推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
保存
口コミのハイライト
鹿児島中央駅東口にある高さ12mの巨大なモニュメント

 鹿児島中央駅の東口、バスターミナルの前に、巨大なモニュメントがありました。12mもあるという大きな塔には、たくさんの人物のブロンズ像が立っています。このモニュメントのタイトルは「若き薩摩の群像」。幕... 続きを読む

口コミを投稿:2 週間前
bakera73
,
釧路市, 北海道
薩摩藩英国留学生

鹿児島駅の東側すぐのところにあります。薩英戦争で西欧文明とのレベルの違いを実感した薩摩藩が派遣した英国留学生をモチーフにした像です。幕府の鎖国令を破っての派遣だったので、全員変名だったそうです。それぞ... 続きを読む

口コミを投稿:3 週間前
Travel807128
,
瀬戸市, 愛知県
60 件すべての口コミを読む
  
Google
鹿児島市とその周辺で人気のツアー & アクティビティ
口コミ (60)
レビューを絞り込む
60件
評価
3
22
34
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
評価
3
22
34
1
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 60 件中 38
2021年10月13日に投稿しました

文久3年(1863年)薩英戦争で西欧文明の偉大さを痛感させられた薩摩藩は、慶応元年(1865年)、15名の留学生と4名の使節団を英国に派遣しました。幕府の鎖国令を破っての派遣だったので、全員変名を使って、甑島(こしきじま)大島辺出張という名目で、慶応元年(1865年)4月17日、串木野市羽島浦から英国貿易商グラバーが用意した蒸気船オースタライエン号で、密かに英国に旅立ちました。
約2ヵ月後の6月21日にロンドンに到着した学生たちはロンドン大学に留学します。留学生らは帰国後、外交、文教、産業等の分野で活躍し、日本の歴史を大きく転換させ、新生日本を建設する原動力となりました。鹿児島市のJR鹿児島中央駅前にある幕末の薩摩藩英国使節団の記念碑「若き薩摩の群像」の17人に、使節団の一員ながら薩摩藩外出身との理由で除かれていた2人の像が新たに加わる。東京五輪などで集客が見込まれる中、市は「排他的との印象を与えないように、史実に即した形にしたい」として、整備費用7千万円を2020年度一般会計当初予算案に計上した。
  帰国後、日本の近代化に貢献。初代文部大臣の森有礼、サッポロビール創始者の村橋久成、大阪商工会議所初代会頭の五代友厚らが名を連ねる。
 群像は1982年、市の50万都市達成記念として事業費約1億4千万円をかけて建立。同市の彫刻家で文化勲章受章者の中村晋也さん(93)が制作した。八角形の台座(高さ9.5m)に多様なポーズの17体のブロンズ像が並ぶ。長崎出身で通訳を務めた堀孝之と、土佐藩を脱藩後に薩摩藩士となった高見弥一の2人は含まれなかった。中村晋也さんが2人の像を新たに加える。出来上がったものに手を加えるのは珍しいことです。
ナポリ通りに向かって、中断に座り、右手を伸ばしていろのが、かの「東の渋沢栄一 西の五代友厚」と称された五代友厚の像。

訪問時期:2021年10月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2021年1月6日に投稿しました

1982年に鹿児島市の50万都市達成を記念して建立された「薩摩藩遣英使節団」の銅像。作者は中村晋也。黎明館前の天璋院篤姫像も作った方であり鹿児島県内には個人美術館がある。
使節団は1865年に密出国という形で渡り、帰国後は日本の近代化に向け政財界で活躍した。最近まで薩摩藩出身者17名の銅像だけであったが2020年9月に藩外出身者2名の像が加えられ使節団全員が揃った形となっている。

訪問時期:2020年12月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年1月13日に投稿しました

鹿児島中央駅前に、ドーンと迫力満点な銅像群。
薩摩藩英国留学生、薩摩藩の青年藩士17人の銅像だ。
中村晋也氏作。

訪問時期:2019年12月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年12月24日に投稿しました

鹿児島中央駅東口の目の前にあるのが若き薩摩の群像です。
高さ12.1mで道路を走る市電やバスの中からもよく見えます。
幕末に薩摩藩がイギリスへ派遣した留学生その後明治の黎明期に様々な分野で活躍したそうです。17人が様々なポーズを取って銅像になっています。
のちの初代文相、森有礼やNHK朝ドラで知られるようになった五代友厚などの名があります。
銅像の人数が多いので遠目で見ると一見何かのオブジェかと思うほどでインパクトがありました。

訪問時期:2019年6月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2019年12月21日に投稿しました モバイル経由

鹿児島中央駅から市電に乗る際に、東口広場に何やらモニュメントがあり、見てきました。こちらの「若き薩摩の群像」は、薩摩藩がイギリスへ派遣した留学生一行の像とのこと。地元の方ならご存知なのかもしれませんが、当方には、馴染みのない名前ばかりでした。

訪問時期:2019年12月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る