推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 8:30 - 17:20
保存する
オンライン予約
  
レビューを絞り込む
900件
旅行者の評価
642
228
27
2
1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
642
228
27
2
1
旅行者の口コミを見る:
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 900 件中 27
口コミを投稿:2018年4月22日 モバイル経由

敦煌、洛陽の龍門にも行きましたが、見学できる石窟が多かったです。ただし最近できた寺院の手前に入口があり、石窟まで遠くなったようです。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2018年3月28日 モバイル経由

路線バスに乗り朝一で行きました。
入場口から石窟までは15分ほど歩きます。
いくつか公開されていないものもあったのですが、十分満足できました。
特に当時の彩飾が残っているところはみる価値ありです。
石窟はなんとなくの一方通行で、帰るときは帰り用の退屈なルートを往路に歩いた距離分だけ歩くか有料カートで帰るのですが、来た道を逆走もできたので、逆走してもう一回石窟を見てました。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年11月23日

平遥から鉄道で大同に移動、駅前に停まっていたタクシーと料金交渉。
明日の朝8時にホテルに来るように伝えこの日は街の中心部を観光。
何処に行っても感じることだが中国の運転手も約束の時間より30分近く早く来て待っている、どうも他に客を取られないためらしい。
昨日紙に書かせた料金を見せながら180元を確認し出発。
まず最初に石窟にここでトラブル、糞がしたくなったのだ。
石窟の仏のご加護かチケット売り場の手前に簡易トイレがあった。とかくトイレ情報は少ないので憶えておてて損はない、ただし紙はないのでご注意。
来た道を戻る感じで途中から懸空寺へ結構距離があるが道は空いている。
懸空寺に到着、時季外れか観光客は一人もいない、入口には係員がいるので入場料を払わなければならないが唯一の客なのかお茶を御馳走してくれた。
いよいよ懸空寺の中へ木造なので何時壊れても不思議でない感じで怖い。
無事観終えて岐路につく、朝から何も食ってないのでどこか食うところは・・・途中立派な中華酒店ありそこで遅めの昼食、運転手にも食べるよう勧めたがこのような酒店では喰ったことがないのか遠慮して食べない。
大同市内に戻り翌日の北京のバスのチケットを購入しなければならない、ターミナルまで行き運転手が切符の購入を手伝ってくれた。
ホテルに到着、180元だと可愛そうなので50元チップをあげた。
チップを貰って始めた見た笑顔だった。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年7月13日

敦煌の莫高窟にもひけをとらない素晴らしい石窟です。規模も大きく、仏像保存の状態もよく、なにより観光客が意外と少なかったので落ち着いて見ることができて、良かったです。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2017年5月14日

大同観光のハイライトだと思います。訪れたタイミングは労働節休みで道路も渋滞。観光客で大混雑でゆっくりめれませんでしたが、世界遺産の石窟は言うまでもなくすばらしいです。一帯は公園として整備されており、豪奢なエントランス、池には遊覧船があったり、露店が並んでたりと、現代の観光地と化してました。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る