推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
近隣のホテル
レビューを絞り込む
294件
旅行者の評価
208
58
12
11
5
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
208
58
12
11
5
旅行者の口コミを見る:
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 294 件中 27
2017年5月12日に投稿しました

アマンはモロッコ、ボロブドゥールと3度目の宿泊。
古民家を改装したとあってとても不思議な空間でした。
ヴィレッジスイートに宿泊しましたが、ベッド・ソファーやローテーブルがあるくつろぐ空間・ダイニングテーブルのような高めのテーブル・クローゼット2つ…だけではなく洗面台やシャワー・トイレまでも室内どこにもドアがありません。出入り口のドア1枚のみ。正直くつろげませんでした(苦)
冷蔵庫内はすべてフリー、また、お部屋に置いてあった紅茶とお茶が美味しかったです。
アマンはいつもハットやバッグなどをプレゼントしてくれるけれど、ここはなにかなーと思ったら中国とは関係なさそうなハットでした。
事前に、別途スパの方にお風呂があると調べていたので、チェックインの際にそこを利用したいとリクエスト。なかなか希望の時間は空いてなくて予約に苦労しました。
しかも部屋からそこのお風呂までが遠い!夜は敷地内がめちゃくちゃ暗いし、11月に行ったのでめちゃくちゃ寒くてカートで部屋まで送迎してくれるとはいえ、湯冷めしてしまうなと思いました。
レストランは夕飯も朝食も中華には飽きていたので洋食のレストランを利用。美味しかったです。
敷地内にショッピングのお店もいくつかありますが、アマンとは関係のないお店も入っていました。なんだろう…このホテル不思議すぎる…
なお、日本人のスタッフがいるとゆう口コミもありましたが、私が滞在した時はいませんでした。
寒い時期に行ったからか、寺院に行く以外は特にすることがなく暇でしたし、アマンらしさはあまり感じられませんでしたが、良い経験をしました。

宿泊時期:2016年11月、家族旅行
4  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2016年6月21日に投稿しました

まず自然の多さに驚きました。昔の集落を改装しているとのコチですが、その雰囲気もたっぷり、しかもモダンな設備とインテリアです。広くてあかるすぎない感じが昔を感じさせ、ミステリアスでまた落ち着いて良いです。
ヴィラには入ったら素敵なテーブルに地元で取れたと思われる果物が置いてありそのシンプルな設えにも好感で、とても美味しかったです。備え付けのお茶も地元の栽培でとても美味しいです。中国茶ファンにはたまらないアマンファユン。近くの茶園へのハイキングも楽しめます。清時代の豪商の館やその薬局も見どころ。お茶博物館もお茶好きなら行く価値あり!至る所でお茶がいただけて大変満足です。ガイドさんによると、ここ杭州からお茶、お醤油、味噌の原型が遣隋使の頃、日本に渡ったようです。なるほどここのお料理は和食に近くあっさりで美味しいものばかりです。アマンファユンの全てのレストラン、美味しかったです。
ファユンプレイスは建物もしつらえも飾ってある生花も素晴らしく、古の建物もそのままの所もあるハイブリッドかつ落ち着ける場所です。
毎日杭州に纏わるマイスターを迎えてのイベントが楽しく、毎日通っていました。ここで中国のイメージもぐんと変わりました。お茶の会のある日には、お茶のの先生を前に、知らない同士がお茶を飲みそれぞれ楽しみ会話したり、切り絵、書の日もあります。上のライブラリーも居心地がよく、ここで龍井茶を飲みながら本を見て過ごすのも良い時間です。ファユンプレイスには日本人の裕子さんがいらっしゃって、色々教えてくれます。とても親切です。
近くには中国でも有数のたくさんのお寺があり、このすぐ横なので朝1番、人もいない時間から散策できます。思ったよりずっと素晴らしいお寺が多く、歩くのも苦になりませんでした。
それぞれのヴィラも1つの集落にいるようで、(バリのアマンダリ?) 他のリゾートとは一線を画しています。
ヴィラにお風呂がないため、毎日スパ棟に行くのですが、ちょっとした温泉気分で楽しみました。
英語を話す人があまりいないのが難点でしょうか?
毎朝、鳥の竹をつつく音で目覚めるお寺に囲まれた自然に中にある癒されリゾートです。

