推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
ジブリの源で大人気

島行きの船は休日大混雑。駐車場の車はすごい数になっています。ジブリ目当ての方が多いと思いますが、春から秋にかけては釣りもいいですよ。

2019年1月31日に投稿しました
Daydream820226
,
和歌山市, 和歌山県
モバイル経由
ハイキングにインスタ映えに

ハイキングをしたのですが、雨さえ降らなければ季節は問わないと思います。適度な起伏とインスタ映えしそうな人工物の遺構。灯台を背に、海を眺めながらのおむすびは最高。フットワークはよくしたほうがいいですよ。

2019年1月14日に投稿しました
masakazu_p
119 件すべての口コミを読む
  
レビューを絞り込む
119件
旅行者の評価
51
52
14
1
1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
旅行者の評価
51
52
14
1
1
口コミ中のキーワードを検索
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 119 件中 8994
2014年9月7日に投稿しました

友ヶ島だけで見ると自然の中に砲台跡などがあり、非常に歴史を感じることができたと思います。

ただ、泊まりとなり、施設を利用するとなると、思ってもいなかった出費が予想されるかと思います。施設を利用する際は、ホームページを隅々まで見た上で、更に見直し、もう一度隅々まで…っていうぐらい見た方が良いと思います。

思ってもいない出費のために、かなり余分にお金を持って行くことをオススメします。

訪問時期:2014年7月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2014年9月4日に投稿しました

中学生の時に行って以来、久々に子供をつれていきました。
戦争時代の大砲などがあり、子供たちはとても興味深そうに見てました。
特になにがあるわけでもないですが
自然と遊ぶ!って感じでそれなりに楽しめました。
飲み物などは持参していくのをお勧めします。

訪問時期:2014年7月
2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2014年7月1日に投稿しました

紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名で、目的の砲台跡は沖ノ島にあります。加太港から、定員100名のフェリーに乗り、約20分で到着しましたが、釣竿やカメラを持った人達で船内は満員でした。島に到着してすぐに孔雀と遭遇します。立ち入り禁止の第2砲台跡、燈台と第1砲台跡、海軍聴音所、第3砲台跡、展望台、将校官舎や発電所と言うコースは、風光明媚な歴史と自然散策の出来るコースでした。往復2,000円(小人往復1,000円)のフェリー代ですが、充分に満足出来る内容です。目的の砲台群の中でも、特に楽しみにしていた第3砲台は、奥行きも階段もありますが、真っ暗で殆ど手探り足探り状態でした。次回は懐中電灯と虫除けスプレー持参で、第3砲台跡にリベンジしたいと思います。島に到着したのは午前9時20分、約4時間楽園を楽しんだ1日でした。

訪問時期:2014年6月
8  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2014年6月29日に投稿しました

大阪からも南海電車とフェリーを乗りついで、2時間ほどで行ける島。
第二次世界大戦時の砲台跡が残っている島の散策は、見応え満点です。結構山の中を歩くことになりますので、虫よけスプレーと長袖長ズボンは必須です。(半ズボンやヒールなどで行くと痛い目をみるかもしれません。)

訪問時期:2014年6月
10  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2014年6月11日に投稿しました

島内は緩やかな坂道があり、歩きやすい靴で行くべきです。散策がとても楽しかった。夏期宿泊施設のようなものはありましたが、基本は無人の島なので食べ物、飲み物などのものは持参しましょう。大人10人以上で行って、島のなかで鬼ごっこをしてみました(笑)童心に帰れますし、砲台跡は歴史を感じさせます。写真がお好きな方はぜひ一度訪れることをおすすめします。

訪問時期:2013年11月
8  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る