推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

“夕方に行ったので中に入れなくて残念でした”
Pierhead Buildingの口コミ

Pierhead Building
Certificate of Excellence
口コミを投稿:2016/10/18

出向いたのが夕方だったので、もうクローズするところでした。見るからに歴史的な建物という感じのどっしりした建築物でした。中に入れなかったのが残念でした。日本でいえば横浜の赤レンガ倉庫をもっと立派にしたような感じでした。行く前にもう少ししっかりカーディフの歴史を勉強しておいたら良かったです。周りは遊園地のようだったり、モダンな建築物があったりで、古き良き時代のものと現代のものが共存している場所だと思いました。

役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
口コミを書く口コミ (228)
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語

口コミ 228 件中 15

口コミを投稿:2012/12/31

カーディフは湾岸都市であり、嘗ての湾岸施設が現在もいくつか残ってる。その一つが埠頭の先端部ビルです。ビュートドック社の本社として1897年に建てられたもの。カーディフの湾岸の近年の再開発によって建てられた周囲の近代的な建築群と明らかなコントラストを示していた。ビッグベンの 赤ん坊なんて云われる建物上部に時計がある赤レンガのそれは美しい孤高の建物で現在も湾岸エリヤのランドマークとして機能している。現在グレード一つに指定されている建物です。建物内部は展示会場としてあり、またウェールズの歴史博物館となっている。わたしの興味は南極探検家スコットの乗った船テラ•ノヴァのスタンドハウジング船のコンパス。
鉱物資源輸出の役目の最盛期はとうに終えている湾岸都市カーディフ。そんな役目を担っていた鉄道輸送とドックの象徴がこの赤レンガの建物です。見学の価値あり。

役に立った
この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
この口コミは機械翻訳で日本語に変換されています これは何ですか?
機械翻訳を利用しますか?
口コミを投稿:2017/07/31

この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
この口コミは機械翻訳で日本語に変換されています これは何ですか?
機械翻訳を利用しますか?
口コミを投稿:2017/07/20

この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。
この口コミは機械翻訳で日本語に変換されています これは何ですか?
機械翻訳を利用しますか?
口コミを投稿:2017/07/18

この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

Pierhead Buildingを見た人は、こんなところも見ています

ウェールズ南部カーディフ
ウェールズ南部カーディフ
 
ウェールズ南部カーディフ
ウェールズ南部カーディフ
 

Pierhead Buildingに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を追加する

管理者様:施設としてのコメントをいただけませんか?

この施設を所有または管理していますか? 貴施設を無料でご登録いただくと、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新などが可能になり、活用の幅がぐんと広がります。

貴施設を登録する