推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 10:00 - 21:00
オンライン予約
  
翻訳:Google
アジア文明博物館を満喫する
レビューを絞り込む
2,069件
旅行者の評価
1,096
729
209
30
5
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
1,096
729
209
30
5
口コミ中のキーワードを検索
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 2,069 件中 510
2018年8月11日に投稿しました

ガンダーラの仏像から、日本の踏み絵まで幅広い展示です。内容も楽しめます。沈没船の中にあった物まで展示されてるのが驚きでした。

訪問時期:2018年8月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年8月9日に投稿しました

館内の表示・展示物の説明表記は全て英語です。

私は英語が出来ないので魅力は半減しますが、展示品をゆっくり見るだけでも楽しいですよ。
デザイン・色使い・形等や当時の人はどう使ったどのように作ったを想像しながら見ても
良いんじゃないですか。

訪問時期:2018年8月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年6月30日に投稿しました

ボートキーから対岸を眺めると
アートハウス、ラッフルズ像、アジア文明博物館が見え、
その後ろに高い白亜の塔のセントアンドリュース教会が見えました。
この休息の後からカヴェナ橋を渡ってアジア文明博物館の前を通って
エスプラネードパークに行きました。

訪問時期:2018年3月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年5月6日に投稿しました モバイル経由

久々に、アジア文明博物館を訪問

2018.4から、特別展のアンコール展開催されていました。
フランスのギメ東洋美術館から貸与された品々が並ぶ館内。その昔、東南アジアにきていたフランス人が自国に伝えたアジアのあれこれ、や、石像などが満載!
そのほかにも、カンボジアのアーティストさんの現代アート作品があったり。
シンガポールの作品展示って本当に素敵!なんです。
博物館でもアートが楽しめるギャラリーがあるなんて一石二鳥です。

もちろん、シンガポールの歴史を知ることができる素敵な常設展示もある!
近隣には、シンガポールリバー沿いに、シンガポールがまだイギリスに統治されていた時代の建造物が活かされた名所もたくさん。
ラッフルズさんがシンガポールに上陸して、街が栄えていき、時を重ね、いまのシンガポールになっていったという時間の流れを想像したりして、、、みるのはどぉでしょう?

文化に浸るシンガポール旅行なら、是非おたちよりを!おススメです。

館内にはカフェ、レストランもあるし、近くにはボートキー、クラークキーも。
METの駅からも近く、マーライオン公園も、ホーカーのラオパサも徒歩圏内。
お天気良ければマリーナエリアの散策、チャイナタウンにも歩けるとおもいます。

こちらにはシンガポール ミュージアム日本語ガイドグループによるガイドツアーが無料で実施されています。入館料で参加させていただけますよ!
通常展は月曜から金曜の毎日、朝1030から、週末だと第2土曜日1330から。
アンコール展は特別ガイドツアーが別日に企画されているようです!

訪問時期:2018年4月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2017年11月8日に投稿しました

シンガポールは貿易中継地として町ができた野でそれらに関する資料が展示されています。
中国、インド、からの物品や文化、またアフガニスタンカンダハールからの仏教などの資料がありました。
2017年11月時点一部改装中で更に充実するようです。

訪問時期:2017年11月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る