推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
近隣のホテル
レビューを絞り込む
911件
旅行者の評価
603
195
60
34
19
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
603
195
60
34
19
旅行者の口コミを見る:
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 911 件中 16
2015年4月27日に投稿しました

手頃な大きさの居心地のよいホテル。リヨンの素晴らしい景色が眺められる。特に 夜は魅惑的。 客室は歴史的建造物のコンバージョンにしては、程よい広さで快適。 快適なテラス。プールがあるので夏は良さそう。 落ち着いたレストランがある。 スタッフの皆さんには心地よい時間をつくって貰えました。

客室選びのポイント: ロビーから近く、テラスがついた部屋。
  • 宿泊時期:2015年3月、出張としての旅行
    • 客室
    • 清潔感
    • サービス
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2013年10月31日に投稿しました

元修道院だった建物で、天井や玄関扉にはその当時の名残があり、とても雰囲気のあるホテルです。客室は使い勝手の良い、リノベーション済みの現代的な佇まいですが、窓から見る風景はリヨンのホテルの中で最高のものかもしれません。高台にあるため、リヨンの街並みを見下ろすことができ、特に宵闇の頃は最高です。メインダイニングがミシュランの一つ星レストランですので、是非お試しください。ただ、月曜など、おやすみの日がありますので、その場合は朝食だけでも!!何を食べてもレベルが高く、ビュッフェではなく、食べられる分だけ、好きなものを注文できます。プールサイドには温度調節付きのチェアーがあるので、泳ぐには寒い日でも、そこに座って日向ぼっこなどを楽しんでください。

客室選びのポイント: 絶対にパノラマビューをお勧めします。 特に上層階をリクエストしてください。
  • 宿泊時期:2013年10月、友達との旅行
    • 価格
    • 立地
    • 寝心地
    • 客室
    • 清潔感
    • サービス
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2012年11月1日に投稿しました

先月半ば、パリから新幹線でリヨンに南下しました。通常のチェックイン時間よりも早く、昼に到着してしまいましたが、部屋が用意できるまで、ロビーでウェルカムカクテル風の搾りたてのフルーツ(柑橘類)ジュースとマカロン(ショコラ味、マンゴー味)で持て成され、1時には部屋に通されました。ホテルは、リヨンの街が一望できる旧市街の坂の途中にあります。ホテルの前の坂を少し下ると、ユネスコの世界遺産に指定された「リヨン歴史地区」のメインストリートに通じる階段があり、車を使わずとも、お散歩圏内でリヨンの観光名所が殆ど歩いて制覇できます。丘の上のノートルダム教会には旧市街の麓からのフニキュレール(登山列車・往復一人2€40)に乗るのが便利でしょう。元々は17世紀の修道院だったホテルですが、カーテンは電動の開閉式、テレビも最新式、バスルームもハンドシャワーの快適な内装でした。ダイニングも、ルレetシャトーズの名前を汚さないお料理と給仕でした。まだ明けきらない暁のリヨンを眺めながらの朝食、大袈裟ではなくフランス中で一番美味しいっ♪と思いました。クリスタルのカラフェから注がれたオレンジジュース(グレープフルーツも有)から始まり、焼きたてのパン、オムレツ(勿論、卵料理は選べます)、フルーツサラダetcは、正に「食の都・リヨン」の醍醐味を感じさせてくれました。ダイニングを出る時「今から列車で更に南下する」と何気なく話したら、旅のお供にと焼きたてのマドレーヌをお土産に手渡され、感激しました。次はいつリヨンに行けるか判りませんが、あの朝食を食べる為だけにも泊まりたいホテルだと思っています。

  • 宿泊時期:2012年10月、家族旅行
    • 価格
    • 立地
    • 寝心地
    • 客室
    • 清潔感
    • サービス
3  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2011年5月30日に投稿しました

GWの旅行で連泊した。部屋からの眺めはよいが部屋は普通。バスルームは使いにくい。レストランはサービスはまぁまぁだが、ミシュラン一つ星にしては味が今一つ。同じ値段を出せば他にもっと美味しいレストランがある。
部屋の電話が壊れていたのに気がついたのはチェックアウトの朝。早朝のフライトのため早朝のチェックアウトとタクシーの予約を頼んでいたのにもかかわらず全然伝わっていなかった。モーニングコールは頼んだ時間にかかってきたが電話が壊れており通話が出来ない状況。荷物を運んでもらうために電話しようとしても繋がらないため降りていくと、ベルボーイはいないとのこと。昼間はうるさいぐらいいるのに。しかもチェックアウトの清算は食べもしない朝食はチャージされているし、全て支払済みの部屋代まで加算されていた。修正させたがあまりにいい加減なのでプリントアウトして詳細を見せるように言うとプリントアウト出来ないとのこと。前日からプリンターが壊れているとの説明でタクシーを待たせていたので言われるままの料金をクレジットカードで支払った。すると後日何の説明も無く30ユーロ追加でチャージされていた。クレジットカード情報を最初に全て書きとっていたのに不安を覚えていたが、まともなホテルならきちんと説明してからチャージすべきだろう。後で送られてきた明細書にはネームカードに手書きでかんたんに"sorry for the trouble"と書いてあるだけ。なぜ追加の金額がチャージされているのかの説明は無い。プリンターが壊れているのが前日からわかっているのであれば翌日チェックアウトする客がいるのだから何とかしておくべきだし、手書きであっても確認の請求書を作っておくべきだろう。タクシーも予約されていなかったしどうしてこんなホテルに滞在したのか後悔した。車以外のアクセスも悪く、リヨンの旧市街は眼下に眺められるが、特別素晴らしいという眺めと言う訳でもないのでお勧めしない。今まで宿泊したルレシャトーグループの中では最低のホテルだった。

