推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 10:00 - 18:00
保存
  
Google
マドリード王宮を満喫する
$43.09
詳細
$32.00
詳細
レビューを絞り込む
34,341件
評価
20,317
10,904
2,581
330
209
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
評価
20,317
10,904
2,581
330
209
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 34,341 件中 38
2020年1月21日に投稿しました

王宮のある場所は、当初、コルドバのモハンマド1世の辺境領としての要塞があった地点です。
やがて、ムーア人のトレド王国が独立後、ムーア人がこれを継ぎますが、スペイン帝国の絶頂期に君臨したフェリペ2世が宮廷をマドリードに移したことを機にマドリードを首都とし、16世紀にアルカサル(砦付きの軍事的な城)が建設され、スペインの黄金期が続きます。
18世紀にアルカサルが全焼したため、時のスペイン国王フェリペ5世が建設した新宮殿が現在の宮殿で、最初の占有者はブルボン朝スペイン王カルロス3世でした。
普段、国王一家は王宮以外の宮殿に住まわれており、こちらは宮殿前広場を含めて王室や国家関連の行事に使用され、催事がない時は、煌びやかな装飾品や絵画、兵器を収集した王立武具博物館が一般公開されていると、外観見学しながらの現地ガイドさんの説明でした。
特に、世界の名器ストラディバリのバイオリン・ビオラ・チェロの弦楽四重奏を演奏できる一揃い分を、世界で唯一所蔵していることに興味を惹かれました。

訪問時期:2019年12月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年1月17日に投稿しました

 日曜日の午後入場。チケット売り場は数組まってスムーズに入れた。建物は18世紀ブルボン王朝に代わってからのもの。絢爛豪華だけれど、ほかのこの国の王宮、離宮に比べて、歴史的にはあまり魅力はない。ヨーロッパには、ほかにも多数の絢爛豪華、大規模、歴史的にも興味深いところはいっぱいある。個人的にはマドリードでは優先順位では、3大美術館、近郊のトレド、セゴビア、アランフェス、エル エスコリアル等をめぐって、時間があればでいいと思う。
 また設備、管理にも問題がある。手荷物ロッカーは相当が故障したままほってあり、我々は使用できず。カメラ撮影が禁止で、大変神経質になっており、小生は
手にカメラもスマホも持って内にも関わらず、極めて不愉快な目にあった。

訪問時期:2020年1月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年12月25日に投稿しました

広場が素晴らしいし、王宮らしい内部も素晴らしかったのですが、個人的に廊下をコツコツ歩くのがなんとも幸せだった。そして窓から見る望む中庭。
というか庭ではなく、正面の建物なんだけど、ここが一番お気に入りになった。

訪問時期:2019年3月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年12月23日に投稿しました

残念ながら内部には入れませんでした。仕方がないので東側のオリエンテ広場から外観だけ眺めてきました。白亜の荘厳な建物でした。

訪問時期:2019年10月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年12月14日に投稿しました モバイル経由

2019/12/4(水)
王宮は急に予定が入って入場できなくなることがあると聞いてはいましたが、この日も14時まで入場できませんでした。隣にあるアルムデナ大聖堂で時間になるのを待って、入場しました。

王宮内は、大階段の天井画から始まって、豪華の一言。さらに豪華な部屋は撮影禁止でした。

訪問時期:2019年12月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る