。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年8月6日 モバイル経由

宇治の平等院に通じる伽藍を兼ね備えた”浄瑠璃寺“。その単純な境内配置からも、極楽浄土を素朴に感じることができます。東に“薬師如来”を祀る「三重塔」、西に”九体阿弥陀如来“を祀る「本堂」を配し、その中央には満々と水を蓄えた庭園があり、この世の極楽浄土へと導いてくれています。本堂の中に横一列に並んだ九体の阿弥陀如来は、圧巻と言う他ないほど立派な仏様でした。現世の心がけや努力によって、極楽浄土への道筋にも“九つ”の段階があることを阿弥陀如来の数で示していることが判り、身を引き締めながら御祈りしました。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年7月20日

京都・奈良一泊二日ツアー旅の二日目に参拝しました。京都の最南端、奈良との県境に位置し一帯は古来より南都(奈良)の文化圏だったようです。昔ながらの土産物店や茶店が数件あるだけの鄙びた短い参道を進み、簡素ですが風格ある山門をくぐり境内に入ります。緑豊かな境内の正面に池があります。池を挟み右手(西側)に本堂、左手(東側)に三重塔があります。まず九体の阿弥陀仏が安置されている本堂・阿弥陀堂(国宝)にあがります。九体の阿弥陀仏が一列に並び、その荘厳さと迫力に思わず息をのみます。中央の阿弥陀様が一回り大きく(像高約220㎝)、左右に像高約140㎝の阿弥陀様が各々4体、合計で九体の阿弥陀様を前にお坊さんが色々お話をして下さいました。上の上(上品上生)から下の下(下品下生)まで九つの往生の段階があるという考えから九体の阿弥陀如来を祀った、今いる本堂が彼岸の西方極楽浄土、池を挟み三重塔のある側が此岸でこの世に生命を送り出す東方浄瑠璃浄土となる、東方浄土を司るのが薬師如来で三重塔に御本尊として安置されている、まず三重塔で薬師如来を拝み、振り返って彼岸の九体阿弥陀仏を拝むのが本来の正式な拝み方等々ユーモアも交え大変分かり易いお話でした。本堂では九体仏(国宝)の他、四天王の持国天、増長天、子安地蔵菩薩等の国宝、重文のお像もお見逃しなく。本堂を出て池を半周し三重塔に参拝します。国宝の美しい塔です。薬師如来は年に数回御開帳の秘仏で直接拝むことは出来ませんでした。振り返ると池の向う岸に阿弥陀堂が見えます。古の人々の阿弥陀仏・極楽浄土への信仰の深さに想いをはせます。池を中心に本堂(西方極楽浄土)と三重塔(東方浄瑠璃浄土)、荘厳な阿弥陀九体仏を始めとする仏像の宝庫、深緑の樹々豊かな庭園と控えめに咲く季節の花々(参拝時はアジサイとキキョウ)、観光地化していない静かな雰囲気等々、参拝して本当に良かったと思えるお寺です。季節を変え出来れば秘仏(吉祥天や薬師如来)御開帳時に再訪したいと思います。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年7月17日

7月下旬に訪れました。大阪市内から高速を使って1時間程度です。お寺の近くはやや道が狭く注意が必要です。お寺の前の駐車場で300円を払い、狭い道を進んでいくと小さな門があります。境内はそれほど大きくないですが、中央に池があり、東に国宝の三重塔、西に国宝で九体阿弥陀如来を安置する本堂があります。このお寺は九体寺の別名がある通り、国内で唯一の九体の阿弥陀如来が安置されています。それほど広くなく、薄暗い本堂内で九体の阿弥陀如来は神々しく、穏やかな気持ちになれます。四天王の持国天、増長天の像も迫力があります。訪問したころは、アジサイが終わり頃でしたが、青もみじが素晴らしかったです。

3  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る