推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
オンライン予約
  
Google
クマリの館を満喫する
$85.00
詳細
レビューを絞り込む
746件
評価
285
282
139
21
19
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
評価
285
282
139
21
19
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 746 件中 510
2019年2月1日に投稿しました

地震のため倒れない様つっかい棒がしてあり、恐ろしいが、建物の装飾は手の込んだ彫り物で職人さんの技術に感心します❗

訪問時期:2018年10月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年1月24日に投稿しました モバイル経由

クマリという生き神様の話を聞いて宗教などの違いを感じました。別の場所で前のクマリの写真なども見ましたが、普通はなかなか現クマリは見れないようです。
クマリが顔を出すという窓の造りは細かくて建築した人たちの技術、どれだけの人が働いたのかと考えてしまいました。

ここも支えの棒がありました。

訪問時期:2019年1月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年11月29日に投稿しました モバイル経由

少女神クマリの棲まう館です。わずかな喜捨をすると、二階の窓からお顔を見せてくれます。評論は謹んで、人々の信仰の姿であると思惟しましょう。旧都パタンやバクタプルなどにも地域のクマリがいらっしゃるそうです。

訪問時期:2017年12月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年7月7日に投稿しました

ガイドの方が「運が良ければ生き神さまが顔を見せてくれるかも知れない」と言われていたので期待して行きました。
頭上を鳩がたくさん飛んでいて、糞を落とすので落ち着きませんでした。
生き神様を撮影するのは禁止ということでしたので、しっかり拝見させていただきました。あどけなさが残る綺麗な女の子でした。
何年間も日の当たらない室内に閉じ込められてお気の毒だと思いました。
神様って、大変だなあ・・・と思いながら見学を終えました。

訪問時期:2017年12月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年6月20日に投稿しました

カトマンズのダルバール広場の南にある煉瓦と豪華な木像彫刻の建物と言えば、クマリの館。

クマリとは生き神クマリとも呼ばれる聖なる巫女で、王政の頃には政治の方向性にも関わる予言をしていた少女の事で、僧侶の家族から選ばれた少女は初潮を迎えるまでを生き神クマリとしてこの館で生活をするそうです(現在は地震による修復中なので、別の場所で生活しているらしいようです)。

クマリの予言や宣託は王だけに対してではなく一般庶民にも行われるため、王政が廃止された現在でもクマリは存在し代替わりを続けている。とのことでした。

クマリの館の装飾はネワール文明の最高の装飾ともいわれるほど豪華絢爛で、こんな素敵な館で生活できるクマリは幸せ…なのだろうと普通は考えると思うのだが本当にそうかな?と疑問符が浮かんできます。

カースト僧侶の家庭から選ばれた穢れなき少女は両親からも引き離され、クマリの館に閉じ込められ神としての振る舞い方を教育され、クマリとなります。
神は全能であるためクマリに指名された幼い少女はその役割を終えるまで(初潮を迎えるまで)は学校へも行かせてもらえないし、勉強・一般常識も教えてもらえないとのこと。

クマリとしての役割を終える時の彼女達の年齢は12歳から14歳。
初等教育も受けることもできていない彼女らの人生は、いったいどうなってしまうのか…。
考えだすと、ちょっと辛いかもしれません。

訪問時期:2018年1月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る