推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
空気が済んでいる

縁切り寺、というとおどろおどろしいというか、怖いイメージがついて回ると思うが、ここはとても澄んだ空間でした 明るい空気の所はちゃんと循環しているので良い場所です 九星気学の師匠おすすめのこちら 特に... 続きを読む

2019年11月17日に投稿しました
ma-neko-san
,
東京23区, 東京都
モバイル経由
観光として楽しむにはいいかも

須賀神社に続いて、「陽運寺」にやって来ました。 お寺の山門の前には、花がいけられ、幟旗が派手に立てられています。まずは、山門を潜った正面に外宮福禄寿稲荷があります。その左手には本堂が、そして右手には... 続きを読む

2019年4月4日に投稿しました
Ponta999
,
横浜市, 神奈川県
34 件すべての口コミを読む
  
Google
新宿区とその周辺で人気のツアー & アクティビティ
$132.35
詳細
東洋文庫の入場券
8 件の口コミ
$7.84
詳細
口コミ (34)
レビューを絞り込む
34件
評価
5
15
14
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
評価
5
15
14
0
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 34 件中 16
2019年11月17日に投稿しました モバイル経由

縁切り寺、というとおどろおどろしいというか、怖いイメージがついて回ると思うが、ここはとても澄んだ空間でした
明るい空気の所はちゃんと循環しているので良い場所です

九星気学の師匠おすすめのこちら
特におすすめは縁切り守り
縁結び守り1000円に対して2000円という強気のお値段…
もちろん縁切り守りをいただいてきました
縁結び守りは種類がたくさんあって、水引からヒントを得たのかな?かわいらしいものもたくさんあり迷っちゃいます…

きれいにしてあって、1人でなければもう少し長居したかったな
また行きます

ご利益ありますように

訪問時期:2019年11月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年7月24日に投稿しました

山門の前に、壺に生けた梅の花がありました。心の緊張がふっとほぐれるような光景でした。来て良かったと思えるお寺です。

訪問時期:2019年3月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年4月4日に投稿しました

須賀神社に続いて、「陽運寺」にやって来ました。
お寺の山門の前には、花がいけられ、幟旗が派手に立てられています。まずは、山門を潜った正面に外宮福禄寿稲荷があります。その左手には本堂が、そして右手には“心願成就の石”、“水かけ福寿菩薩”と“お岩さま縁の井戸”がありした。案内板によりますと“心願成就の石”は、置かれている石壺へ、「叶玉」(3ヶ100円ナリ)に願いを込めて投げ入れて、3つ全て入ると縁切りから良縁まで全ての願いが叶うそうな。また、“水かけ福寿菩薩”は、南無妙法蓮華経を唱えながら、水をかけると邪気を払えるとのこと。
ちなみにこのお寺、於岩稲荷を名乗っているものの戦後に建てられた寺で、お岩さんと直接の縁はないらしい。まぁ、お寺自体は、とってもきれいに保たれているし、観光寺として楽しむにはよい所かなって思います。

訪問時期:2019年3月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年3月13日に投稿しました モバイル経由

東海道四谷怪談のお岩さん由縁の井戸があることで有名な陽運寺
私のオススメポイントとしては花木がとってもキレイなんですよ
松竹梅や桜にもみじの木があり、門前には季節の花
さらに盆栽まで✨
いずれもセンスが良いのです✨
また、日曜日限定で境内にカフェがオープンします。(平日はフリーの読書スペース)
こちらのお寺の御朱印は書置きタイプ
初穂料300円
お守りのデザインも可愛いですよ❤️❤️

訪問時期:2019年3月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年3月10日に投稿しました

此処も於岩稲荷。といっても田宮神社とは別で、豊川稲荷東京別院と同じくお寺です。こちらの御朱印は書き置きながら頂けました。広くはない境内にはカフェもあって、何名かがティータイムを楽しんでいました。ちなみに「貞女・お岩が、夫である伊右衛門に惨殺され、幽霊となって復讐を果たす」話だと私が理解していた東海道四谷怪談は、四世鶴屋南北の創作であり、本当のお岩夫婦は仲が良かった、そうですが、どうにもこうにも、子供の頃からの戸板返しのイメージが強すぎて、少々身震いがしました・・・。

訪問時期:2019年3月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る