推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

“埋木舎”
埋木舎の口コミ

埋木舎
口コミを投稿:2016/01/23

いろは松のわき道を入ったところにあった。井伊直弼が17歳から32歳までの15年間暮らした屋敷。茶室の澍露軒も残っていた。見学時間はさっと見ると15分くらい。

役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
口コミを書く口コミ (22)
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞り込み

口コミ 22 件中 1014

口コミを投稿:2016/01/17

生誕200年祭が終わり、休館中でした。毎年のことなのかわかりませんが2月中はお休みです。埋木舎の脇に井伊直弼の詠んだ句が岩にきざまれています。質素なものといわれていますが、門も塀も立派なものです。

役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
口コミを投稿:2015/12/21 モバイル経由

彦根城外堀にある埋木舎は、安政の大獄や日米通商友好条約で有名な、江戸幕府の大老井伊直弼が彦根藩の家督を継ぐまで過ごした屋敷で、中には入れませんが敷地内から屋敷の中を観れました。
大名の一門の屋敷としては小さい感じがしますが、当時の生活風景を再現し調度品を展示していて見やすかったです。
井伊直弼が学びを続けた事を見習う事を意識しました。

役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
口コミを投稿:2015/11/28

お城の見学の最後の場所になります。パスポートにも有る場所なのでぜひ見てください。武家の家族がどんな生活をしていたかが垣間見れます。また、若い時に直弼が埋もれたままになるか悩んだ空間です。また、お産の間があるのも一興です。庭のたたずまいも・・・。お堀端にあり、門を入ると井戸と柳が植わっています。

役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
他の口コミを表示する
口コミを投稿:2015/10/08

大老井伊直弼が、1831年~1846年まで過ごした場所。彦根城のそばにあり、綺麗に保存されているが十四男だけに思ったほど立派な建物でもない。ドラマ「花の生涯」を思い出させる演出がしてあり、四季折々の花が美しそうだ。まだキンモクセイには早かったが、萩や彼岸花が綺麗だった。

役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

埋木舎を見た人は、こんなところも見ています

 

埋木舎に行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を追加する

管理者様:施設としてのコメントをいただけませんか?

この施設を所有または管理していますか?オーナーとして登録されると、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新など、活用の幅がぐんと広がります。登録は無料です。

オーナーとして登録する