推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 9:00 - 16:30
オンライン予約
トリップアドバイザーでの予約をおすすめする理由
  • ツアーの見どころ & 全行程
  • オンラインで簡単に予約
  • お得な料金をご案内
詳細について
  
レビューを絞り込む
158件
旅行者の評価
74
69
14
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
旅行者の評価
74
69
14
1
0
口コミ中のキーワードを検索
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 158 件中 1217
2018年8月13日に投稿しました

8月29日迄開催されている《夏休み子どもぼんさい美術館(添付 写真参照)》は 盆栽ビギナーの方にお役立ちなのでお薦めします。盆栽に通じておられる方には 余りにも初歩的と思われる方も多いかもしれませんが 【盆栽って何?】【盆栽って どうして大きくならないの?】【盆栽って どうやって小さくするの?】と言う初歩的な質問に対し パネル形式で回答が掲示されていますので。 又 JR土呂駅から徒歩で訪問される方は 改札口近くに《大宮盆栽村》マップがありますので 入手されることをお薦めします。 更に 8月31日迄は《ゆかたde盆美》イベントが開催されており 浴衣、甚平など和装で訪問すると 入場料は無料になります。 なお9月5日迄開催されている企画展《彩の12景》は8月16日迄が前半、8月17日からが後半となり前後各6景の展示となります。 8月13日訪問時 6景の内1景(涼~武蔵野)がロビーギャラリーに展示され 写真撮影可能です(添付 写真参照、 8月17日からは ロビーギャラリーに展示される作品は 三峯神社~秩父市になります)。  

訪問時期:2018年8月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年7月10日に投稿しました

広くはないが、中庭には芸術的な盆栽が並べられている。
中国文人画の深山幽谷の風情を日本に居ながら実体験できる。
江戸時代から日本の文化人は漢文,漢詩、水墨画にあこがれを抱いていた訳です。
一番の見どころは室内においてある盆栽です。日によっては盆栽教室も開かれてますのでお問い合わせの上、行かれるとよいでしょう。
近くには マンガ博物館もありますので併せて行かれると日本文化を満喫できます

訪問時期:2018年6月
3  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年6月24日に投稿しました

いろいろな種類の樹木が置いてあり、見て歩くだけでも発見がある。盆栽からパワーがもらえる場所である。周辺の盆栽園を一緒に見て回れば、1日かかってしまうので、樹木に興味があれば、時間をとってくることをお勧めします。また1年に1度の盆栽祭りの日には周辺に露店のお店が立ち並び、日ごろ買えないようなものが安く売られてます。

訪問時期:2018年6月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年6月8日に投稿しました

 盆栽美術館と名乗っているだけあって、展示されている各樹種の盆栽には美が宿っており、ほとんどの盆栽には気品さえただよっており、一言でいえばお上品です。

 隣接してる盆栽村の盆栽園は現在は6軒程が営業されており、無料で見学をさせていただくことができます。勿論購入することも可能です。
 ここで育てられている盆栽たちは、どちらかといえば現在の盆栽愛好家に合うように個性豊かに仕立て上げられている。盆栽美術館のそれと比較すると、よりダイナミックであり表情豊かである。その盆栽と見学者の感性がピタリと当てはまると、見学者が盆栽ウィルス保菌者であれば、その盆栽を購入せずにはいられない衝動に駆りたてられ、身を焦がす思いにもだえ苦しむことになるでしょう。
 東京の孫の運動会に上京した翌々日に妻と訪れました。幸いなことに優品盆栽を入手する程の軍資金の手持ちはありませんでした。実はわたくし盆栽ウィルスと骨董ウィルスの保菌者でありまして、いいものを見たり手に取ると、たまらなく激情に駆られるのである。欲しい、ほしい、連れて帰れと聞こえる、連れて帰ってあげなければ・・・。
 盆栽の聖地から帰って振り返ると、大金を持参していなかったのは本当に幸いでした。資金的に余裕があると、骨董も盆栽もつい欲しくなるものです。激情に駆られていたら、貴重な老後の資金がまた目減りするところでした。
 まぁそれほど個性豊かな素晴らしい盆栽たちが、盆栽村にはあふれているということです。

 本題の盆栽美術館に話を戻しますと、こちらは有料です。大人300円ですが70歳を迎えたわたくしは半額の150円にしていただきました。
 ボランティアの説明員の皆様が、初心者にもわかるように説明してくださります。ほとんどの方が初心者向けに話されるので、少々物足りなくもありますが、わかりやすくて初心に戻ることができるというメリットも感じました。
 ここにある盆栽は、売ることに主眼が置かれた盆栽村の各園の盆栽に比べると、少し優しく感じられますが、決して物足りないということではありません。すべてに優れていて、調和がとれているので一生見ていても見飽きるということがないでしょう。気品あふれるというか、上品な盆栽たちです。売買の対象でない盆栽たちは、そこに気品が生じ、日々丹精されますます美しくなっていくのでしょうね。
 日本人の団体さんより、欧米系の外人さんの方が熱心に見ておらるようです。結局展示された盆栽を二周して、初めての盆栽美術館訪問を終えました。車で息子の家から1時間足らずなので、孫に会うのを口実に、また盆栽美術館と盆栽村に来ようと思っております。
 心しなければいけないことは、骨董も盆栽も大金を持参して臨まないことである。再訪時には盆栽ウィルスによる衝動買いを発症させないよう努めなければ・・・。

訪問時期:2018年5月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年4月13日に投稿しました

盆栽に関する知識がほとんどなかったのでとても勉強になりました。ここを訪れるだけでかなり盆栽について詳しくなれると思います。庭園の盆栽もすごく立派なものが多くて楽しめました。建物も綺麗だし、浮世絵の展示も面白かったです。

訪問時期:2017年11月
3  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る