推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
明治二十九年水害の碑。こんな内陸まで浸水被害。

浜街道の東側、瀬田駅北に広がる古い街並みの一角にあるお寺である。このお寺で注目すべきは、寺の北端を通る道沿いにある石垣に刻まれた水平な線と「明治二十九年水害の碑」であろう。まだ洗堰がなかった時代の明治... 続きを読む

2018年7月8日に投稿しました
Oykt
,
滋賀県
見るべきもの無し

このエリアにしては大きなお寺ですが、見るべきものはありません。 ただ、周辺は昔から拓けた所なので往時を偲ぶ歴史散策のポイントとしてはよいでしょう。

2016年4月4日に投稿しました
g-digoro
,
吹田市, 大阪府
モバイル経由
3 件すべての口コミを読む
  
口コミ (3)
レビューを絞り込む
3件
評価
1
0
1
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
評価
1
0
1
1
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
2018年7月8日に投稿しました

浜街道の東側、瀬田駅北に広がる古い街並みの一角にあるお寺である。このお寺で注目すべきは、寺の北端を通る道沿いにある石垣に刻まれた水平な線と「明治二十九年水害の碑」であろう。まだ洗堰がなかった時代の明治29年9月23日に琵琶湖湖水面が+3.76m(当時の琵琶湖湖水面は現行のびわ湖標準水位BSLより+0.83m高かったので+4.5m)を記録し、この地まで琵琶湖湖水が来た。この時の水害による滋賀県内の被害は、死者29名・行方不明者5名・流出家屋1,749棟・全壊家屋1,521棟・浸水家屋58,391棟・浸水田30万反という膨大なものであった(滋賀県災害史)。確かに浜街道は大萱3丁目交差点から緩やかな登りになっているが、琵琶湖岸までは1km以上あるこの地点まで浸水したとは(これより琵琶湖側が水没したとは)大変驚きである。

訪問時期:2017年8月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2016年4月4日に投稿しました モバイル経由

このエリアにしては大きなお寺ですが、見るべきものはありません。
ただ、周辺は昔から拓けた所なので往時を偲ぶ歴史散策のポイントとしてはよいでしょう。

訪問時期:2016年4月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。