推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

“日本人として”
旧海軍望楼の口コミ

旧海軍望楼
観光スポットの詳細をすべて表示する
観光スポットの詳細
滞在時間の目安: 1 時間未満
口コミを投稿:2018年6月23日

ぜひ行って欲しい。中はほとんど清掃さえもされていない現状を見て下さい。先人の苦労を感じて来てください。募金箱(整備費用のため)も備えて欲しいと思いました。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞り込み

口コミ 7 件中 26

口コミを投稿:2018年6月1日

日本最北端の碑が建つ宗谷岬、碑の裏側の山にある階段を登った先にこの望楼があります。現在もそうですが、明治時代にもロシアとの国境の海であった宗谷海峡を監視する重要な施設だったとのこと。風の強い望楼からは意外と近くにサハリンの島影を見ることが出来ました。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2018年5月7日

宗谷岬から歩いても行けます。広い草原の中に立っており、ここから北方をみていたのだなと感慨深かったです。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2018年5月5日 モバイル経由

1875年に締結された樺太千島交換条約により樺太(サハリン)がロシア領になり、宗谷岬が国境となったことから建設された望楼。当時最強と言われたバルテック艦隊の動きを監視することが目的で、日露戦争終結後は無線通信基地として機能したとのこと。ここ宗谷岬は、サハリンまで43キロ、稚内市内まで31キロという、ロシアが近いことを示す建物。宗谷岬を見た後の歴史勉強も悪くない。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
他の口コミを表示する
口コミを投稿:2018年1月8日

帝政ロシアとの国交が悪化し始めた明治35年に、国境の備えとして旧帝国海軍が建設したものです。ロシアのバルチック艦隊が、宗谷海峡などのどこかを通過し、ウラジオストクに集結するかを察知することは、戦略上極めて重大であったそうです。昭和43年12月、市の有形文化財に指定されました。日本最北端の地の碑のお向かいの丘の上にあります。ぜひ見てください。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。

旧海軍望楼を見た人は、こんなところも見ています

 

旧海軍望楼に行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を投稿する

管理者様:施設としてのコメントをいただけませんか?

この施設を所有または管理していますか?オーナーとして登録されると、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新など、活用の幅がぐんと広がります。登録は無料です。

オーナーとして登録する