推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 10:00 - 18:00
保存する
オンライン予約
  
翻訳:Google
Museo Casa di Danteを満喫する
レビューを絞り込む
746件
旅行者の評価
73
132
179
158
204
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
73
132
179
158
204
旅行者の口コミを見る:
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 746 件中 510
2016年7月25日に投稿しました

復元されたダンテの家です。ダンテのデスマスクもあります。ダンテに興味があるならオススメですが,はっきり言って地味です。

訪問時期:2016年6月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2016年3月5日に投稿しました モバイル経由

フィレンツェの歴史地区にある、桂冠詩人ダンテの家。
外観は地味な家ですが、観光客がたくさんいるので見落とすことはないでしょう。
フィレンツェに生まれ、ラヴェンナに没したダンテの足取りをたどるトスカーナ、エミリアロマーニャの旅を計画してみるのもおもしろそうです。

訪問時期:2015年4月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2015年11月13日に投稿しました

本人の名前であるダンテ・アルギエーリ通りとサンタ・マルゲリータ通りの交差するところに小さな広場があり、そこを囲むように立っているのが「ダンテの家」で、正式には「ダンテの生家博物館」というようです。
フィレンツェ・カードで入館し、展示しているものを眺めました。ネットでこの博物館のサイトを見たら、英文でオリジナルの本も展示されているように記載されていましたが、本もいろいろとあってカラーの挿絵が美しいものの汚れもついた本など展示してあるのですが、どれがどれやら分かりませんでした。
館内には、寝室の復元、当時のフィレンツェのジオラマ、衣装、デスマスクなどなど、博物館らしく展示がされていました。
いろいろと工夫されていますが、すぐ隣にある「サンタ・マルゲリータ・デイ・チェルキ教会」へ行って、ダンテが生涯に亘り愛し続けたベアトリーチェのお墓などを見学した方がよかったと思いました。

訪問時期:2015年5月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2015年6月19日に投稿しました

「ダンテの生家」と呼ばれていますが、かつてダンテの生まれた家があったとされる地域に観光用に建てられたもの(復元とも言えるかどうか…)で、実際の家はダンテがフィレンツェを追放された後に破壊されている為、現存していません。 
ダンテゆかりの品々が展示されている博物館にすぎませんが、
『ダ・ヴィンチ・コード』で有名になったダンブラウン著ラングドン教授シリーズ4作目『インフェルノ』の映画が公開された後には違った目線で楽しめるかもしれません。

訪問時期:2015年4月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2014年12月14日に投稿しました

その名のとおり「神曲」で有名なダンテ・アリギエーリの家。
ここが本当にダンテが住んでいた家かどうかは別として、神曲の地獄編がここまで脚光を浴びている今、行かずにはいられませんでした。
展示は「神曲」に関するものが多く、一部「新生」に関する資料もありました。
個人的にはダン・ブラウン氏の目線でカトリック教会のみが認めている煉獄編も、ベアトリーチェが案内役となる天国編も披露していただきたいものです。
映画が公開されたら長蛇の列が予想されます。

訪問時期:2014年8月
2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る