宿泊時期:2016年5月
3  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2016年2月14日に投稿しました

フロントにスーツケースを預けてスチームハウスで夕食をいただきました。宿泊は高価すぎてビジター利用です。宿泊者しか入れない道はたくさんありますが、アマンファユンの敷地内に公道があるため、ビジターでも気持ち的に楽にリゾート内を見学できました。その公道沿いにレストランやショップ(シノワズリーの素晴らしい商品を取り揃えてありました)が点在していて、公道の最奧は寺院群の敷地につながっているので(ビジターはここで入場料を払います)、そもそもビジターが利用しやすい作りになっています。スチームハウスとヴィラは、基本的に建築や内装は同じです。アマンの空気に手軽に触れることができ、行って大正解でした。ですが…夕食後にフロントスタッフが探してくれましたがタクシーが来てくれません。チップを上乗せして探してくれましたが来ません。。やや山奥ですからね、18時半でこんなですから要注意です。結局、ウーバー(自家用車に乗せてもらうサービス)をフロントスタッフが予約交渉してくれて19時頃に出発しました。杭州のタクシーは近距離は乗車拒否が普通なので、昼間であってもタクシーを利用する際は事前にスタッフに相談しておいた方がいいと思います。

宿泊時期:2016年2月
2  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2015年9月22日に投稿しました モバイル経由

杭州西湖近くにあるアマンリゾート。
送迎車を頼みましたが、車の中にミネラルウォーターやお菓子、果物類が用意してあ
り車窓からの眺めも楽して快適でした。
送迎車の値段は高めですが(上海浦東空港から65,000円)思いきって頼んでみるといいでしょう。
各宿坊は全て数年前までは農家で、当時の構造に忠実に改装されております。
他のホテルでは体験できない喧騒から離れた自然を楽しめると思います。
構造は部屋ごとに違っており、性質上不便な点もあります。
私の宿泊した宿坊はトイレにドアがありませんでした。
バスタブも基本的にはバスタブがなく、別棟のお風呂を予約することになります。
このお風呂がなかなか面白かったので、面倒くさがらず利用しましょう。
入浴だけなら無料です。
夕食はホテル内のスチームハウスでいただきましたが、ハズレはなく日本人好みの味で、1人五千円ほどでした。
敷地内の道は宿泊者以外にも開放されておりますが、24時間警備員がいるのでセキュリティは問題ないです。

宿泊時期:2015年9月、家族旅行
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2015年8月16日に投稿しました

元々は茶畑の村を丸ごとリゾートにしたホテルです。

エリア内にある建物は基本的には農家をリノベーションしており外観は当時のまま、内装・設備は十分なレベルに改装してあります。エリアには約40棟の部屋があり、屋外の移動になります。日中は

◼アクセス
西湖の更に西側に位置し、杭州の駅からは車で50分程度。
西湖近辺の道路が混み合っていましたので要注意。
分かりづらいところにありタクシーだと説明が必要。
ホテルでの送迎あり(有料300rmb片道)

◼部屋の設備
上記の通りです。宿泊した部屋はキングサイズのベット、土間を改造したリビング、別室にトイレとシャワー。バスタブなし。アメニティ類も十分にあり子供用のローションなどもありました。バスタブありませんが小さな子供用にベビーバスも用意してくれました。農家がベースですので極度に潔癖でない限りは清潔だと感じるかと思います。扉に隙間などはあります。ただ冷房は十分です。

◼サービス
スタッフが非常に多く、皆非常に親切です。中国で初めておもてなし精神を感じました(笑。いろいろと相談に乗ってもらえます。また、基本的に英語は皆さんOKで、日本語はほぼ無理です。

◼レストラン
敷地内には、中国料理二つ、ウエスタン一つ、ティールームがあります。中国料理はどちらも人気ですが特に杭州料理の方は予約が埋まることが多いようです。我が家は、す中国料理のスチームハウス、ウエスタンの二件に行きましたがどちらも美味しかったです。

その他いろいろと設備が充実しているので、村の中で一日のんびり過ごすのもいいかもしれません。

  • 宿泊時期:2015年8月、家族旅行
    • 価格
    • 寝心地
    • サービス
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る