推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 営業時間外
保存する
口コミのハイライト
横浜は生糸貿易の中心

開港資料館と開港広場をはさんだシルクセンタービルの2階3階にあります。開港後ずっと生糸は日本の重要な輸出品であり、だからこそここにシルク博物館があるのでしょう。カイコ、生糸、シルク、つむぎ、真綿、製糸... 続きを読む

2018年2月24日に投稿しました
Travel807003
,
立川市
絹を輸出していたそうです

シルクセンター2階にあります。昭和の初めまで、貿易の輸出品の多くが生糸で、一時は世界一の生糸輸出国だったことを記念して、絹製品の展示・製作実演・販売されていました。

2017年11月3日に投稿しました
Saisaisai2
,
大阪市, 大阪府
53 件すべての口コミを読む
  
翻訳:Google
横浜市とその周辺で人気のツアー & アクティビティ
$181.30
詳細
レビューを絞り込む
27件
旅行者の評価
2
9
14
2
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
2
9
14
2
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 27 件中 110
2018年7月26日に投稿しました

スパークリングトワイライトの花火の日にシルクセンターの前を通りました。
開港記念広場から大桟橋への通りは大勢の人でにぎわっていましたが、シルクセンターは早々に電気が消えて人の気配がなく、ひっそりしていました。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年6月23日に投稿しました

横浜の歴史を勉強できます。
シルク関係の博物館があったり、シルク関係のお店がビルに入っています。
博物館はその時々によって期間限定の展示が開催されています。
行ってみたことがありますが、一般の人にはあまり興味が無いと思います。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年5月27日に投稿しました

シルクセンターの1階にエレベ-タが4基あり、押しボタンは近くのエレベータと連動しています。2階で降りると階段があり、博物館の受付があります。エレベータを基準にすると中2階か。入館は無料で一部の人は有料。受付から死角に100円リターンロッカーがあります。ハンドルをまわすと蚕のマユから糸を捻出する体験ができます。階段をあがると6/3まで「江戸の粋とデザイン~小袖コレクションから~」を開催していました。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年5月10日に投稿しました

名前の通りシルク関係の博物館が入ったビルです。横浜の歴史が垣間見れますが、一般の人には必見とは言えないでしょう。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年5月6日に投稿しました

何回か行きましたが、横浜港から絹を海外へ輸出した歴史と製品が分かる博物館と推測します。本日は入場料大人500円を見て考えてしまい引き返しました。横浜の孫=小学生は遠足で来たそうです。小学生に分かるのか分かりませんが昔の横浜を感じさせる博物館だと思います。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年2月24日に投稿しました

開港資料館と開港広場をはさんだシルクセンタービルの2階3階にあります。開港後ずっと生糸は日本の重要な輸出品であり、だからこそここにシルク博物館があるのでしょう。カイコ、生糸、シルク、つむぎ、真綿、製糸の道具や機械、織機… と生糸にかかわるさまざまなものが展示されています。高機(織り機)による織物体験も気軽にやることができます。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2017年11月3日に投稿しました

シルクセンター2階にあります。昭和の初めまで、貿易の輸出品の多くが生糸で、一時は世界一の生糸輸出国だったことを記念して、絹製品の展示・製作実演・販売されていました。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2017年6月14日に投稿しました

大桟橋観光の次に近かったシルク博物館に行きました。建物に入り、入場料を見ると大人500円でした。博物館以外にも物産展がありましたが閉店状態で、博物館に疑問を感じ見学できる階を見学して帰りました。行く価値はなかったように思います。

3  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2017年4月23日に投稿しました

名前の通り、日本におけるシルクの歴史を知ることが出来ます。この博物館で毎年10~11月に全国染織展示会」が開催されます。これから羽ばたこうと言う作家たちの作品を見ることが出来ます。

2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2017年4月9日に投稿しました

シルクを中心とした歴史と文化、昔ながらの伝統を受け継ぐ絹織物の資料や、明治初期に始まった蚕糸業に関わる歴史的資料、生産の際に使用した道具などが展示されています。
横浜港の貿易は大きく発展し、開港から昭和の初めまで、貿易の輸出品の多くが、生糸となったのです。
生糸は、陸路や河川を使って、横浜へ運ばれ1909年には、
日本は中国を抜いて世界一の生糸輸出国になりました。
このように日本の蚕糸業は、日本の経済を支え、近代化に大きく寄与したとありました。
そして、シルクの街・横浜からは、日本の各地に外国文化が波及しシルク博物館は、こうしたシルクに関する歴史をたどれます。

1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る