推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 9:30 - 16:30
口コミのハイライト
日本ホテルの起源とも言える場所

西参道近くにあって、アクセスはいいと思います。日光金谷ホテルの前身とも言える建物で日本ホテルの起源を探訪してみるのも面白い体験です。

2019年4月14日に投稿しました
Capri0119
,
相模原市, 神奈川県
時間があれば行って損なし

日光周遊のバスチケットで無料で入れます 約10分のビデオを見てお屋敷を見てまわりました。自分で見てまわるのと案内していただくのと選択できますが、案内付きで見ることをお勧めします。面白い仕掛けやしつらえ... 続きを読む

2019年2月24日に投稿しました
LINEN2
,
Tokyo
モバイル経由
34 件すべての口コミを読む
  
翻訳:Google
日光市と近隣エリアでおすすめの体験
$39.30
詳細
$34.29
詳細
レビューを絞り込む
34件
旅行者の評価
13
17
4
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
旅行者の評価
13
17
4
0
0
口コミ中のキーワードを検索
選択した絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 34 件中 611
2018年6月19日に投稿しました

『日本奥地紀行』を読んで以前から行きたいと思っていたところです。本を読んだことのある人なら 納得&と感動するほどそのままの作りで残っています。
また、説明をしてくれる方がいるのですが、細かく丁寧に教えてくれますので、本を読んでいなくとも、当時のあれこれ手の込んだつくりを堪能できるので、勉強になります。
友人は本の存在を全く知らずに行ったのですが、大満足でした。

訪問時期:2018年5月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年5月3日に投稿しました

金谷ホテルの始まり、江戸から明治時代の初めまでは、外国人は自由に日本国内を旅行する事は出来ませんでした。明治に入ってから政府に国内旅行を申請して初めて許可される時代が有りました。当時の日光にはすでに外国人を泊める宿が有りましたが、それでは足りなかった事で金谷ホテルの前身の金谷侍屋敷を開放してとめはじめたのがスタートらしいです、当時日本全国旅していたイザベラ・バード「女性〛が金谷侍屋敷に泊まり当時の様子をその本「日本奥地紀行〛に紹介して海外に日光の素晴らしさが海外に広まったと言われています当時の民間人の暮らしぶりなども事細かく紹介されています。当時明治のはじめに横浜にヘボン博士「明治学院大学を作ったアメリカ人この方は生麦事件で治療した医者(実際は眼科医)です)この方たちとイギリスの領事館のアーネスト・サトウなどが広めたようです)その後現在の新橋のところへ外国人が泊まれるホテルが作られ、その後はヘレン・ケラー等が泊まり海外に広く定着して行ったと言われてます。金谷侍屋敷はなぜそう呼ばれているのか、東照宮の雅楽隊にいた侍であったから、またその自宅が当時の武家屋敷そのもので、床の間にはからくりがあり敵が攻めてきた時に逃げられる通り道など作られています。当時外交官が避暑に日光を訪れ金谷ホテルに泊まり足を伸ばして奥日光迄行き、その中禅寺湖はイタリアのコモ湖に似ていたためヨーロッパ人に気に入られ避暑のために建物が時の政府の許可されて建てられたと言われています。金谷侍屋敷は以前は一時入場が出来なかったがまた開放さたようなので行って見ました。

訪問時期:2018年3月
6  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年3月25日に投稿しました

レストランで食事をした際移動時間まで時間があったので寄ってみた。忍者屋敷のようでなかなか面白い。時間に余裕があればおススメの場所。

訪問時期:2017年7月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年1月11日に投稿しました モバイル経由

金谷ホテルのカッテジインに併設する金谷ホテル歴史館。
歴史は古く、金谷侍屋敷として呼ばれ、ホテルの全身でもあるそう。
資料展示が主ですが、当時を知る貴重な建物です。

訪問時期:2018年1月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2017年12月30日に投稿しました

もともと武家の家だったところのようで、中は忍者屋敷より忍者屋敷のような作りで、建物自体が面白いです。部屋にはイザベラバードが本に書いた襖絵なども見られるのが面白かったです。単に中を見られるだけではなく、きちんと案内をしてくれる方がついてくれるので、色々と気になったことも聞くことができて、とても有意義時間を過ごすことができました。

訪問時期:2017年12月
4  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る