  • 宿泊時期:2011年5月、カップルでの旅行
    • 価格
    • 立地
    • 寝心地
    • 客室
    • 清潔感
    • サービス
19  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2010年7月29日に投稿しました

Bernard LoiseauのあるSaulieuを出発し、途中Beaune観光。Hospices de Beauneを訪問した後は軽く街並みを探索。地元のお菓子やらDijonで買い損ねたマスタード類を購入し、La Posteでワイン12本入り発泡スチロール箱を購入。その後ひたすら南下してLyonを目指す。

ソーヌ川沿いの道を走りノートルダム大聖堂に向かう道を丘を上がって少し走ると山吹色の外壁の宿が出迎える。車を前に停めると例によってドアマンがすっ飛んで荷物を拾いに来てくれる。今回は購入したワインやら何やらと大荷物。流石は4星+Lの豪華宿。ロビーも豪華で美しい。ロビー脇のLyonの街並の一望出来るテラスで先ずはウェルカムカクテルを戴くことに。

部屋はロビーの直ぐそばの8号室。テラスこそ有りませんが、Lyonの街並みを三方向に見渡せる素晴しい景色のJr. Suite。フランス第二の都市でこのクラスのホテルのこの部屋で€395/泊はお買い得感あり。Club5C特典だかなんだかカネボウのSensaiなんて化粧品類が置いてあるが何かタイアップか。元より不要。部屋が禁煙なので、いちいちフロント脇のテラスに行くのがやや億劫。

部屋から見下ろせる屋外プールが眩しくて、早速水着に着替えて2階のそちらへ。小振りなプールだが旅の汗を流すのにちょうど良い。例によって浅いところから突然深くなるフランスのプール。ジャグジーも隣接されてます。そちらからのLyonの街並みもまた格別。濡れた身体を乾かしにテラスのソファにふんぞり返っていると、飲み物のオーダーに来てくれる。シャンパンを注文。プティフールにちょっと飽きて来た当方には、塩味系の付け合わせが嬉しい。アメリカ人のお客様が多いとのコメントを散見しますが、我々は何故かベルギーから来たお客さんばかり。

流石にフランス料理にもやや辟易感の出てきた当方は、ルームサービスでサラダとお湯を貰って日本から持ち込んだ食材で胃袋を休めることに。LevernoisでClub5C特典で貰ったBourgogne Chardonnayがこの日のワイン。窓のカーテンは枕元のスイッチで開閉します。疲れを取るのと翌日のLyon観光に向けて早々に就寝。ベッドの寝心地も結構です。

翌朝はプールサイド脇のテラスで朝食。しかしどこに行ってもパン類、特にクロワッサンが美味しい。日本でなんで出来ないのか、このクロワッサン。Lyonの街並みやらノートルダム大聖堂の先っぽを眺めながらの気持ちの良い朝食。

翌日は結構精力的にリヨン観光。世界遺産の旧市街の街並みも結構です。夜はホテルのフロントのお奨めの、直ぐそばの気楽なBouchonのLa Machonnerieへ。Lyonの地元料理のSalade Lyonnaise,Qunelle de Brochet,Pieds de Cochonを注文。ワインは極めて気楽なBourgogneの白。料理のヴォリュームは膨大で、半分食べるのが精一杯。

長い階段を上がってホテルに戻り。中々寝付けないのでフロント脇のBarでマールを注文し、テラスからLyonの夜の街並を眺めながらナイトキャップを引っ掛けて寝心地の良いベッドに戻りました。これまでの宿と比べると、当然ながら大都市の大きなホテル。でもそれを余り感じさせない居心地とサービス振りでした。因みに駐車料金が一泊€18かかります。大都市ゆえ、しょうがないところか。

  • 宿泊時期:2010年7月、カップルでの旅行
    • 価格
    • 立地
    • 寝心地
    • 客室
    • 清潔感
    • サービス
2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る