推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 9:00 - 16:00
保存
オンライン予約
トリップアドバイザーでの予約をおすすめする理由
  • ツアーの見どころ & 全行程
  • オンラインで簡単に予約
  • お得な料金をご案内
詳細について
  
Google
口コミ (143)
レビューを絞り込む
143件
評価
61
60
19
3
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
評価
61
60
19
3
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 143 件中 16
2020年10月26日に投稿しました

ご本尊のアルカイックスマイルと独特なポーズが、魅力的で訪れました。
法隆寺の隣なのに、訪れる人は少なく、寂しい感じですが、ゆっくり過ごせました。
本堂は、靴を脱いで入ります。目の前にはご本尊「菩薩半跏像」、「天寿国曼荼羅繍帳」の説明を座って聞きます。神聖な気持ちになりました。

訪問時期:2020年9月
2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年4月19日に投稿しました

法隆寺東院伽藍の奥に中宮寺があります。
日本最古の尼寺・中宮寺は、聖徳太子が生母・穴穂部間人皇后(あなほべはしひとこうごう)のために創建したといわれています。
門跡尼寺として今日に至っています。
美しい本堂ですね、靴を脱いで中に上がれます。
ご本尊の菩薩半跏思惟像(飛鳥時代後期・国宝)の何とも言えない美しさに魅了されました。
気品のある微笑み、ずっと拝見していても飽きません。
もう一つの見所は、聖徳太子の妃橘大郎女が太子の冥福を祈って、死後の世界(天寿国)の様子を釆女らとともに刺繍した天寿国曼荼羅繍帳(国宝)。
展示は複製ですが、興味深いお品でした。
本堂の前にある八一の歌碑は、菩薩半跏思惟像を詠っています。

訪問時期:2019年9月
2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年3月11日に投稿しました

 本堂は鉄筋コンクリートだが、歴史は聖徳太子の時代までさかのぼる。僧寺の法隆寺、尼寺の中宮寺という位置関係だ。法隆寺夢殿の見学を終えると中宮寺の入り口が見え、そのままの流れで鑑賞できる。何といっても本尊の半跏思惟像だろう。見飽きることのない、美しい仏像だ。

訪問時期:2020年2月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年1月24日に投稿しました

法隆寺に隣接する、聖徳太子ゆかりの尼寺を訪問しました。 本尊は如意輪観音が有名で、聖徳太子のお母さまを模したものと言われているそうです。その観音様のアルカイックスマイルに癒されました。

訪問時期:2019年7月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年1月14日に投稿しました

法隆寺見学とセットで中宮寺を訪れました。お堂に入って弥勒菩薩半跏思惟像を眺めながら、流れてくる説明を聞きました。尼寺だったとのこと、庭木も美しく手入れされていました。

訪問時期:2019年11月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る