推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

“こういう施設も必要だ。”
時雨殿の口コミ

時雨殿
観光スポットの詳細をすべて表示する
観光スポットの詳細
オーナーの説明文: 嵐山にある百人一首専門の博物館「百人一首殿堂 時雨殿」は2017年3月21日より改装のため休館しておりましたが、2018年11月に「嵯峨嵐山文華館」として名前と装いも新たにリニューアルオープンすることとなりました。嵯峨嵐山文華館ではここ嵐山で生まれたとされる小倉百人一首を紹介する常設展に加え、嵐山や京都にゆかりのある芸術・文化を企画展を通じて紹介していきます。新しくカフェもオープンする予定です。乞うご期待ください。
口コミを投稿:2016年4月3日

泊まった宿(らんざん(別掲)の向かいだった。地元らしく小倉百人一首の資料・解説の展示施設だが、高校時代から古文・古典が苦手科目だった自分が情けない(笑)。\500で靴を脱いで(ロッカーに預け)て入館。熱心に展示に見入ってる方々も居られたが(映画『ちはやぶる』の影響か若い女性)、私は施設の1階・2階の大堰川側に長く並べられたカウンター席に座ってました(特に2階は眺めが良かった)。
 この施設は4年ほど前に半年間の休業を経てリニューアルオープンしてますが、元々は任天堂の社長が私財を投じて建てられたもので、京都市商工会系の財団法人の運営と聞いています(建築当初は任天堂らしく電脳系?の展示・設備もあったようですが、今は特に珍しい設備はありませんでした)
 2階の平安装束体験は楽しかった(妙に妻にウケた(笑)。京都には着物体験とか舞妓体験とか言うて何千円も取る業者も多いですが、格好だけ身に着けても『所作』が全く身に付いていないので、それで出掛けられても見かけるコッチが恥ずかしくなるのですが(それをまた分けも分からん外国人が写真に撮るから『美しくない日本女性』を宣伝しているようだ…)。ここの装束体験はその場所だけだし(入館料以外は無料だし)、ちょっとした屏風を背景に写真は撮れるし、着付けてくれるボランティアの女性もちゃんとした知識が有り楽しかったです。(もっとも衣装自体は狩衣を羽織る程度の極簡単なモノ)。
 リニューアル前の情報を掲載されていたり、高い!と仰ってる方もいますが、ただ古いだけでなく現にある文化を継承・伝承する施設としては妥当だと思います(ここを高い!と言ってしまったら文化の伝承に20億円以上私財を投じた山内氏が可哀想な気がする)。もちろん行かれたからには、無料・衣装体験をお勧めします(小児用もあるようです。だだし大人(男女)ともに数に限りがるようで(2着づつかな?)ボランティアさんも一人だったので、先客が居ると待つし、団体さんには不向きかも知れません)

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞り込み

口コミ 23 件中 610

口コミを投稿:2015年12月30日

嵐山の天竜寺の近くに、百人一首の多様な世界を体感できるミュージアムとして、この施設があります。ここでは、色々な体験コーナーもありますので、嵐山方面に行かれる際には、ホームページを確認してから、訪れてはいかがでしょうか。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2015年12月25日 モバイル経由

常設展と特別展があって、常設展は200円で入れます。花灯路の日の夜に私は常設展に入館しました。
大堰川沿いにあるので眺めは良さそうですが、夜は室内の光が窓に反射して全く景色が見えません。一階から二階に上がるとすぐに小倉百人一首が額に入れられて壁に並んでいます。その横で京都の工芸師さんが2人ほど何かを作っていました。さらにその横には畳100畳ぐらいの大広間がありました。今回私が行った時には何があるわけではなく、広間の端っこの方に昔の着物が飾られていて、部屋は半分暗い、奥から百人一首を読み上げるBGMが延々と流れている…それだけです。
普段はイベントや和服体験など色々なことをやっていてそれなりに楽しめるのか…?花灯路の期間の特別営業時間と思いますが、5分で十分な内容で、足りない感が大きかったです。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミを投稿:2015年12月15日

表は近代的な建物に見えましたが、一歩中に入ると展示ものは平安朝の雅なものになる。縮小された歌会の模様が工芸的なミニチュアで表されていて素晴らしい。ガラスのケースには歌を詠んだ歌人がそれぞれのポーズで興味深かった。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
他の口コミを表示する
口コミを投稿:2015年12月12日

天龍寺敷地に近い、宝厳院の隣にあります。
1Fで入館し、先ずは靴を脱いでロッカーに預けて行動します。当日はロッカー満員のため、ビニール袋が配られ、自分で持っての行動です。
奥には一面ガラス張りの立派な庭がお出迎えをしてくれます。休憩スペースもありました。
2階はいろいろな体験コーナーがありましたが、日によって無いとの事なので十分調べてから来館してください。
中でも、素晴らしいと思ったのが、百人一首を詠んだ歌人のミニチュアが飾られてあり全ての観客が写真を撮っていました。ガラス張りのショーケースですが本当に大満足でした。

役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。

時雨殿を見た人は、こんなところも見ています

 

時雨殿に行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を投稿する

管理者様:施設としてのコメントをいただけませんか?

この施設を所有または管理していますか?オーナーとして登録されると、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新など、活用の幅がぐんと広がります。登録は無料です。

オーナーとして登録する