推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
お得な宿泊料金を検索
Hotels.com
JTB
るるぶトラベル
$223
詳⁠細⁠を見⁠る
21/08/11 までキャンセル料無料
現地払い可
Booking.com
FindHotel
eDreams
9件のお得なプランを表示
料金は提携サイトから提示されたもので、1泊あたりの宿泊料金を反映しています。また、提携サイトが了承している税金やサービス料を含みます。 詳細については、提携サイトを参照してください。
プランの掲載順は、スポンサー料に基づきます。 客室タイプは異なる場合があります。
プランの掲載順は、スポンサー料に基づきます。 客室タイプは異なる場合があります。
近隣のホテル
口コミ (157)
レビューを絞り込む
157件
評価
35
92
24
6
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
評価
35
92
24
6
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 157 件中 1015
2019年9月1日に投稿しました モバイル経由

一般和室に宿泊。この施設では一番安い部屋。だからしょうがない、と納得できるできる状態ではない、部屋の汚さ。髪の毛や小さなゴミが結構落ちてる。掃除機かけてないだろってレベル。
温泉は湯船が小さいし、一つしかない。
日進館の方が総合的に良かった。

利用時期: 2019年9月
旅行のタイプ: 家族旅行
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年6月2日に投稿しました

水上のホテル聚楽とは違ってこじんまりとした施設でホテル内の移動が楽でした。
ルームキイが2本用意されていたり、浴場のスリッパに付けて置く識別札や朝食後に部屋まで持って帰れる無料のコーヒー、無料のレンタサイクル等々、こちらのホテルは色々と改善工夫している様子が窺えて好感が持てました。

客室選びのポイント: 露天風呂がある側の部屋
利用時期: 2019年6月
  • 旅行のタイプ: カップルでの旅行
    • 価格
    • 清潔感
    • サービス
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年4月29日に投稿しました

日本一の高濃度硫黄泉で、phも3、2と低く殺菌力に優れているので、レジ何とか菌の検査も免除されています。とはいえピリピリ感はなく、硫黄臭も万座温泉では普通くらいでした。浴槽は、内湯が1箇所で露天の浴槽が2箇所、温度がほぼ同じなので変化がほしかったですね。
なお、温泉手形を購入し、即刻行きましたが、混んでいるからと、その日は終日入場拒否。他の施設でそんなことはなく、極めて残念でした。

利用時期: 2019年4月
  • 旅行のタイプ: カップルでの旅行
    • 立地
    • 清潔感
    • サービス
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年3月5日に投稿しました

万座温泉のお湯に魅せられ通っています。
万座温泉に泊まるのは、5回目です。(昨年の冬季は日進館に泊まりました。)
これまで、プリンス 聚楽 日進館に泊まり、聚楽は2011年6月以来の二回目です。
今年の東京は雪が積もりません。せっかく買ったスタッドレスタイヤに雪道を踏ませたい。雪道走行の訓練もしておきたい。
今回はその点では残念でした。路面にほとんど雪がなかった。ホテル周辺で少しだけ。(だからと言って雪用の装備なしで冬季春先に万座温泉へ行くのは無謀なので絶対にやめてください。)
夏場は、草津や志賀高原に抜けられ交通が便利なのですが、冬場は万座ハイウェイ以外アクセス手段がありません。スキーはしないので温泉だけが目的です。
土曜の宿泊ということで満室でした。
夕食のバイキング 家族連れも多く早い時間がいっぱいで、19時30分(午後7時30分)の会の予約に回されました。
それでも空き次第の案内 部屋に電話の案内がいただけ19時ごろ入れました。
お食事は美味しくいただけたのですが、生ビール(ジョッキ750円)…1500円の飲み放題プランにはしませんでした。 この”ビール?”の味に違和感を感じました。もしかしてこれは私が嫌う節税、ビールもどき「発泡酒」か「新ジャンル」なのではないか? 私の舌がその日に調子が悪かったのであれば濡れ衣・勘違いですが、泡の立ち方も気になるし、「発泡酒」か「新ジャンル」で750円も支払うならいやですね。(これは立証の手段がありません。他の方の検証を見たいです。)
そういう点では、瓶ビールのほうが安心なのかも?(瓶ビールはAsahi スーパードライでした。)
お部屋は、空吹(噴気口)が見える側でした。
その時により噴気の状態が変わるそうですが、この日はそれほど噴気が上がっていませんでした。
万座温泉は温泉の泉質が高濃度硫黄泉で素晴らしい。この湯に魅せられています。
北海道の川湯温泉、青森県の酸ヶ湯 これらに勝ると感じます。
翌朝のバイキングも美味しかった。
お風呂には3回入りました。肌がきれいになります。温まります。硫黄泉の効用です。

