推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 8:00 - 16:00
保存する
口コミのハイライト
203高地から旅順港をみました。。。

旅順の戦跡を、ツアーで訪れました。ここに来る方は、高齢者が多いと思いますが、小生の父親(騎兵聯隊、帰国)、その上の長兄(関東軍、戦死)ということで、一応、遺族として、線香を持参して、満洲の地である20... 続きを読む

口コミを投稿:3 週間前
Culture808688
,
富士宮市
旅順港が見えました

大連旅行の一番の目的が、203高地から旅行港を見ることでしたから、旅順が見えた時は感動しました。日露戦争の事を思うと感慨深いものがありました。駐車場から有料カートで途中まで行けます。上りがきついのでカ... 続きを読む

2018年9月8日に投稿しました
Kantarosa
モバイル経由
93 件すべての口コミを読む
  
レビューを絞り込む
93件
旅行者の評価
20
42
29
2
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
20
42
29
2
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 93 件中 1419
口コミを投稿:2017年12月2日

日航ホテルから車を出してもらって来た。(サービス料8時間900元)
日露戦争の結果、ロシア革命が起き社会主義国が世界ではじめて生まれた。そして東西冷戦が起き、やがてソ連崩壊。その混乱はいまも続いている。
ここから見た旅順港はわたしが想像したより小さかったです。でもわたしは大きな犠牲のもと現代社会に生きているのことがここの風景から見えました。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年11月28日 モバイル経由

ツアーで参加。ガイドの方は若い人でしたが 歴史を詳しく勉強されていました。「息子を無くしたこの山にこの塔をたてた」と切ない話を聞きましたが、この丘に登る途中の看板には
「戦争が終わり 結果的にこの塔は恥さらしとなっている」と 解説文が書いてあり、愕然としました。
ショックすぎてその看板の写真を撮る気になりませんでした。
毎日香のお線香と ワンカップの日本酒が供えてあり、苦しい苦しい気持ちになる場所でした。(歩いて登るのも苦しいし)

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年11月28日

大連旅行の目的は、ズバリ、203高地に行くためでした。東映映画の二百三高地を見ていつかは、その山に行きたいと思っていました。
日露戦争の激戦の地でもあります。どうしてここが激戦の地になったのか?旧日本軍は、どうしてここが欲しかったのか?実際に203高地に行ってみるとわかりました。
是非、203高地に行ってみてください!わかると思いますよ!

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年11月16日 モバイル経由

大連出張時の中休みで慰霊に訪問。

歴史的な遺産として、
また、戦争とは、、と考えさせられる貴重な慰霊碑。

合掌

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年10月10日 モバイル経由

持って来ればよかったと思いました。日本酒、お線香(マッチは現地調達)、数珠、征露丸…

散華なさった兵隊さんたちのことを思い、感謝、申し訳なさ、自省の気持ちで、胸がざわつき、混乱しました。
自己満足なのですが、それでもなにか持って訪れればよかったなと思うほどに、少しでも恩返し、お弔いをしたくなる場所です。

ここを訪れ、世のため人のために生きなければと感じたなら、あなたは日本にとって必要な人間です。

私の予備知識は不足でしたが、それでも零で来なくて良かったです。

悪名高い日本語看板もありますが、おかげで、どんなに無知で愚かでも生きていていいんだと思えます。

ガイドまでチャイナクオリティですと見所を見落す可能性があります。
気を付けて予習して、行きたいところ、見たい景色を落とさないようにしてください。
反日ガイドであれば、車で待っててもらうほうがお互いのためかも…。

メインストリートである坂を上ったら、健康な方は階段を数段降りて上を見上げる等なさると、1904年12月5日日本の兵隊さんたちが見たものと同じ空を感じられるかもしれません。

訪問は10月。雨と霧のため旅順港は見えませんでした。
が、まるで日本の山のような澄んだ空気に包まれながら、英霊に心を寄せることができました。

メインストリートは舗装されています。雪氷がなければ、靴について心配ありませんが、歩きやすいほうが慰霊に専念できます。
足腰弱っている方は軽く柔軟体操なさってからであれば、さらに安心です。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る