推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

“未完成の壮大な仏塔”
Mingun Pahtodawgyiの口コミ

観光スポットの詳細をすべて表示する
観光スポットの詳細
滞在時間の目安: 1-2 時間
口コミを投稿:2014年4月30日

Mingun Payaは未完成の仏塔です。18世紀に世界最大の仏塔を造ろうとして途中で台座だけで未完成になっています。台座だけですが近くに行くとものすごい大きさで、完成すればまさに世界最大になっただろうと思います。

この遺跡は上のほうまで登れたようですが、2012年の地震で崩れかけ、今では残念ながら登れません。ミャンマーでも断層の近くにあり過去何回も地震に見舞われ、遺跡には多くのヒビが入っています。

ここに行くには、マンダレーのミャンチャン埠頭からエーヤワディー川を渡る渡し船に乗る必要があり、少し不便ですが行く価値はあると思います。船着場からは10分程度歩けば着きます。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞り込み

口コミ 824 件中 2428

口コミを投稿:2013年10月27日

18世紀に仏像の台座として途中まで作られましたが、その上に仏像が置かれる事なく、今日まで残っているそうです。台座だけでもかなりの迫力です。こんな小さな集落にこれ程巨大な建造物が残っている事に驚きました。以前は上まで登れたそうですが、地震の影響で登れなくなっていたのが残念です。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2013年1月11日

2013年1月1日に観光しました。
ミングォン・パヤーとして認識していましたが、
Mantara Gyi Pagodeという別名があるみたいです。
回りの大きさに比べると普通でした。

2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2013年1月11日

2013年1月1日に観光しました。
船上からでもかなり遠くから、見れるぐらい大きいです。
以前は、上まで登れたそうですが、途中が崩れていて、
今は登れません。

2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
他の口コミを表示する
口コミを投稿:2010年10月18日

マンダレーに来たら、絶対に見ておきたい遺跡です。
コンバウン王朝の王が作らせようとした、仏像の台座です。建設途中に王が亡くなり、王の死によって建設が止まってしまいました。完成していれば、世界一の仏像になっていたと推測されいます。
1800年半ばに大地震があり、ところどころ大きな亀裂が入り、崩れています。
初めてその台座を目のあたりにした時、思わず叫んで驚きました。
この台座は拝観料を払って、上に登ることが出来ます。
ミャンマーの遺跡は神聖なものなので、靴を履いてはできません。
日中は建物のレンガが相当熱くなるので、裸足で歩き慣れていないと地獄です。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。

Mingun Pahtodawgyiを見た人は、こんなところも見ています

 
マンダレー管区マンダレイ
マンダレー管区マンダレイ
 

Mingun Pahtodawgyiに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を追加する

管理者様:施設としてのコメントをいただけませんか?

この施設を所有または管理していますか?オーナーとして登録されると、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新など、活用の幅がぐんと広がります。登録は無料です。

オーナーとして登録する