推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
保存
口コミのハイライト
焼き物の原点

小鹿田焼は江戸中期に幕府直轄の天領だった日田が産地。民芸運動を唱えた柳宗悦が紹介し、広く知られるようになった。川の流れで土をつく唐臼の音、登り窯の薪が燃える音、文様を付ける飛び鉋の音、焼き物の原点を実... 続きを読む

2019年10月14日に投稿しました
my_cingle
,
東京23区, 東京都
登り窯など見所満載

人里離れた山の中に窯元の集落があり、川の水を動力にしているのが何とも面白かったです。 無料の陶芸館が台風のせいで休館だったので見られず残念でした。 小鹿田焼を「おんたやき」とはなかなか読めないですね... 続きを読む

2019年8月14日に投稿しました
fuminori2012
,
広島市, 広島県
モバイル経由
67 件すべての口コミを読む
  
レビューを絞り込む
67件
評価
34
20
10
3
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
評価
34
20
10
3
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 67 件中 16
2019年10月14日に投稿しました

小鹿田焼は江戸中期に幕府直轄の天領だった日田が産地。民芸運動を唱えた柳宗悦が紹介し、広く知られるようになった。川の流れで土をつく唐臼の音、登り窯の薪が燃える音、文様を付ける飛び鉋の音、焼き物の原点を実感できる

訪問時期:2019年10月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年8月14日に投稿しました モバイル経由

人里離れた山の中に窯元の集落があり、川の水を動力にしているのが何とも面白かったです。

無料の陶芸館が台風のせいで休館だったので見られず残念でした。
小鹿田焼を「おんたやき」とはなかなか読めないですね。
ここに辿り着くまでの道は土嚢などが川に積み上げられていて災害の痕跡が残っていて大変だったのだと思いました。

訪問時期:2019年8月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年5月4日に投稿しました

素晴らしい景色の環境が、小鹿田焼好きには堪らない場所です。この黄色い土、オーク色には深みがあり、その工程が見れるこの里は歴史保存区域にも値するほどの場所だと思います。ここを見い出した、民芸運動を起こした柳宗悦、九州の奥深い山間によく発掘したものだと改めて思いました。バーナードリーチの、資料館での作品がその取り憑かれた証です。訪れた日は雨の日でしたが又風情があり、最後に小鹿田焼のカップで頂く、里の喫茶店のコーヒーは格別な味わいでした。都会の百貨店では見れない、この里の風景と作品に出会えた旅でした。

訪問時期:2019年4月
2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年1月5日に投稿しました

日田から車で30分ほどの場所にあります。窯ごとに違った焼き物を置いています。小皿を買いましたが、陶器市には出ていないような素敵なお皿です。

訪問時期:2018年11月
3  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年11月12日に投稿しました モバイル経由

小鹿田焼きの里に向かうまでの途中に山の崩れだ跡が見られたりしてまだ痛々しかったですが、迂回道路も整備されつつあって、安全に行く事が出来ました。途中偶然気がついたのですが、最初からナビに入れて行くと、とても険しい道に誘導されかかりました、ナビに入れて行かれる方は是非お気をつけ下さい。小鹿田焼き陶芸館もありますいろいろ説明がされてあり作品も見る事が出来ます是非立ち寄られると良いと思います。出来れば焼き上がりの時期を調べて行かれるとよりお気に入りの陶器が手に入れられると思います。

訪問時期:2018年9月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る