ホテル側に責任があることではないのですが、チェックアウト時、隣の30歳前後と思しき日本人女性客の厚かましさに閉口しました。
フロントの人が応対に困っていました。
1.スキー用具レンタル費用の支払いの分けでごたごたしていました。
やれ幹事だ、これは自分だ・・・
(団体・グループ旅行で個人持ち料金の部屋付けは幹事も手間が増え迷惑な行為だと思います。私はそうならないように留意しています。)
2.軽井沢駅への無料送迎バスを急がせないか? 軽井沢駅12時到着予定のバスに対し、『どうしても11時58分発の東京行きの新幹線に乗りたい』から出発を早められないか、客がそろったら10時を待たずに出発してくれないか・・・と押し問答していました。

ホテルのホームページにも
「駅発着遅延による電車乗り継ぎ保証はできませんのであらかじめ余裕を持った旅程をお願いいたします。」と明記されています。
それを予定時間よりも急がせようとするなんて言語道断です。自分勝手も甚だしい。 こういうことをするのは、かつては「オバタリアン」でしたが、世代交代したのでしょうか。
バスが早く着いたときはたまたま道路事情がよくそうなっただけです。
どうしても11:58発の新幹線に乗りたいなら、あなたが、9:35発、万座バスターミナル発の路線バス(運賃片道2890円)に乗ればよいだけです。(万座バスターミナルまで送ってもらう必要はありますが。)
ホテル側の心配りである冬季限定の無料送迎バスに「言うだけタダ」のつもりでしょうが恥ずかしいと思わないのでしょうか。
私はマイカーなので、その後どうなったかわかりませんが、道中(万座・鹿沢口を過ぎたところ)でこの送迎バスに追いつきました。ずいぶん飛ばしているように感じました。
この人はきっとバスの運転手にもこのお願いをしてプレッシャーをかけたのではないかと思います。
おかしな人ですよね。心当たりがあったら 「あなたのことですよ」「気が付いてください!」
もしもバスの運転手がプレッシャー感じて事故でも起こしたら・・・と考えると最低な行為だと思います。
道路交通というのは不安定なものです。しかも無料送迎バスですよ。
自分勝手な無茶を言う客には毅然たる態度で臨んでほしいと思います。
(私は、先日、飛騨高山に行った際、12時に高山に戻る予定の白川郷バスツアーに参加しましたが、12時半ごろの特急にはせず、次の13時半頃の特急を指定していました。結果的に12時前に着き、12時半の特急に乗れました。私はこれぐらいの余裕を見ます。)
楽しい滞在だったのですが、チェックアウト時の自分とは関係ない、しかも身勝手な一人の宿泊客の振る舞いで不快な気分になってしまいました。
(何度も書きますが、ホテルには何の責任もありません。)

客室選びのポイント: 噴気口 空吹(からぶき KARABUKI)が見える部屋 
利用時期: 2019年3月
  • 旅行のタイプ: カップルでの旅行
    • 寝心地
    • 清潔感
    • サービス
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年2月13日に投稿しました

8割のスタッフが良い人、値段の割に食事が充実している、お湯がとても良い。だが部屋がとにかく汚くて本当に残念。カーテンにシミ、硫黄のせいにして掃除しない水回り、敷布団に前回の宿泊者の髪の毛がたくさん。敷布団の掃除に来たスタッフは謝りもしない。適当なやり方を見て呆れた主人が自分でやるから掃除道具を置いてけと言ったらそうですかと出て行った。お湯が良いからといって図に乗ってる。わざわざ山を登ってまで行く所ではない。

利用時期: 2019年2月
  • 旅行のタイプ: カップルでの旅行
    • 価格
    • 立地
    • 寝心地
    • 客室
    • 清潔感
    • サービス
4  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る