推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

“井伊直弼の居住地 よく保存されている”
埋木舎の口コミ

埋木舎
口コミを投稿:2015年10月8日

大老井伊直弼が、1831年~1846年まで過ごした場所。彦根城のそばにあり、綺麗に保存されているが十四男だけに思ったほど立派な建物でもない。ドラマ「花の生涯」を思い出させる演出がしてあり、四季折々の花が美しそうだ。まだキンモクセイには早かったが、萩や彼岸花が綺麗だった。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞り込み

口コミ 23 件中 1519

口コミを投稿:2015年8月22日

若い頃の井伊直弼が暮らしていた屋敷です。外から屋内を見ることができます。解説をしっかり読むと、その頃の暮らしがわかります。舟橋聖一さんの『花の生涯』や諸田玲子さんの『奸婦にあらず』を読んでから行くのがオススメです。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2015年7月12日

彦根城からほど近くにある、井伊家第13代当主である井伊直弼が若いときに15年間過ごした家です。井伊直弼はここで文武両道を習得したと言われています。

当時のまま残る館と庭を見ると、幕末の時代に少しふれられた気がします。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2015年3月1日

埋木舎は、JR彦根駅から徒歩10分のところにある旧彦根藩主井伊家の屋敷跡です。彦根城の近くにあります。2月に彦根を散策した時に立ち寄りました。ここは、歴史の教科書にも出てくる井伊直弼(安政の大獄、桜田門外の変)ゆかりの屋敷です。井伊直弼(井伊家の十四男として生まれ)が彦根藩13代藩主になるまでの不遇の時期を過ごした屋敷です。嫡男でないと質素な屋敷で過ごすことになるのかなと思いました(直弼は藩主になりましたが)。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
他の口コミを表示する
口コミを投稿:2014年12月5日

旧彦根藩主井伊家の屋敷跡で、日本史で必ず出てくるあの有名な幕府にて大老を務め桜田門外の変で暗殺された「井伊直弼」が若いころ暮らしていた屋敷でもあります。
彦根城からすぐの場所にあるのですが、質素な屋敷でもあり、何より目立たない場所にあるので見落としてしまわないよう気をつけましょう。
歴史好きにはたまらない穴場だと思います。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。

埋木舎を見た人は、こんなところも見ています

 

埋木舎に行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を投稿する

管理者様:施設としてのコメントをいただけませんか?

この施設を所有または管理していますか?オーナーとして登録されると、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新など、活用の幅がぐんと広がります。登録は無料です。

オーナーとして登録する