推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
オンライン予約
トリップアドバイザーでの予約をおすすめする理由
  • ツアーの見どころ & 全行程
  • オンラインで簡単に予約
  • お得な料金をご案内
詳細について
  
レビューを絞り込む
56件
評価
22
21
12
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
評価
22
21
12
1
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 56 件中 27
2019年12月16日に投稿しました

傳乗寺と言われる寺で、大変立派な仏像が安置されています。数々の災害にあったでしょうが良く残ったもので、みんなが協力して保存・信仰をしていたことがうかがえます。是非一見の価値ありです。

訪問時期:2019年12月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年7月29日に投稿しました

国東半島一帯にある寺院群の総称を六郷満山(ろくごうまんざん)と言うのですが、学問をするための本山、修行をするための中山、布教をするための末山の3つの群に分けられます。
その中の学問をするための本山には本寺と言われる8つの代表的な寺院があり、その中でも七堂伽藍を有する最大規模の中心的寺院が馬城山伝乗寺です。田染地区に36の寺坊を有する大寺院だったそうですが、約700年前に火災により焼失してしまい、創建について文献・資料が残らなかったので「幻の大寺」とされてます。

その伝説の馬城山伝乗寺の残された堂宇のひとつとされるのがここ真木大堂です。
江戸時代に再建された旧本堂(真木大堂)と、昭和40年代に新造された収蔵庫に収められている9躯の仏像が見学できます。

県道655号沿いに広い駐車場がありました。駐車場から真木大堂は県道655号を渡ってすぐです。
ここでは拝観料が必要です。一般・高校生は300円、中学生・小学生は150円でした。開館時間は8:30~17:00です。

受付を済ますとすぐ目の前に収蔵庫があります。日本最大や国内最大級と言われるような9体の仏像が安置されてました。写真を撮ることは出来ませんが、実際に目の前で見れるのはありがたいですね。

旧本堂(真木大堂)は収納庫に隣接してました。堂内には阿・吽の2躯の木造仁王像があり、仁王像の背後の扉には皇室の御紋章があります。
約700年前にあった蒙古来襲の際に馬城山伝乗寺では長期にわたり異国降伏の大祈祷が行われ、それに対する恩賞として朝廷より菊花の紋章が下賜されたと伝えられるものです。

旧本堂の背後には馬城山伝乗寺大展望へ向かう石段があります。所要時間30分で頂上の展望が素晴らしいとの事でしたが旅行スケジュール上行けませんでした。

敷地内の奥に進むと国東半島独特の国東塔、宝筐印塔、庚申塔・石灯籠などの石造文化財も見れました。思った以上に良かったです!!

訪問時期:2019年5月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年5月12日に投稿しました

富貴寺から車で5分ほどの場所にあります。熊野磨崖仏とも近在しているので、半日かけてめぐるのがお薦めです。大堂といっても、仏像が安置されている博物館のよう。入館するとガラス越しに不動明王など見事な仏像を見物できますが、特別拝観料を支払えば、仏像を間近で拝観できます。

訪問時期:2019年5月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年5月9日に投稿しました

 豊後高田から杵築へ国東半島を縦断する際、立ち寄った。仏像等が入った近代的な建物があり、中がガラスで仕切りがある。ガラスの手前から見ると100円、ガラスの中に杯いって説明を聞きながらまじかに見ると、300円。ガラスの外からも仏像は十分見えるので、特別仏像に趣味がなければ外からで十分と思う。

訪問時期:2019年5月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年1月11日に投稿しました

重要文化財に指定された仏像をじっくりと拝観可能です。京都や奈良ではなかなかゆっくりと拝観できないと思うレベルの貴重な仏像です。皇太子殿下もお若い頃にご訪問されたことがあります。
冨貴寺・真木王堂、熊野磨崖仏と比較的近くにありますので、この3か所はセットで訪問を。余談ですがこの付近は「かかじ」地区と言われます。其れをもじってか、周辺あちこちに「かかし」が立ってます。それを見て回るのも面白いですよ。

訪問時期:2019年1月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る