推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
ほとんど当時の面影がない

博物館で大津城の往時の姿の模型を見たがとても大きく天守閣も立派であったが、現在はほとんどその面影もないです。 観光案内板があったりして想像するくらいでした。

2019年1月23日に投稿しました
Ambassador806026
,
豊田市, 愛知県
モバイル経由
関ケ原の勝敗を大きく左右しました。

京極高次3、000VS毛利、立花、筑紫連合軍15、000の戦いが行われたお城です。水城らしく守る側は陸地に繋がる出入口を重点に兵を配置、連合軍側も攻めあぐねます。ただし山に設置した大砲から撃たれた砲弾... 続きを読む

2018年10月11日に投稿しました
Meander767454
10 件すべての口コミを読む
  
レビューを絞り込む
10件
評価
1
2
7
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
評価
1
2
7
0
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 10 件中 16
2019年1月23日に投稿しました モバイル経由

博物館で大津城の往時の姿の模型を見たがとても大きく天守閣も立派であったが、現在はほとんどその面影もないです。
観光案内板があったりして想像するくらいでした。

訪問時期:2018年11月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年10月11日に投稿しました

京極高次3、000VS毛利、立花、筑紫連合軍15、000の戦いが行われたお城です。水城らしく守る側は陸地に繋がる出入口を重点に兵を配置、連合軍側も攻めあぐねます。ただし山に設置した大砲から撃たれた砲弾は城郭を打ち砕き、更に京極側の兵が毛利陣中に潜みこみ軍旗を奪い城壁に押し立てるという座興を行った結果、怒りの毛利軍により集中的に攻められ開城降伏します。開城日は関ケ原の戦い(15日)の当日(そばに有る説明文ではこちら)や前日など諸説ありますが、関ケ原の戦いに15、000人もの兵が参陣できなかったことは東軍の勝利の大きな要因です。また近くの住民は三井寺で戦見物をして、大いに賑わったそうです。

訪問時期:2018年10月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2018年7月6日に投稿しました モバイル経由

京阪大津線のびわこ浜大津駅前の、本丸跡に石碑が建てられ、近くの市街地に石垣跡の石碑があるだけです。
メディアでもあまり取り上げられていませんが、歴史的を変えてたかもしれない役割を果たした、凄い城です。

時は慶長5(1600)年、石田三成率いる西軍と合流するため、大坂城から毛利元康、立花宗茂が近江、美濃に向け進軍します。その途中にあった大津城を15000の大軍で、攻め落とすも、一週間かかってしまいました。
落城日が、関ヶ原開戦+西軍大敗の日だったため、大津落城は西軍にとって、無意味になります。
もし、大津が早々に落城し、三成と合流できてたら…歴史はかなり変わってたでしょう。
そんな歴史に思いを馳せて、探訪してみてはいかがでしょうか?

訪問時期:2018年7月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2017年6月1日に投稿しました モバイル経由

浜大津駅前に「ひっそりと」あります。石碑しかありませんが、周りは城の跡かわかりませんが石が積まれています。これが天守閣の跡かもわかりませんが。多少がっかりするスポットかもしれません。

訪問時期:2017年5月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2017年6月1日に投稿しました

京阪石山坂本線の浜大津駅のエリアがかつての大津城があった場所です。水城の作りで琵琶湖に面して城下町が作られました。碑には当時の城下町の作りがわかります。今はその面影が見れません。残念です。

訪問時期:2017年4月
2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る